Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年7月号

大学合格力強化計画

白梅学園清修中学校

少人数制を活かして
一人ひとりの進路を叶える
個別対応の学習指導

志望校に合わせ、生徒が1~3名程度でも授業を実施。希望する進路へ進めるよう徹底的にサポートしています。

志望校に合わせ、生徒が1~3名程度でも授業を実施。希望する進路へ進めるよう徹底的にサポートしています。

開校から初めて
東京大学へ合格者を輩出

 1942年、東京都文京区に設立された東京家庭学園を始祖とする白梅学園高等学校の中高一貫部として、2006年に開校した同校。高校で生徒募集を行わない完全中高一貫の女子校として2011年度に初の卒業生を出して以来、毎年のように国公立大学や難関私立大学へ合格者を輩出し続けてきました。そして、2018年度の大学入試で初めて東京大学(理科Ⅱ類)へ合格者を出したことが話題となりました。

「生徒一人ひとりの希望する進路を実現するため、全力でサポートすることを進路指導の方針として掲げてきました」

 そう話すのは進路学習指導部長・数学科教科責任者の佐藤隆太先生です。

「あくまで生徒の希望を叶えるのが第一ですが、今回の合格によって、たとえ東大を志望しても夢を実現させられる学校であることは証明できました」と強調します。

 同校の特色は、少人数のため、すべての教員が手厚く、全生徒を見守れる環境にあることです。

「すべての生徒を中1から知っているのは大きな強みです。成長の様子や心境の変化に気づきやすいというメリットがあります」

 と佐藤先生。面談の機会も多く、勉強や生活の様子を記録する『スチューデントブック・スコラ』から日々の悩みをくみ取るなど少人数ならではの手厚さです。その結果、進路指導でも生徒の現状や成長過程を踏まえ、より踏み込んだアドバイスができると言います。

「自分をよく理解する教員とたくさん話をすることで、考えの整理ができ、悔いのない進路選択ができるのではないでしょうか」

 教員と生徒の距離も近く、校内ではネイティブ教員を囲んで英語で話す生徒や、質問をする生徒の姿がところどころで見られるそうです。気軽に質問や相談ができるスペースも設け、生徒同士、教員と生徒でたくさん会話ができる工夫がなされています。

少人数だからこそ
個別対応できる強み

 教科指導でも少人数ならではの強みを発揮しています。志望校合格を手にするため、生徒一人ひとりに合ったカリキュラムを組むことができるのです。例えば東京大学に合格した生徒の場合は、古典と生物の授業でマンツーマンの授業が展開されました。ほかにも国公立大学の理系学部をめざす生徒だけを集め、生徒3名に対して教員が1名といった授業が組まれることもあります。教員も生徒の志望先に見合う内容で指導ができるように、自ら予備校に通って講義の勉強をすることもあるそうです。

 一方、推薦やAO入試での合格率が高いのも、同校の特徴です。ホームルームや授業中など人前で話す機会を多く設け、話し方や表現方法について日頃からトレーニング。ていねいな国語指導によって、レポートや小論文をまとめる力もついていることなどが強みとして挙げられます。

 推薦入試のための面接の練習や対策も個々に時間をかけて行われるうえ、さまざまな教員が協力することで多様な観点からアドバイスが受けられるのも魅力です。

 このような取り組みの結果、2018年度には書類選考や面接も含め総合的に選抜される推薦入試で、九州大学への合格者を出すという成果を上げました。

「書類やプレゼンテーションの指導では、それぞれに専門の教員が関わりました。まさに"指導の結晶"が実を結んだ結果です」

 佐藤先生は「本校の生徒は"自発性の高さ"に特徴があり、とにかく自ら動く力を備えています」と話しますが、全員が最初から積極的だったわけではないそうです。

「小学校時代は、ほかの生徒のかげに隠れて大人しかった生徒もいます。中には一時期、登校が難しかった生徒もいるように聞いています。しかし、どのような生徒であっても6年間で本校の環境において成長し、表舞台に立てるようになっていきます」

 少人数であることの強みを活かし、生徒の可能性を最大限に伸ばす同校の取り組みには、これからも目が離せません。

留学によってモチベーションをアップさせる生徒も多いそう。高1で全員参加のカナダ研修を行っており、2週間ホームステイをしながら現地の学校に通ったり、街でさまざまな体験をしたりしています。留学によってモチベーションをアップさせる生徒も多いそう。高1で全員参加のカナダ研修を行っており、2週間ホームステイをしながら現地の学校に通ったり、街でさまざまな体験をしたりしています。
3月には中3、高1、高2を対象に、受験を終えたばかりの高3生から体験談を聞く機会を設けています。先輩たちがどのように進路を定め、努力してきたかを聞くことは、大いに参考になるそうです。3月には中3、高1、高2を対象に、受験を終えたばかりの高3生から体験談を聞く機会を設けています。先輩たちがどのように進路を定め、努力してきたかを聞くことは、大いに参考になるそうです。

先生から一言

 一人ひとりの希望進路を実現することにこだわって指導をしています。2018年度の大学入試で東大への合格者を出したことで、たとえ東京大学を志望したとしても実現できる可能性があることを示せました。また学校では複数の大人の目が行き届いており、安心・安全面では自信があります。とくに多摩地域にお住まいのご家庭には、都心まで行かなくても、近くに本校のような学校があることをぜひ知ってもらいたいです。(進路学習指導部長・数学科教科責任者/佐藤隆太先生)

主な大学合格実績
国公立大学合格者・私立大学合格者( )過年度生

※2018年度 卒業生数:17名。4カ年は2014年度〜2017年度の合算、過年度生含。

大学名 学部 2018 2017 2016 2015



東京 理科二類 (1)
九州 共創 1
群馬 1
首都大学東京 都市環境 1
信州 繊維 1
東京海洋 海洋生命 (1)
東京学芸 教育 1
山梨 教育 1
九州歯科 (1)
大学名 2018 4カ年 大学名 2018 4カ年



亜細亜 1 4 津田塾 5
跡見学園女子 14 帝京 1
桜美林 10 帝京科学 2
大妻女子 8 東京医療保健 2
学習院 2 東京家政 1 2
北里 3 東京女子 7
共立女子 2 5 東京女子体育 1
杏林 8 東京電機 1 1
慶應義塾 (1) 1 東京都市 3
恵泉女学園 2 10 東京農業 1 2
工学院 4 東京理科 (1) 3
國學院 1 東洋 16
駒澤 3 獨協 6
駒沢女子 1 同志社 1
埼玉医科 2 日本 12
埼玉学園 1 日本女子 11
実践女子 10 フェリス女学院 2
十文字学園女子 2 2 文化学園 1
上智 2 文教 1
昭和女子 14 法政 3
女子美術 1 武蔵野 4
白梅学園 9 武蔵野美術 5
白百合女子 1 2 明治 (1) 8
成蹊 1 5 明治学院 3
聖心女子 4 明星 8
清泉女子 4 目白 5
専修 11 立教 4
洗足学園音楽 1 立命館アジア太平洋 1
大東文化 2 1 ルーテル学院 1
高千穂 1 2 和光 2
多摩美術 1 6 早稲田 (1) 6
中央 2 11 和洋女子 1
進学通信 2019年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ