Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年9月号

グローバル特集 授業[学校生活]

富士見中学校

触れ合い、探究することで
身につくグローバルな視点

興味・関心を持ち、自ら動いて学ぶスタイルを大切にしている同校。すべての教科の根底を支える同校の『探究学習』はグローバル教育でも活かされています。
「PDA全国高校即興型英語ディベート大会」での様子。英語で意見を述べ、対戦相手の意見も聞いて、堂々と論戦を張りました。

「PDA全国高校即興型英語ディベート大会」での様子。
英語で意見を述べ、対戦相手の意見も聞いて、堂々と論戦を張りました。

国際的な関わりを
豊富に用意した学校生活

「グローバル=英語ではなく、グローバルとは世界を理解することです」

 と、同校の国際交流部主任、馬場浩一先生は言います。海外研修や各種留学だけでなく、校内でも海外の人々と触れ合う機会を積極的に取り入れています。研修旅行などで来日した香港や台湾の中高生を学校に招くこともその一つ。交流の場を生徒主体で設け、帰国後もSNSやビデオレターでやり取りを続けるなど、世界の人々とつながる仕掛けを作っています。

 生徒たちが「もっと世界について知りたい」と感じられるように、「アフリカ出身のネイティブ講師が指導するなど、常に多彩な国の文化と関わりを持てるように工夫をしています」と、国際交流部の小池千尋先生。日常的に多文化との関わりを持つことで、自然な形でグローバルな視点で世界を見つめる目が養われているのです。

英語部は明治神宮で
ガイドのボランティア
英語部の練習風景。ネイティブ教員も加わり、活発に行われています。英語部の練習風景。ネイティブ教員も加わり、活発に行われています。

 こうした環境が良い刺激になって、近年は英語部が活発に活動しています。その活躍はめざましく、先日行われた「高校生英語ディベート大会 春季新人大会」では、名だたる難関校を相手に見事優勝を勝ち取りました。明治神宮での観光ボランティアガイドの活動も行っています。海外の人々との交流は、英語でのコミュニケーション力を伸ばすだけでなく、マナーや積極性を学ぶ機会にもなっているそうです。

 英語部では模擬国連やディベート大会にも積極的に参加しています。

「ディベートでは、社会の出来事に常にアンテナを張り、自分の意見をしっかりと持つことが求められますが、英語部の生徒たちは難しい問題にも真摯に向き合い、英語の文献の読解にも果敢に挑んでいます。日ごろ授業で実践している『探究学習』が、こうした力の基礎を築いていると思います」(英語部顧問/楠部みどり先生)

 自ら学び取ろうとする意欲は、言語の壁を超えて、探究する力へとつながっていくのです。

英語部 生徒インタビュー
高校生英語ディベート大会 春季新人大会で優勝する実力

――英語部に入部したきっかけを教えてください。

野瀬ひかるさん(高2)
私は英語が苦手でしたが、英語部の先輩のスピーチを見て、すごくかっこいいなと思ったことがきっかけです。

丸井優希さん(高3)
もともとスポーツ系の部活動に入っていましたが、なかなか上達せず、自分が本当に身につけたいものとは何かを考えて、たどり着いたのが英語部でした。

――明治神宮で英語のガイドボランティアをされているそうですね。

根岸千紘さん(高3)
私はまさに英語のガイドをやってみたくて、英語部に入部しました。明治神宮には外国人観光客がたくさんいます。自分たちから「ガイドをさせてください」と話しかけて案内をしています。

野瀬さん
最初はなかなか話しかけることができなかったのですが、回を重ねるごとに海外の方々と交流するのが楽しくなりました。
私はフランスの方とその友人である韓国の方を案内したことがあります。一度に異なる国の方とたくさんお話ができました。

――出場されたディベート大会について教えてください。

金坂月穂さん(高2)
即興型と準備型があり、即興型は議題が出されてから15分の準備時間で論旨を考え、決められた時間内で意見を述べ合う形式で討論します。
準備型は数カ月前に議題が発表され、より高い知識レベルでディベートができるように時間をかけて議題についてリサーチし、しっかりと準備をしてから大会に臨みます。もちろんどちらも英語で行います。

根岸さん
即興型はどんな議題が与えられるかはまったくわからないので、毎日、新聞を読んで最近のニュースや話題になっていること、社会問題について考えたり、自分たちで議題を決めて練習したりしています。いろいろな観点から資料を読み、知識を増やすようにしています。

――活動を通じて成長を感じることは?

金坂さん
即興型では7分間のディベートを原稿なしで実施するので、いろいろな視点から物事を考える力やその場で考えて話す即興力も身についたと思います。

丸井さん
英語で自分の意見をスピーチするのは苦手でしたが、英語部で日常的に練習することで、どんどんできるようになり、自信がつきました。大会では意地悪な質問をされることもあるので、心も強くなりました。

根岸さん
準備型の場合は、自分たちの意見を裏付けるエビデンス (証拠・根拠) の確認も必要なので、先生や司書の方に聞く、文献を調べるなど、どう調べればほしい情報にたどり着くのかという「リサーチ力」も身についてきました。統計が読めなくて数学の先生に助けを求めたこともあります。
「安楽死を認めるべきか否か」という議題が出た時には、オランダ語や英語の文献しかなくて、なんとか翻訳したことも。限られた時間の中で自分の考えを正確に、端的に相手に伝える力や、社会が抱えている問題に目を向ける力もついてきていると思います。

「第8回日本高校生パーラメンタリーディベート連盟杯東京都大会」で準優勝。「第8回日本高校生パーラメンタリーディベート連盟杯東京都大会」で準優勝。
左から順に野瀬ひかるさん(高2)、金坂月穂さん(高2)、丸井優希さん(高3)、根岸千紘さん(高3)。左から順に野瀬ひかるさん(高2)、金坂月穂さん(高2)、丸井優希さん(高3)、根岸千紘さん(高3)。
明治神宮で英語ガイドのボランティアも行っています。グループに分かれて外国人観光客に声をかけ、観光ガイドを申し出ます。明治神宮で英語ガイドのボランティアも行っています。グループに分かれて外国人観光客に声をかけ、観光ガイドを申し出ます。

(この記事は『私立中高進学通信2019年9月号』に掲載しました。)

富士見中学校  

〒176-0023 東京都練馬区中村北4-8-26
TEL:03-3999-2136

進学通信掲載情報

【実践!未来の学び 探究型読書】本を手掛かりに、思考の幅を広げる高2生の『探究型読書』
【目標にLock On!! 私の成長Story】生徒会や自主活動に打ち込んだ中高時代 先生や仲間との出会いが成長につながった
【注目! News and Topics】「ニュージーランド ターム留学」が積極的に進路を切り開く機会になりました
【グローバル特集 授業[学校生活]】触れ合い、探究することで身につくグローバルな視点
【実践報告 私学の授業】自分の興味や関心を掘り下げる中3の『卒業研究』
【キャンパスのビジョン】一人で学ぶのではなくみんなで“学び合う場”
【私学の校外学習・学外交流】自然をよく観察して疑問を持つ実物を見て考える姿勢を育む 生きもの探究教室
【目標にLock On!! 私の成長Story】勉強、部活動、生徒会、ニュージーランド留学そのどれもが私を成長させてくれた宝物
【学校生活ハイライト】授業でコツコツ仕上げた思い出の作品を披露
【SCHOOL UPDATE】創立80周年に向け新校舎建設 交流と積極性を生む未来志向の新校舎
【目標にLock On!! 私の成長Story】知性と個性を伸ばす豊かな学びの場で未来を切り拓く確かな土台を築く
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生の何気ない一言で奮起!目標にまっすぐ向かうことのできた6年間
【校長が語る 思春期の伸ばし方】チャレンジは自己肯定感を育む第一歩 その歩みをサポーターとして応援する
【キャンパスのVISION】生徒たちのくつろぎの空間となるベンチ式の木製大階段
【中1の始め方】友人関係や学習面での不安をなくし 自己管理のできる生徒を育てる
【学校生活ハイライト】生徒主体の体育祭 さまざまな競技を通して団結力を養い 高3生は創作ダンスで有終の美を飾る
【Students' Chat Spot】生徒会の高3生4人が学校の魅力を語る
【目標にLock On_!! 私の合格Story】みんなで “一つのもの” に向かう喜び そんな時間を共有し、目標を実現できた6年間
【その先に備える キャリア教育】グループワークで得た自信と積極性で未来を拓く
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】自慢は生徒達の “行動力” 教員はそれを見守り支えるよう努めています
【部活レポート】ダンス部
進学通信 2019年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ