Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年8月号

熱中!部活動

文化学園大学杉並中学校

元日本代表がコーチ就任
サッカーで育む「考える力」

男子サッカー部
勝つことを通してサッカーを楽しむ
創設2年目ながら、チームワークは抜群。「練習のアドバイスをしてくれたり、シュートを決めると『ナイス!』と声をかけてくれたり、高校生はとてもやさしいんです」と小峰くん。

創設2年目ながら、チームワークは抜群。
「練習のアドバイスをしてくれたり、シュートを決めると『ナイス!』と声をかけてくれたり、
高校生はとてもやさしいんです」と小峰くん。

元日本代表の岩政大樹さんが、コーチに就任。「ポジショニングや動きについて理由をつけて説明してくれるので、生徒もストンと腑に落ちるようです。“考えるサッカー”を教えてくださる、クレバーな方です」(杉山先生)元日本代表の岩政大樹さんが、コーチに就任。「ポジショニングや動きについて理由をつけて説明してくれるので、生徒もストンと腑に落ちるようです。“考えるサッカー”を教えてくださる、クレバーな方です」(杉山先生)

 2018年に共学化し、男子サッカー部を新設した同校。今年度からは元日本代表選手の岩政大樹さん、スポーツコメンテーターとして指導経験豊富な原大悟さんの2人をコーチに迎え、日々練習に励んでいます。

「普段は、テニスコート1面を使って練習しています。岩政コーチはスペースの狭さをポジティブに捉え、ここでの練習を試合にどう活かすか、どのような戦術がベストか、先々のプランを見据えてトレーニングメニューを組み立てています。今年度は部員も増え、他校との練習試合もできるようになりました」(顧問/杉山亮介先生)

 今年度の目標は、サッカーを楽しむこと。「サッカーは、試合に勝つほうが楽しい。勝つために何をすべきか」と部員自身に考えるよう促しているそうです。

「サッカーは、一人ひとりがポジショニングを考え、臨機応変に対応するスポーツです。だからこそ、考えることが重要。運動部はミスすると怒られるというイメージがありますが、我々は違います。『こう考えたのでこう動いた』と理由を説明できれば、失敗しても注意されることはありません。考える力、思い切ってチャレンジする自主性を育みながら、サッカーを楽しんでほしいと願っています」

一部の練習は、中高合同で行います。中学生が、果敢にボールを奪いに行く場面も。一部の練習は、中高合同で行います。中学生が、果敢にボールを奪いに行く場面も。
ウォーミングアップを兼ねて、ショートパスをていねいにつなぐ練習。スペースが手狭だからこそ正確な技術を磨き、それを強みに変えています。ウォーミングアップを兼ねて、ショートパスをていねいにつなぐ練習。スペースが手狭だからこそ正確な技術を磨き、それを強みに変えています。
フリーマン(常に攻撃側の味方につく選手)を交えた模擬試合など、ルールが複雑な練習は高校生のみで行います。フリーマン(常に攻撃側の味方につく選手)を交えた模擬試合など、ルールが複雑な練習は高校生のみで行います。
最後は、中高の全部員が3チームに分かれてトーナメント戦を行いました。中学生がゴールを決めれば3点ゲット。事前に戦術を話し合い、全力で練習試合に臨みます。最後は、中高の全部員が3チームに分かれてトーナメント戦を行いました。中学生がゴールを決めれば3点ゲット。事前に戦術を話し合い、全力で練習試合に臨みます。

高校生とは別メニューのトレーニングを行う中学生。
原大悟コーチが、トラップと浮き球のコントロールについて説明します。

中学男子サッカー部部長 小峰悠馬さん(中2)
中学男子サッカー部部長 小峰悠馬さん(中2)

「部員数が少ないため、一人ひとりがしっかり練習しないとチーム全体が崩れてしまいます。パスの練習もこだわれば試合に結びつくため、ていねいに行うように心がけています。人数が少ないのでコーチに名前を覚えてもらえるのはうれしいですね。初代部長としてのプレッシャーはありますが、人数を増やして試合経験を重ね、東京都1位をめざします」

■活動日/活動時間 月・水/15:00~17:00
木・金/16:00~18:00
日/適宜
■部員数 中2=5名
高1=8名 高2=9名
■次年度以降出場予定の大会 東京都中学校サッカー選手権大会
関東高等学校サッカー大会
全国高等学校総合体育大会
全国高等学校サッカー選手権大会

(この記事は『私立中高進学通信2019年8月号』に掲載しました。)

文化学園大学杉並中学校  

〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南3-48-16
TEL:03-3392-6636

進学通信掲載情報

【グローバル特集 授業[コース]】カナダと日本の卒業資格を同時取得躍進する「ダブルディプロマコース」
【熱中!部活動】元日本代表がコーチ就任サッカーで育む「考える力」
【未来を切り拓くグローバル教育】中学に来春新設 DD準備コース
【私学の英語最前線】英語で他教科を学ぶ新コースを中学に開設
【中学入試のポイント】教科への集中力を見る「英」「算」特別入試
【学校生活ハイライト】表現する楽しさに満ちているから訪れる人も心から感動
【中学入試のポイント】英・算の特別入試を導入 共学化で新時代へ
【SCHOOL UPDATE】中学『ダブルディプロマ準備コース』開設 世界水準の学びに備える中学からの英語教育プロジェクト
【SCHOOL UPDATE】男女共学化で“協働”を学び 適応力を磨く教育改革
【中1の始め方】めざすべきゴールに向かって『自律』を育むことが学校生活の第一歩
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】ダブルディプロマコースで自ら学ぶ生徒を育てる
【グローバル時代の学び方】バイリンガル教育で日本にいながら“海外校”
【注目のPICK UP TOPIC!】日本で唯一の「ダブルディプロマコース」
【授業見聞録】カナダ人教師によるグローバルな教育
【学校生活ハイライト】勉強も行事も大切!生徒みんなの力を結集した元気いっぱいパワー全開の体育祭
【注目のPICK UP TOPIC!】日本初「ダブルディプロマコース」が発足!
【10年後のグローバル社会へのミッション】自分の可能性を世界で開花させる2カ国の卒業資格
【Students' Chat Spot】スクールモットーは「燃えよ! 価値あるものに」将来を見据え、卒業後も活かしていける学びを実践
【キャンパス歩き】勉強もスポーツも作法も趣味も!女子が輝く多彩な施設
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】日本人らしさを身につけ 国際感覚を備えた心優しい「大和撫子」を育みます
【めざせ 次代のグローバルリーダー】日本と海外両方の高校卒業資格を取得できるコースが国内で初めて誕生
進学通信 2019年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ