Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年9月号

グローバル特集 授業[コース]

文京学院大学女子中学校

高大連携で取り組む
『アジア研究』ワークショップ

SGHプロジェクトの一環として「アジア研究」を開講。東京海洋大学との連携により、日本とアジアの比較検証を行い、日本の今後の方向性について研究します。
『アジア研究』でのグループワーク。東京海洋大学の小松俊明教授(左)の指導のもと、同大学の大学生が生徒たちのグループに入り、台湾について調べ学習を行いました。

『アジア研究』でのグループワーク。
東京海洋大学の小松俊明教授(左)の指導のもと、
同大学の大学生が生徒たちのグループに入り、台湾について調べ学習を行いました。

アジアを知り、探究し
論文を作成

『誠実・勤勉・仁愛』を校訓とし、創立以来、「女性の自立」を実践する教育を行ってきた同校。未来を切り拓くために、英語でもプレゼンテーションやディスカッションができるよう高度な英語力を育成するとともに、課題解決力の養成もめざす教育を展開しています。

 生徒の視野を世界に広げ、行動力を磨く各種プログラムが評価され、2015年には文部科学省からSGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト(※1)の指定を受けました。SGHのカリキュラムを中1から導入し、課題研究やグローバル講座など多彩な学びに取り組んでいます。2018年にはユネスコスクールの認定も受け、グローバルな取り組みをさらに推し進めています。

 授業外の課外活動も活発で、2010年には、高度な英語と異文化理解を学ぶゼミ形式の課外授業『国際塾』を設立。高校の『国際教養コース』では、体験型の『グローバルスタディーズセミナー』を実施。『SDGs』(※2)を課題とした国際教育も進めています。

「本校がめざす生徒の理想像は、グローバル社会でリーダーとなる力を身につけ、グローバルな視点で地域社会を支えることのできる人材です。『SDGs』に基づく教育活動の実践は『SDGs』が掲げる目標と、本校が育てたい力やめざす教育理念が一致しているため、自然な流れでした」(SGH教育センター長/杉本邦彦先生)

 2016年からスタートした東京海洋大学との高大連携のSGHプロジェクト『アジア研究』もグローバルな課外活動の一つ。国際教養コースの高1・高2の希望者を対象とするワークショップで、同大学の小松俊明教授が月1回、土曜日の午後に来校し、アジアについて学びます。

 参加する生徒たちはワークショップを通じてそれぞれがテーマを見つけて、1年をかけてリサーチを積み上げ、研究論文を作成します。『SGH甲子園』(※3)などの大会にも参加し、ポスターセッションを行うなど発信力を磨く機会も設けており、シンガポールや台湾の大学生などとの密度の濃い交流が体験できることも魅力です。

「本校はマレーシアやタイで海外研修を行うなど、アジアと深い関係があります。さまざまな民族が暮らし、グローバル化が進むこれらの国々から、これからますますグローバル化していく日本が学べることは多いはずです。
『アジア研究』は生徒たちが将来、アジアの人々、ひいては世界の人々と共に生き、豊かな未来づくりをするための第一歩だと考えています」

※1 SGHアソシエイト…SGH事業の構想を、より多くの学校に広めるために、将来のグローバルリーダーを育成するための教育の開発・実践に取り組む高校が文部科学省から指定されています。

※2 SDGs…「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のこと。「すべての人に健康と福祉を」「ジェンダー平等を実現しよう」など、2030年までに達成をめざす17の目標が掲げられています。

※3 SGH甲子園…全国のSGHやSGHアソシエイトに指定された高校の生徒たちが研究成果を発表し合う課題研究発表会。文部科学省の主催で毎年行われています。

『アジア研究』ワークショップ・レポート

 取材したこの日は、今年度3回目の『アジア研究』が行われました。参加した生徒は約20名。小松教授を手伝うのは、東京海洋大学の学生3名とノルウェーの大学で学ぶ学生の合わせて4名です。

 今回は台湾をテーマに、大学生のレクチャー、グループワークでの調べ学習が行われました。まず最初に、参加した大学生たちが、それぞれ台湾の政治、経済、地理、歴史について、パワーポイントの資料などを使ってレクチャーしてくれます。今回参加した大学生たちは、東京海洋大学主催の海外探検隊プログラムで、これから台湾に研修旅行に出かけるのだそうです。

 レクチャーのあとは、日本と台湾の違いについて、インターネットを使ってリサーチ。大学生が生徒たちのグループに入って質問を受けたり、調べ方のアドバイスをしたりしています。

「台湾の女性はあまり化粧をしない」「結婚の日を占いで決める」「亡くなったら人は土に還ると信じられている」という情報を見つけ、グループごとに大学生と意見交換。最後には、授業の感想を述べ合います。生徒たちは積極的に手を挙げ、自分の言葉でしっかりと発言していました。

 こうしたワークショップを通じて、生徒それぞれがテーマを見つけて、研究論文の作成へとつなげていきます。

大学生たちが台湾について基本情報をレクチャー。ベースとなる情報を得て、生徒たちは興味を引き付けられたようでした。大学生たちが台湾について基本情報をレクチャー。ベースとなる情報を得て、生徒たちは興味を引き付けられたようでした。
積極的に自分の意見を述べる生徒たち。意見を求めると、生徒たちが一斉に手を挙げ、しっかりと発言します。積極的に自分の意見を述べる生徒たち。意見を求めると、生徒たちが一斉に手を挙げ、しっかりと発言します。
調べながら話し合うことで、興味が広がり、大学生から的確なアドバイスももらいます。調べながら話し合うことで、興味が広がり、大学生から的確なアドバイスももらいます。
生徒インタビュー
『アジア研究』で学び
世界が広がりました
シンガポールの政策を参考に異文化理解学習を提言する論文を作成
『SGH甲子園』にも出場。『SGH甲子園』にも出場。

 グローバル=欧米の国々と考えがちですが、日本はアジアの一国なので、もっとアジアについて知りたくて高1から『アジア研究』に参加しました。研究論文として『日本の小学校における異文化理解学習~シンガポールの“チャンプル感”に学ぶ』を書き上げ、この研究をもとに関西学院大学で行われた『SGH甲子園』に参加しました。全国の高校生の発表を聞き、交流もして、大いに刺激を受けました。
(国際教養コース高2のM.Iさん)

LGBTの問題について研究しその解決策を論文で提案
(国際教養コース高2のK.Yさん)

 高1から『アジア研究』に参加しています。『SDGs』の学びを通してLGBTやジェンダーの問題を初めて知り、『日本におけるLGBTの問題と解決策の提案』という論文を書き上げました。私は、みんなが幼い頃からLGBTについて学ぶべきだという考えに至り、論文の中で提案しています。今は、なぜ、先進国でもホームレスになる人がいるのかに関心を持っているので、この研究をしたいと思っています。
(国際教養コース高2のK.Yさん)

(この記事は『私立中高進学通信2019年9月号』に掲載しました。)

文京学院大学女子中学校  

〒113-8667 東京都文京区本駒込6-18-3
TEL:03-3946-5301

進学通信掲載情報

【中学入試のポイント】生徒の個性を伸ばす“得意”を活かす新入試
【グローバル特集 授業[コース]】高大連携で取り組む『アジア研究』ワークショップ
【学校生活ハイライト】自主性を重んじる創作ダンスで学び取る協働と創造
【私学の校外学習・学外交流】「自立と共生」の実現へのステップとなる都電の旅 中1校外学習〜都電荒川線の旅〜
【行ってきました!学校説明会レポート】生徒主体で行われた「学校説明祭」部活動体験や制服試着も!!
【本音で語る保護者座談会】生徒一人ひとりを先生がきちんと見てくれているその安心感と信頼はかけがえのないものです
【目標にLock On!! 私の成長Story】中学も高校も生徒会長として悩んだからこそまた壁があっても乗り越えていけると思う
【みんな大好き キャンパス食堂】中学3年間は「給食」を実施 健康な心身を育む伝統の食育
【校長が語る 思春期の伸ばし方】教師は常に生徒に寄り添いながら6年間を共に学ぶという姿勢を貫く
【中1の始め方】創立の理念を受け継ぐ伝統教育が21世紀を生き抜く力を育む
【私学の光輝】文女祭
【グローバル時代の学び方】理系テーマから世界を考える
【SCHOOL UPDATE】SSラボ 教えることが学びになる小学生向け実験教室
【Students' Chat Spot】1年生の3人が希望するコースの授業内容や学校の魅力を紹介
【キャンパスのVISION】生徒が主役!アクティブに学び、考え 感動、発見をわかち合う
【授業発見伝】理数実験 探究心あふれる女性サイエンティストを育成
【On Going! 進歩する私学の注目情報】「好き」を「得意」に!キャリアを見据えた3つのコースを新設
【部活レポート】吹奏楽部/バスケットボール部
進学通信 2019年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ