LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年7月号

中1の始め方

武蔵野大学中学校

安心して失敗できる環境で
たくさんの新しいチャレンジを!

講師による初回のPBL授業。活気にあふれ、意見交換も盛り上がります。

講師による初回のPBL授業。活気にあふれ、意見交換も盛り上がります。

2019年から共学化した同校の中1の学びは、オリエンテーションやPBL(課題解決型学習)などを通じて、世界で通用する本物のスキルを学ぶことからスタートします。

チャレンジする土台をつくる
オリエンテーションキャンプ
学年主任・英語科/田中理奈先生学年主任・英語科/田中理奈先生

 変化の激しい時代に対応して世界に貢献できる人材を育成するため、「チャレンジ」をテーマに探究心・自主性を育て、最先端のグローバル・サイエンスの習得をめざす同校。

「一人ひとりが居場所を見つけやすい本校の伝統を大切にしつつ、失敗しても、またチャレンジできる心理的安全性が高い環境をつくり、生徒の積極的な学びを引き出す新たな教育プログラムを用意しています」(学年主任・英語科/田中理奈先生)

 入学直後の1泊2日のオリエンテーションキャンプでは、失敗を恐れずに新しいことにチャレンジする、さまざまな取り組みが行われます。

「キャンプの目的は3つあります。まず、創造的に問題を解決するスキルを身につけること。そして、自分の考えを伝えるスキルを身につけること。集団生活を通じて周囲と親睦を深めることも大切です。
 決められた材料と時間で、高いタワーをつくる “マシュマロチャレンジ”では、2度のチャレンジを通じて、失敗を恐れずにどんどん試し、フィードバックする大切さを学ぶことができました」

 1度目は最後にマシュマロが落ちて高さ0センチだったグループが2回目に40センチを記録したり、81センチの高記録が出たりと大盛況。

 生徒から「失敗したら改善していけばいいと気づいた」「計画に時間を使い過ぎず、積極的にやったほうがよかった」などの意見も出ました。

「 “自分×○◯(好きなもの、こだわりがあるもの)”のマインドマップを発表するワークショップでは、プレゼンテーションスキルを磨きます。聞く側も多様な価値観を認め、否定しないのがルールです。どんな意見も言いやすく、お互いに成長できる空間づくりの練習になりました。この2日間で、これからの積極的な学びの土台ができました」

グローバルの力をつける
PBL(課題解決型学習)

 課題解決に役立つ論理的思考力を養うPBL。同校では、週2時間、英語の授業に組み込まれています。初回の授業では、「社会に出て活躍するためには、どんな力が大切か」「そもそもグローバルスキルって、どうやって身につけるもの?」などについて意見を出し合い、対話しながら、考えを深めました。

「英語の知識があっても話せないという問題がありますが、これは、『まちがったら恥ずかしい』とか、『笑われるかも』という不安があるから。PBLのように、答えが決まっていない課題について考え、対話して発言していくことで、その心配をなくしたいと思っています。間違えることがあっても、どんどんアイディアを出して発言する練習を積み重ねれば、課題解決能力を養いながら、グローバルな視点を持って英語が話せるようになります」

 同校では、「言語活動」という英語と国語を融合した授業も行われています。

「英語も日本語も関係なく、スピーチをする、マインドマップをつくる、エッセイを書くなど、言語に必要なスキルを学び、表現力を伸ばす授業です。

 英語科では、文法やリーディングがメインになる授業や、ネイティブ教員とのチームティーチングの授業などを合わせて、週に8時間の授業で、英語4技能の習得をサポートします」

 英語4技能を切り口に、世界で通用する本物のスキルが学べる新しい取り組みが行われています。

「自分×◯◯(好きなもの、こだわりがあるもの)」をテーマにマインドマップをつくり、プレゼンテーションするワークショップ。「自分×◯◯(好きなもの、こだわりがあるもの)」をテーマにマインドマップをつくり、プレゼンテーションするワークショップ。
握手・あいさつも大切なグローバルスキルのひとつ。しっかり目を見るなど、信頼感を持たれる方法を考えて実践しました。握手・あいさつも大切なグローバルスキルのひとつ。しっかり目を見るなど、信頼感を持たれる方法を考えて実践しました。
①マシュマロ、パスタ、マスキングテープ、ひもを使って、高いタワーをつくるワークショップ「マシュマロチャレンジ」。①マシュマロ、パスタ、マスキングテープ、ひもを使って、高いタワーをつくるワークショップ「マシュマロチャレンジ」。
②1回目の課題をフィードバックして、2回目に挑戦。より高いタワーが完成しました。②1回目の課題をフィードバックして、2回目に挑戦。より高いタワーが完成しました。
①PBLの授業では、「社会で活躍するために大切な力」はどういうものか、思いついたことをどんどん模造紙に書き込みます。①PBLの授業では、「社会で活躍するために大切な力」はどういうものか、思いついたことをどんどん模造紙に書き込みます。
②書き出したアイディアを声に出して発表し、関連していると思うものをつなげていきます。②書き出したアイディアを声に出して発表し、関連していると思うものをつなげていきます。
③模造紙を回転したり、他のグループのものを参考にしたりして、アイディアを増やします。③模造紙を回転したり、他のグループのものを参考にしたりして、アイディアを増やします。

(この記事は『私立中高進学通信2019年7月号』に掲載しました。)

武蔵野大学中学校  

〒202-8585 東京都西東京市新町1-1-20
TEL:042-468-3256

進学通信掲載情報

【グローバル特集 授業 】「言語の4技能」を伸ばす「英語+国語」の『言語活動』
【中1の始め方】安心して失敗できる環境でたくさんの新しいチャレンジを!
【未来を切り拓くグローバル教育】TOEFL対策授業で世界標準スキル習得
【SCHOOL UPDATE】第2回オープンスクール「課題を解決する力」を育み世界への扉を開く
【The Voice 校長インタビュー】合言葉は『Challenge!』校名変更、共学化を機に教育内容を刷新
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】興味・関心を主体性を持った学びにつなげる
【キャンパスのビジョン】四季折々の表情を見せるキャンパス。木の温もりが魅力の新体育館が完成
【私学だからできるオリジナル教育】外国人教員が主導のダブルティーチャー制
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】全員所有のiPadでアクティブラーニングを加速
【目標にLock On!! 私の成長Story】自身が大きく成長した中高時代 母校の教師となる夢が叶いました
【SCHOOL UPDATE】浄土真宗の仏教精神 仏教の教えを通じて実行力ある近代的女性へ
【中1の始め方】仏教主義の人間教育が育む豊かな心と未来を切り拓く力
【SCHOOL UPDATE】TTによる英語の授業 浴びるように英語を聞いて養われる言葉の感覚
【10年後のグローバル社会へのミッション】1年間の留学で人間力を養う国際交流コースが誕生
【授業発見伝】宗教
【Students' Chat Spot】仏教の精神を礎に、自然豊かなキャンパスで、勉強に部活動に励む学校生活
【部活レポート】バトン部/アニメーション部
進学通信 2019年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ