LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年8月号

キャンパスのビジョン

芝浦工業大学柏中学校

「グローバル・サイエンス力」を磨き
未来を切り拓くリーダーを育成

白衣に身を包んで実験に臨む生徒たち。
高度な実験を可能にする最先端の設備が、探究心や知的好奇心を刺激します。
中2のテルミット反応の実験。テルミットとは、アルミニウム粉末と金属酸化物との同量混合物のこと。点火すると火花が1mほど吹き上がり、溶けた鉄が水の中に落下します。

中2のテルミット反応の実験。テルミットとは、アルミニウム粉末と金属酸化物との同量混合物のこと。
点火すると火花が1mほど吹き上がり、溶けた鉄が水の中に落下します。

一人ひとりの可能性を引き出す理想の環境
クラブ棟の隣に見える新緑は、広大な増尾城址総合公園の木々。同校のキャンパスは豊かな自然に恵まれているのです。クラブ棟の隣に見える新緑は、広大な増尾城址総合公園の木々。同校のキャンパスは豊かな自然に恵まれているのです。

 文部科学省からスーパーサイエンスハイスクールの再指定を受けた同校。その取り組みを進化させた独自のサイエンス教育を実践するなど、「グローバル・サイエンス力」の育成に力を注いでいます。最先端教育の拠点である実験室をはじめ、建学の精神「創造性の開発と個性の発揮」を具現化できる施設がそろっています。

 取材当日の化学実験室では、中2生が酸化鉄から鉄を還元するテルミット反応の実験を行っていました。アルミニウム粉末と酸化鉄の混合物に火をつけて化学反応を起こし、鉄を取り出す実験です。

「この実験室の天井には局所排気装置が備えつけられています。室内で発生するガスなどをこの装置が吸引するため、揮発性の高い物質を扱う高度な実験も安全に行えます」(理科教諭/辻奈美恵先生)

 こうした自然科学への探究心を育まれた生徒たちは、科学・数学オリンピックに数多くエントリー。医歯薬系大学への進学者も増えています。

 また、授業の質をさらに高めるため、いち早くICTを導入。現在はタブレットを1人1台で使用しているほか、「超焦点型」と呼ばれるプロジェクターを教室に設置。白板に写し出された画像や文字がより見やすくなっています。

 体育の授業や部活動にさらなる力を注げるようにスポーツ施設も充実。全天候型人工芝のグラウンドやプールも備わっています。そして、校舎の周囲は緑豊かな環境。このような理想のキャンパスから、未来を切り拓くグローバルリーダーが次々に羽ばたこうとしています。

「創造性の開発と個性の発揮」を
後押しする教室やスポーツ施設の数々

ソーラーハウスプールで泳ぐ中3生たち。太陽熱を利用して春や秋は温かく泳げます。天井が開閉する構造で、夏は開けて使います。

ソーラーハウスプールで泳ぐ中3生たち。
太陽熱を利用して春や秋は温かく泳げます。天井が開閉する構造で、夏は開けて使います。

天井から下がっているラッパのような器具が、局所排気装置。従来のドラフトチャンバーと違い、生徒は移動することなく、その場で気体を発生させる実験ができます。天井から下がっているラッパのような器具が、局所排気装置。従来のドラフトチャンバーと違い、生徒は移動することなく、その場で気体を発生させる実験ができます。
中2の日本史の授業。超焦点型プロジェクターによって、文字が白板に映し出されています。この日は室町時代の東アジアについて学びました。中2の日本史の授業。超焦点型プロジェクターによって、文字が白板に映し出されています。この日は室町時代の東アジアについて学びました。
超焦点型プロジェクターを使用した、高1の世界史の授業。このプロジェクターは真上から投影するため、教員の影ができにくく、白板に写した画像が見やすくなります。超焦点型プロジェクターを使用した、高1の世界史の授業。このプロジェクターは真上から投影するため、教員の影ができにくく、白板に写した画像が見やすくなります。
この日の世界史の授業では、アメリカが独立に至る背景を勉強。教室には教員からの問いかけを考察し、答えを導き出す生徒の姿がありました。この日の世界史の授業では、アメリカが独立に至る背景を勉強。教室には教員からの問いかけを考察し、答えを導き出す生徒の姿がありました。
カフェテリアでは食材の産地やアレルギー表示を行い安全に配慮。中学生と高校生で使う時間をずらしているので、ゆったりと食事を楽しむことができます。カフェテリアでは食材の産地やアレルギー表示を行い安全に配慮。中学生と高校生で使う時間をずらしているので、ゆったりと食事を楽しむことができます。
人工芝グラウンド。夏は暑さを防ぐために、ミストが出る設計になっています。同校のキャンパスには、この他にも2つのグラウンドがあります。人工芝グラウンド。夏は暑さを防ぐために、ミストが出る設計になっています。同校のキャンパスには、この他にも2つのグラウンドがあります。

(この記事は『私立中高進学通信2019年8月号』に掲載しました。)

芝浦工業大学柏中学校  

〒277-0033 千葉県柏市増尾700
TEL:04-7174-3100

進学通信掲載情報

【キャンパスのビジョン】「グローバル・サイエンス力」を磨き未来を切り拓くリーダーを育成
【Students' Chat Spot】行事も楽しく面白い先生が多いので授業も飽きないです
【6年間の指導メソッド】思考を組み立てる基礎を学び、伸びる6年間
【その先に備えるキャリア教育】見聞 「仕事塾」と「職場体験」で進学の先にある将来を考える
【親も楽しめる! 私学の保護者サークル】開講21年目を迎えた「芝柏絵画の会」
【学校生活ハイライト】感動と躍動と熱気にみちあふれた6年間
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】自ら進んで勉強できる仕掛けを「自分の頭で考える生徒」を育てる
【The Voice 新校長インタビュー】創造力を高め、個性を尊重し生徒自らが「育つ」力を養う
【10年後のグローバル社会へのミッション】論理的思考のもとに英語の4技能を高めグローバルな力を養う
【キャンパスのVISION】「グローバル・サイエンス力」を育成する教育姿勢と校風が反映された学びの場
【大学合格力強化計画】芝柏流アクティヴラーニングが育む 課題解決力、勉強力、人間力
【授業発見伝】理科 一歩踏み込んだ理科実験が科学への興味や関心を育む
【私学の光輝】東日本大震災被災地支援
【On Going! 進歩する私学の注目情報】大学進学のその先へ 夢を実現するカリキュラム
進学通信 2019年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ