Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年9月号

グローバル特集 海外研修[オセアニア]

昌平中学校

IBで培った“行動力”で勝負!
全生徒が着実な成果を得る語学研修

現地ホストファミリーとの記念撮影。IB教育で培った自信と行動力があるからこそ、生徒たちはすぐに打ち解けることができます。

現地ホストファミリーとの記念撮影。
IB教育で培った自信と行動力があるからこそ、生徒たちはすぐに打ち解けることができます。

どの生徒も現地の人たちと
積極的に関わりを持つ
「本校の生徒は、英語を使うことへの壁がない」と話す英語科副主任の戸恒和香子先生。「本校の生徒は、英語を使うことへの壁がない」と話す英語科副主任の戸恒和香子先生。

 海外語学研修は、多くの私学が当たり前のように取り入れていますが、現地での行動が消極的になり、十分な成果が得られない生徒も少なくありません。しかし同校では、どの生徒も主体的に現地の人たちと関わりを持ち、英語の活用力に磨きをかけて帰国してきます。

「本校の生徒は、多少間違っていても自分の英語は『通じる』という意識を持っています。だから、現地でも物怖じをせずにコミュニケーションが取れるのです。滞在先のホストファミリーからは、『たくさん会話をしてくれてうれしかった』『英語が上手』とよく言われます。別れを惜しまれ『ここに残って』と言われた生徒もいましたね」

 と、英語科副主任の戸恒和香子先生は話します。

 なぜ、これだけ積極的に現地の人たちと関われるのでしょうか。背景の一つに、IB(国際バカロレア※)教育を通じて培った行動力があります。2017年3月、同校は日本で数少ないIBの中等教育プログラム(MYP)認定校となり、調べ学習、話し合い、プレゼンテーションなどの活動を通じて、生徒の思考力や行動力を養成しています。そうした活動の積み重ねが、語学研修における生徒の自信を持った行動につながっているのです。

 また、先生と生徒が気さくに英語であいさつをする様子が随所で見られます。そうした雰囲気が校内にあることも、英語を積極的に使う姿勢を促しているに違いありません。

※国際バカロレア…国際バカロレア機構が提供する国際的な教育プログラム。世界の複雑さに対応できる人物を育成し、未来へ責任ある行動をとる態度とスキルを身につける。国際的に通用する大学入学資格が取得できる。

すべての先生が力を結集して
英語力を伸ばすPEP
地元の小学生に、英語で福笑いを教える生徒たち。この日のために、日本でしっかりと準備を重ねてきました。地元の小学生に、英語で福笑いを教える生徒たち。この日のために、日本でしっかりと準備を重ねてきました。

 もう一つ、生徒たちの自信を支えているものが、日々の授業を通じて培われた確かな英語力です。同校が実施する『パワー・イングリッシュ・プロジェクト(PEP)』では、英語科に限らず全教員が英語教育に携わり、学校一丸となって英語力の強化を図っています。中学では英語の授業が週に6~8時間行われ、「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能をバランス良く高めます。中学卒業時点で英検の準2級を取得する生徒が75%に達するなど、その成果は数字となって表れています。

「何より大切なのは授業を通じて、英語の “底力”を養うこと。語学研修を実りあるものにするうえでも、日々の授業は大切です」と戸恒先生。「PEPが始まって以降、生徒たちの英語力が年々高まっている」と話します。

 2020年度から始まる新しい大学入試では、どの教科においても知識・技能の “活用力”が重視されます。新しい入試への対応という点でも、一生涯使える英語力という点でも、PEPを軸とした同校の英語教育は、この上なく心強いものがあります。

語学研修で、自慢の英語力を腕試し!
ブリティッシュヒルズ語学研修(中1・中2)
英語の活用力を伸ばす計3日間のプログラムが組まれています。英語の活用力を伸ばす計3日間のプログラムが組まれています。

 中世のイギリスをテーマにした福島県の英語研修施設で2泊3日を過ごし、さまざまなアクティビティに参加します。滞在中はもちろん、往復のバスの中も日本語は禁止。生徒たちは学校で学んできた英語を必死に絞り出します。

 中1の11月、中2の7月の計2回参加するため、自身の成長を実感することができます。

ニュージーランド修学旅行(中3)
ファームステイを通じ、英語学習へのモチベーションが高まります。ファームステイを通じ、英語学習へのモチベーションが高まります。

 現地では3~4人のグループでファームステイをして、約1週間にわたり動物の世話をしたり、ホストファミリーと交流したりします。最終日には、現地の小学校を訪問。小学生から先住民の歌と踊りで歓迎を受けた後、生徒たちはお返しに「昌平よさこい」を披露したり、日本の伝統的な遊びを紹介したりしました。

オーストラリア語学研修(希望者)
楽しさと充実感から、2年連続で参加する生徒もいます。楽しさと充実感から、2年連続で参加する生徒もいます。

 中学生は12日間、1人でホームステイをしながら現地の姉妹校などで学びます。「到着日は土曜日。ホストファミリーとの団らんにいきなり放り込み、コミュニケーションを促します」(戸恒先生)。研修の後半には英語でのコミュニケーションにも慣れ、帰国後は目の色を変えて英語を学ぶ生徒が多いそうです。

ハーバード・サマースクールin SHOHEI(希望者)
世界を身近に感じ、確かな手ごたえを得る生徒も少なくありません。世界を身近に感じ、確かな手ごたえを得る生徒も少なくありません。

 毎年8月、アメリカの名門・ハーバード大学の学生が同校を訪れ、「遺伝子組み換え」「臓器提供」などさまざまな講座を開講。生徒たちは希望する講座を選択し、英語での討論やプレゼンなどを行います。世界のトップ大学の学びを体感し、英語力はもちろん、課題解決力や批判的思考などにも磨きをかけます。

昌平のグローバル研修 (抜粋)
研修名 ブリティッシュヒルズ
語学研修
ニュージーランド
修学旅行
オーストラリア
語学研修
国名 日本(福島県) ニュージーランド オーストラリア
期間 2泊3日 9日間 12日間
(高校生は2カ月間もあり)
学年 中1・中2 中3 特になし
参加 必修
(希望制研修も有り)
必修 希望制
(2カ月間は審査あり)

(この記事は『私立中高進学通信2019年9月号』に掲載しました。)

昌平中学校  

〒345-0044 埼玉県北葛飾郡杉戸町下野851
TEL:0480-34-3381

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】IB教育に基づく教育を実践“伸びしろ”を最大限に広げる
【実践!未来の学び IB×SDGs】IB×SDGsで培われる生涯にわたり学び続ける力
【私学の英語最前線】『IB』と『グラマー』の両輪で“世界基準”の英語力を培う
【グローバル特集 海外研修[オセアニア]】IBで培った“行動力”で勝負!全生徒が着実な成果を得る語学研修
【未来を切り拓くグローバル教育】全生徒が世界基準で実践“本気”のIB教育
【私学の校外学習・学外交流】世界を意識し理解する力を育み中学3年間で国際人の土台をつくる
【私学の英語最前線】『IB』を取り入れ全員が 英語が得意になる教育
【未来を切り拓くグローバル教育】IB教育で育てる英語力と課題解決力
【学校生活ハイライト】多様な文化を理解、尊重し平和社会に貢献できる人材を育成
【中学入試のポイント】難関大学をめざすために問われる基礎・基本
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】探究する「学び方」を習得する国際バカロレア認定校に
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】家族の絆を強め、仲間と楽しむ お弁当のランチタイム
【Students' Chat Spot】「手をかけ 鍛えて 送り出す」がモットー 主体的に「学び」、自ら「考え」、自己を「主張できる」生徒を育てる教育を実践
【グローバル時代の学び方】世界を意識した学びを実践
【私学の光輝】体験を積み重ねて、考える力を育む  『SW(スペシャル・ウェンズデイ)』
【学校生活ハイライト】自分たちで作り上げるからこそ最高の思い出になる 昌平ならではの「祭」
【校長が語る 思春期の伸ばし方】相手の個性や長所を認める心を育てる
【10年後のグローバル社会へのミッション】IB(国際バカロレア)の理念に共鳴 人間力のある真の国際人を育成
【私学の光輝】スペシャル・ウェンズデイ
【大学合格力強化計画】「人のため」にする勉強が意欲を高め可能性を広げる
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】全校をあげて実践的英語力と国際感覚の育成に取り組んでいます
進学通信 2019年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ