LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年8月号

THE VOICE 校長インタビュー

明治大学付属中野八王子中学校

明治大学の付属校という強みを活かし
充実した6年間を過ごしてほしい

森 守 (もり・まもる)校長先生
1951年、立正大学文学部地理学科卒業後、明治大学付属中野中学・高等学校に勤務。
同校では中学野球部監督を17年間務め、全国大会出場の戦績を残す。
1990年、明治大学付属中野八王子中学・高等学校に転勤。
2007年、明治大学付属中野中学校に戻り、教頭として2年間勤務。
2009年、明治大学付属中野八王子の第4代校長に就任。

素晴らしい先生との出会いで教員の道へ

 私は北海道の留寿都るすつ村という場所で生まれ育ちました。洞爺湖のすぐ北に位置し、蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山ようていざんの麓にある村です。小学5年生の時に買ったある雑誌に、世界の国々の写真が掲載された付録がついていました。この写真を見て、訪れてみたいという思いが募り、すべての国名を覚えました。

 道立の北海道喜茂別高等学校に進学した私は、大学を卒業したばかりの地理の先生に教わり、ますます地理に興味がわきました。その先生の出身大学の文学部地理学科に進んだことが、私が教員になったきっかけです。私の家は農家だったので、両親は朝早く畑に出て、夜に家に戻ります。私も日曜日には仕事を手伝っていました。そうした生活を送りながらも、中学や高校を通じて素晴らしい先生方に巡り会う中で、教員になれたらいいという思いは常にあったのです。

明治大学在学中に
公認会計士試験に合格する生徒も

 本校は明治大学の付属校であり、生徒の86%が推薦によって明治大学の各部に進学できます。人生の中で最も大切な中高6年間という時期に、受験にとらわれずに将来を考えたり、勉強や部活動に思いきり打ち込んだりできるのです。

 私は生徒たちに「付属校の生徒という利点を最大限に活かして、自分に付加価値をつけなさい」と話しています。英検や漢検、数検などの検定試験合格も付加価値の一つです。また、将来を考えるという意味では、公認会計士をめざす生徒に向けて「簿記検定講座」も用意しています。私が本校の進路指導部長を務めていた時、明治大学の呼びかけによって開講しました。大学との連携によって、中3から高3までを対象に3級合格をめざします。この講座を受講して明治大学に進学し、在学中に公認会計士試験に合格する卒業生が毎年出ています。

 弁護士や裁判官など法曹をめざす生徒に向けては、明治大学との連携による「司法試験予備試験解答対策講座」や「法学部法曹入門講座」もあります。まだ将来像の定まっていない生徒も、こうした講座で学びながら、行きたい学部や学科を決めることができます。

 薬学部や看護学部といった明治大学にない学部をめざす生徒は、明治薬科大学や東京薬科大学、日本赤十字看護大学などに指定校推薦で進学できます。さらに明治大学への推薦入学資格を獲得したうえで、全国の国公立大学などを併願できる制度もあります。この制度を活用した生徒が毎年、最難関の国立大学に合格しています。

創立40周年に向けて
ICTの活用をさらに推進
中高6年間を通して生徒に望むこと
  1. 大学受験にとらわれず、勉強や部活動、行事を楽しむ
  2. どのような職業に就きたいかを考えて、目標を持つ
  3. 英検や漢検、数検などを取得し、自分に付加価値をつける
  4. 英語4技能の力をしっかりと磨く

 私は今、十数年ぶりに教壇に立ち、中1生に地理を教えています。最初の授業でアジアやアフリカにある国々の名前を、黒板に英語で書きました。すると中間試験が終わった後のアンケートに「なぜ、地理なのに英語で覚えるのですか?」という質問が書かれていたのです。そこで私は英語の重要性を説きました。人生で最も大切な時期である中高時代のうちに英語の力を身につけてほしいからです。私も高校時代、先生から「森くん、英語の勉強をきちんとしておかないと大学で苦労するよ」と言われたものです。先生の言葉通り、大学で学ぶ地理学の専門用語は、ほとんどが英語でした。

 外国語系の学部にでも進学しない限り、大学で英語の授業は週1〜2時間程度でしょう。しかし、中学や高校は、ほぼ毎日、英語の授業があるのです。この時間を利用して中高6年間に英語力をしっかりと身につけてほしいと思っています。そこで本校では、教科書を用いた英文読解に加え、オンライン上での英会話や英作文に取り組んでいます。それによって、大学で学ぶ上で必要になってくる英語の4技能を身につけさせ、進学させています。

 本校は5年後に創立40周年を迎えます。40周年に向けて本校が推進したいのは、授業へのICTの活用です。本校では高校生の希望者を対象に「オーストラリア海外語学研修」を行っています。この研修で交流する現地校では、20年前から生徒がオンラインで討論会を行っていたそうです。

 あれからICTは飛躍的な進化を見せました。さまざまな使い方によって、授業の質をさらに高めていきたいと思っています。本校では、すでに各教室に設置したプロジェクターを活用した授業を行っています。近いうちには入学生全員にタブレットを持たせる予定です。本校のこれからの教育にぜひご期待ください。

[沿革]
1984年、緑豊かな八王子の地に男子部、女子部に分かれて開校。1991年、第2グラウンド完成。1994年、男女共学化へ。2004年、創立20周年記念式典を挙行。2009年、人工芝・全天候型トラック完成。2014年、創立30周年記念式典挙行。2016年、全普通教室にプロジェクター設置、2018年、食堂をリニューアル。

(この記事は『私立中高進学通信2019年8月号』に掲載しました。)

明治大学付属中野八王子中学校  

〒192-0001 東京都八王子市戸吹町1100
TEL:042-691-0321

進学通信掲載情報

【THE VOICE 校長インタビュー】明治大学の付属校という強みを活かし充実した6年間を過ごしてほしい
【Students' Chat Spot】先生も生徒も熱量が高くフレンドリーで楽しい学校です
【私学の英語最前線】大学に向けて力をつけるオンライン英会話
【その先に備えるキャリア教育】法曹 法曹を志す人材に新たな道『予備試験対策答案練習講座』
【目標にLock On!! 私の成長Story】部活動に勉強に奮励努力した経験を糧に大学2年で公認会計士に最年少合格
【私学の光輝】一体となって勝利をめざす応援で強まる絆、高まる愛校心
【SCHOOL UPDATE】最新施設 高い目標を達成するための自習室が誕生
【私学の光輝】東京六大学野球応援 卒業生登場でさらに高まる一体感そして母校愛!
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】2017年度入試よりB方式《4科総合型》入試を導入 付属校の良さを多くの受験生に
【SCHOOL UPDATE】補習授業 生徒の要望に応える形で始まった 国公立大学志望者へのサポート
【目標にLock On!! 私の成長Story】大学付属校ならではの伸びやかな空気が思いを実行に移す行動力を育んだ
【Students' Chat Spot】生徒一人ひとりが持つ「自ら伸びる力」を全力で引き出す
【部活レポート】中学ラグビー部
【校長が語る 思春期の伸ばし方】豊かな自然に包まれ しなやかな強さを持つ人になれ
進学通信 2019年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ