LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年8月号

目標にLock On!! 私の成長Story

大妻嵐山中学校

「実験が多くて化学が好きになれた」
自分がやりたいことにチャレンジできる校風

OG 中野志保さん

東京農工大学 工学部 4年
OG 中野志保さん

小人数クラスで先生との距離が近い
「大妻嵐山高校に通っていた親戚からも、のんびりしたいい学校だと勧められました」と話す中野さん。「大妻嵐山高校に通っていた親戚からも、のんびりしたいい学校だと勧められました」と話す中野さん。

「世界につながる科学する心、表現する力」をアドミッションポリシーに掲げる同校。久しぶりに母校を訪れた中野志保さんは、同校に入学した理由を「理数教育に力を入れていて、勉強だけでなく実験や課外活動があって楽しそうだったから」と話します。

 自宅から学校まではスクールバスを利用。通学時間は勉強するなど時間を有効に使えたそうです。

「入学して、先生との距離がすごく近いことに驚きました。小学生の頃と比べると、クラスの人数は約25名と少人数。クラス担任以外にも学年担任や副担任などの先生がつきます。先生方が生徒一人ひとりを見守ってくれていることが伝わってきました。
 クラスメートはグループで固まらず、いろいろな子と仲良く遊べる環境。一般的には、中学生は勉強をしていないことを自慢する風潮にありますが、『勉強することを笑わない』雰囲気がありました。それは、自分の性格にすごく合っていたと感じます」

 同校では中1で国蝶オオムラサキの研究に取り組み、中3になるとそれぞれが調べたいテーマを1年間かけて実験・研究し、科学論文を書きます。

「虫が苦手だった私は、オオムラサキの研究が続くのでは……と不安で、理科担当の今井奈緒美先生に相談しました。『研究内容は虫ばかりじゃないから、大丈夫だよ』とアドバイスをもらい、安心してその後の研究に取り組めました」

 中学生活で一番印象に残っているのは中3で実施される科学論文。「透明な氷をつくる」研究を、今井先生のアドバイスのもとで取り組みました。

「よく覚えているアドバイスは、レポートの書き方の手順を教わったこと。それまで感想などを漠然と書いていたけれど、結果と考察の違いなども知りました」

大妻祭の実行委員に立候補
友達と切磋琢磨した高校生活
中2から高3まで中野さんのクラス担任でもあった今井先生。中2から高3まで中野さんのクラス担任でもあった今井先生。

 学校生活では、最大の行事である大妻祭(文化祭)に、最も力を入れていたと言います。

 中1の頃から大妻祭に関わる係に携わり、高2では、大妻祭の実行委員に立候補。副委員長として5カ月をかけて準備に取り組みました。

 最も苦労したのは、フィナーレで花火を企画・運営したこと。おやじの会(保護者で結成される学校公認のボランティア団体)が花火の打ち上げをサポートしてくれました。

「これが学校生活で最後の大妻祭だ。みんなをまとめる側になって、楽しい文化祭にしようと立候補しました。副委員長は生徒の代表。自分たちで考えた企画を通すため、先生たちに何度も交渉しました」

 授業では、今井先生の化学がとくに印象に残っていると言います。

「わかりやすく、実験の多い授業で、今井先生のようになりたいなと思っていました。1つ質問をすると、10の観点から考え方を教えてくれるのです。そのおかげで化学が好きになりました」

 大学の進路を決めたのは高3の6月。新しいものをつくる勉強がしたいと工学部を選びました。自分の成績と照らし合わせ、いくつかの国立大学に志望校を絞り込みます。

「受験期になると、先生方が放課後に数学や英語などの講座を開いてくれました。少人数のため、『この問題をやってほしい』という希望が通りやすく役立ちました」

 この頃から早めに学校へ登校するようになったという中野さん。早朝から勉強する多くのクラスメートの姿に「一緒にがんばろうね」と励みになったと言います。

 現役で地方の国立大学に合格するも、「東京近郊の大学をめざしたい」という思いから周囲の反対を押し切り浪人することを決意します。

「先生方が心配してくださっているのが伝わりました。なおさら、『現役の結果を越えてやるぞ』と奮起。努力できました」

 翌年、東京農工大学へ合格。学校に報告に来るとさまざまな先生から祝福の言葉をもらい、「こんなにいろいろな先生が卒業後も自分のことを気にかけてくれていたなんて」とうれしかったそうです。

何度も繰り返し
「できるまで」続ける

「問題集で間違った問題を詳しく振り返っていると、今度は正解した問題のことを忘れてしまう。その繰り返しなので、みんなが3回やればできる問題に10回は取り組みました」

 座右の銘として掲げた「できるまでやればできる」は、受験時代の彼女の努力の表れです。

「今の進路を選んだのは、今井先生の授業で化学を好きになったからです。今後は、大学院に進学したいと思っています。プラスチックに代わる環境にいい素材をつくりたい。将来は今井先生のような教員か、研究職や商品開発職などを考えています」

 人と関わることが好きだと話す、笑顔が素敵な中野さん。諦めずに努力し続ける姿勢が印象的でした。

 これからも、思いやりのある自立した女性として輝き続けることでしょう。

恩師からの応援メッセージ
コツコツ真面目に取り組む姿勢で
自分の思いを実現に結び付けてほしい

 学生時代は大妻祭の準備や勉強にコツコツと真面目に取り組んでいる姿が印象的でした。

 将来の夢を、教育だけでなく、研究の道も考えていると話す様子は、学生時代の自分と重なります。似ているからこそ、心の底から「がんばれ!」とエールを送りたい。教員も研究も、「失敗してもめげない精神力と忍耐力」が必要です。コツコツ取り組める中野さんであれば、どちらの世界でも羽ばたいていけると感じています。(今井奈緒美先生)

(この記事は『私立中高進学通信2019年8月号』に掲載しました。)

大妻嵐山中学校  

〒355-0221 埼玉県比企郡嵐山町菅谷558
TEL:0493-62-2281

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】「実験が多くて化学が好きになれた」自分がやりたいことにチャレンジできる校風
【注目! News and Topics】理科教育の集大成 『サイエンス発表会』への取り組み
【未来を切り拓くグローバル教育】英語に自信がつく!オンライン英会話
【行ってきました!学校説明会レポート】多彩なプログラムが伝える充実した楽しい学校生活
【Students' Chat Spot】毎日の学校生活を楽しみながら、いろんなことを吸収したい!
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】少人数グループワークで思考を活性化させ、より深める
【グローバル時代の学び方】多彩な国との交流で国際理解力を育成
【授業見聞録】理科 理科で伸ばす論理的思考や探求心が学び続ける力につながる
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】自発的に学ぶ力を引き出す中1の英会話レッスン
【制服物語】大妻4校の一体感を感じられるスクールカラーがアクセントのセーラー服
【キャンパスのVISION】先生との距離が近いからすぐ聞ける、よくわかる!活気あふれる学び舎
【制服物語】教育環境が進化するなか新制服に込められた伝統の“大妻スピリット”
【私学の先生から受験生へのアドバイス】基礎をしっかりと身につけることが応用問題を解く上でも力になります
【注目のPICK UP TOPIC!】“学芸を修めて人類のために”貢献する女性を育てる 進路・進学指導と心の教育
【私学しゅん報】HERE!体育祭2014 熱い!応援合戦
進学通信 2019年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ