Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年7月号

中1の始め方

国士舘中学校

6年間の学びを受け入れる器をつくる

教頭が舘歌(校歌)の由来や意味を解説する座学を通じて、学校の伝統を理解します。

教頭が舘歌(校歌)の由来や意味を解説する座学を通じて、学校の伝統を理解します。

同校は中学の3年間を、社会に出るための基礎作りと捉えています。中1では、今後の学びを受け入れられる大きな“器”を作ってあげられるように先生方は指導しています。中1生にどのように接しているかを、学年担任の2名の先生方にうかがいました。

合宿を通して伝統とスタイルを受け継ぐ

 同校は開校以来、学カだけに偏らない総合的な力と礼節を備える生徒を育成しています。その伝統とスタイルを新入生が受け継ぐことができるよう、4月の下旬に2泊3日のオリエンテーション合宿を実施しています。

「入学から間もない生徒は先入観がなく素直で、いろいろなことをインプットできます。座学で本校の伝統を学び、さまざまなアクティビティに取り組みながら仲間との交流を深め協調性を養うことがこの合宿の目的です」
(中1担任/河野博先生)

 合宿中は宿泊先の従業員の方へのあいさつや言葉使いを意識させることで礼節を学び、自分の荷物の整理、部屋の片付けなどを徹底させることで、自己管理を身につけさせます。アクティビティには、班ごとに分かれて取り組みます。チームビルディングでは、屋外に設けられた先生の課題をクリアして獲得する点数を競います。

「本校はグループ活動の場を多く設けており、各自が必ず何かの主役になれるように配慮しています。体力がない生徒や、コミュニケーションが苦手という生徒もいますが、オリエンテーションを通じて改善されていきます」
(中1担任/内藤綾先生)

 オリエンテーションから帰る頃には仲間とすっかり打ち解け、リーダーシップをとるなどの個性も次第に見えてきます。

「生徒には、体験で蓄積した情報(インプット)は積極的に外に発信(アウトプット)してほしいと常に言っています。自発的に行動する姿勢が、社会に出て役に立つからです」(河野先生)

放課後学習で自発的に
学ぶ姿勢を身につける

 同校は放課後に、生徒が教室で宿題や自主学習に取り組み、各教科の先生が質問に答えたり助言をしたりするフォロー態勢を敷いています。生徒は一定の学習時間を確保できるうえに、自発的に学習する姿勢が養われます。

「勉強に意欲的な生徒は、休み時間にも宿題や問題集に取り組んでいます。放課後学習でわからないことを解決して帰宅するという生活スタイルができてきました」(内藤先生)

 また、『学習と生活の記録』を中1の頃から記述しています。これは、1日の授業や部活動の練習、家庭学習などを記録するノートです。毎日提出して、先生からはコメントのフィードバックがあります。

「自己管理を習慣づけることを狙いにしています。また、1日の自分の行動を振り返ることで、インプットしたことが見えるようになります。不安や相談事を記入する生徒もいるので、生徒のコンディションを知るためのツールにもなっています」(河野先生)

 中1を担当する河野先生は、最近の新入生に共通して感じることがあると言います。

「 “できないことは悪いこと”と考える新入生が増えました。でも、今できなくてもこれからできるようになればいいし、失敗から多くのことを学べます。何事にも積極的に興味を持って取り組んでほしいですね。生徒が学んだことを受け入れられる器を、少しでも大きく広げられるように育てていきます」

生徒と先生のコミュニケーションツールともなる『学習と生活の記録』。

座学板書の一部。座学板書の一部。
放課後、多くの生徒が教室で自発的に勉強に取り組みます。教科の先生が個別に質問や相談に応じます。放課後、多くの生徒が教室で自発的に勉強に取り組みます。教科の先生が個別に質問や相談に応じます。
中1生を見守る河野先生(左)と内藤先生。中1生を見守る河野先生(左)と内藤先生。
1年生 TIME LINE

 新しい環境に馴染めるように、4月に2泊3日の校外合宿を実施。学校の伝統やスタイルを身につけつつ、仲間との交流を深めていきます。

1年生 TIME LINE

オリエンテーション合宿のアクティビティ
チームビルディングに取り組む生徒。メンバーと協力しながら課題をクリアし、お互いの特徴を知っていきます。チームビルディングに取り組む生徒。メンバーと協力しながら課題をクリアし、お互いの特徴を知っていきます。
グループごとにカレー作りに挑戦。各自に役割があり、周りの人と協力し自分の責任を果たすことの重要さを身をもって学びます。グループごとにカレー作りに挑戦。各自に役割があり、周りの人と協力し自分の責任を果たすことの重要さを身をもって学びます。
紙すき体験の様子。伝統の技術に触れることも貴重な経験です。紙すき体験の様子。伝統の技術に触れることも貴重な経験です。

(この記事は『私立中高進学通信2019年7月号』に掲載しました。)

国士舘中学校  

〒154-8553 東京都世田谷区若林4-32-1
TEL:03-5481-3114

進学通信掲載情報

【その先に備える キャリア教育】挑戦 さまざまな職業体験で社会への興味を広げる学外研修
【中1の始め方】6年間の学びを受け入れる器をつくる
【本音で語る保護者座談会】一人ひとりの生徒をよく見てくださる先生がたくさんいらっしゃいます
【私学の校外学習・学外交流】フェスティバルに参加・運営してインクルージョンの理念を学ぶ
【SCHOOL UPDATE】人工芝グラウンド&食堂 新しくなった施設とともに“真の心”と健康な身体を育む
【グローバル時代の学び方】ブリティッシュヒルズで国内にいながら“海外体験”
【私たち、僕たちが大好きな先生】礼儀を重んじる武道を6年間指導することで 社会に出た時に真価を発揮する人間を育てる
【熱中! 部活動】【吹奏楽部】音楽の楽しさを実感 仲間と作り上げる演奏会
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】食べることが、生きる基本!残さず食べて、強い肉体と感謝する心を育む
【こどもの自立を促す教育】「有意義な失敗」と「欲張りな文武両道」で人としての在り方を学ぶ
【The Voice 新校長インタビュー】失敗を恐れず行動することで社会に役立つ自分が見えてくる
【SCHOOL UPDATE】校外学習 首都・東京や日本文化に深く触れ人間力を高め、知識の幅を広げる
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】「文武両道」を支えるのは先生たちの熱意と愛情 「人としての心の在り方」を学ぶ学校生活
【Students' Chat Spot】「生きる力」を養いバランスのとれた人材の育成をめざす
【10年後のグローバル社会へのミッション】日本を、日本人であることを世界に向けて発信できる生徒を育てたい
【授業発見伝】武道 創立以来受け継がれる伝統校の理念を込めた『心の教育』
【Students' Chat Spot】伝統ある武道を中心に、学力だけに偏らない総合的な力を育成
【部活レポート】吹奏楽部/剣道部
【注目のPICK UP TOPIC!】先生、友人、保護者への感謝を込めて 一人ひとりが飛躍を誓う卒業式
進学通信 2019年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ