Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年7月号

The Voice 校長インタビュー

藤村女子中学校

生徒自身が未来を切り拓くための
“体験”重視の多彩なプログラム

柳舘 伸 (やなぎだて・しん)校長先生

柳舘 伸 (やなぎだて・しん)校長先生
1958年生まれ。東京都出身。1985年、社会科教員として藤村女子中学・高等学校に着任。
日本史を専門とする。着任2年目より競泳部顧問として活躍。
入試担当などを経て2008年、教頭となり、2019年4月より校長に就任。

「言葉少なに足音静か」な
主体性のある人間育成を

 昭和7年、女子教育の草分け、藤村トヨ先生による『心身ともに健全にして、知・徳・体を兼ね備えた個性豊かな女子の育成』という建学の精神を原点に創立された本校は、80年以上の歴史を紡いでいます。私も昭和60年に社会科教員として着任し、34年間本校で歩み続けてきました。

 今年4月より校長となり、改めて中高6年間の女子教育を考えた時、大切なのは、人としてのやさしさと思いやりを持ち、自分の意見をしっかり伝えられる自立した女性の育成だと思います。

 藤村トヨ先生のお言葉に、『言葉少なに足音静か』というものがあります。「必要な時には堂々と意見を述べ、落ち着いて行動する思慮深い女性であれ」という言葉です。

 そのうえで本校は、複雑に発展する現代社会、グローバル社会に対応した英語教育、コミュニケーション力とプレゼンテーション力を養う教育プログラムを計画し、生徒の主体性を育んでいきたいと考えます。

選択肢を広げることで
将来の目標に多様性を

 中高6年間は、最も多くのものを吸収できる時期です。AIの発達によって人が手がける仕事の種類や内容が大きく変わる未来、社会に出ていく生徒たちが「自分に何ができるか」「何をしたいか」を自ら選び、時には自分で新しい仕事を作り上げていく時代となるでしょう。であれば、私たちが生徒のためにできることは何でしょうか。それは、一つでも多くの体験や経験ができる多彩な教育プログラムを用意して興味や学びの幅を広げ、将来の可能性を生徒が自ら選べる環境を作ることです。

 そこで本校は、中学校は6年間一貫で先取り教育を行い、難関大学進学をめざす『特選コース』と、高校入学時に目標に合わせた6コースを選択できる『特進コース』の2コース制を実現しました。それにより、生徒が自分の個性に合った “もっとがんばりたくなる進路目標”を明確に持てるようになったと感じています。実際、現在高2となった特選コース1期生の中には、医学部進学を第一目標に勉学に励む生徒も出てきています。

 特進コースの高校コース選択も、生徒の個性を尊重した進路を視野に入れています。コースの中には、他校にほぼ例がない「スポーツ科学特進」と「スポーツ科学」コースもあり、スポーツ医学学科のある大学と連携を図りながらスポーツ科学・医学のプロフェッショナル育成をめざしています。これは、世界的に活躍する運動選手を多数輩出している本校ならではの取り組みと自負します。

 3カ月短期留学を導入するとともに、全コースで英語科のカリキュラムの見直しも図り、さらに国際教育にも力を入れていきます。コースの再編成が、生徒たちの未来を、より広く開いていくことでしょう。

吉祥寺の地域活動への積極的な取り組みも

 多彩な教育プログラムの中には、幅広いジャンルの体験学習も多く用意しています。国際的に活躍する女性を招いたキャリア教育講演会や日本文化体験を筆頭に、生徒からデザインを募り、京都の和装小物店や近沢レース店とコラボレーションしたファッション小物をホテルや校内で販売するなど、硬軟合わせた活動も注目を集めています。

 また、地元のお祭りへの協力など、吉祥寺の地元密着で行っている多くの試みも、生徒の発想力や積極性を養う大きな力になっています。生徒たちが商店街と協力して作成した外国人観光客向けの『吉祥寺英語マップ』は、タイの人気旅行番組から取材を受けたこともあります。現在、地元サッカーチーム・東京武蔵野シティFCのサポーター活動も行っています。

 中高時代は、何事にもチャレンジが可能な貴重な時期。生徒にはさまざまな体験を通じ、より良い達成感と自己実現力を身につけ、自らの糧にしていってほしいと思います。

次世代を担う「発信力」を育む
アクティブな教育

生徒の主体性を育む多彩な取り組みを行っています

  • 2カ月に1度の教育講演会
  • English Program Days※1
  • 起業体験授業
  • キッザニアでの職場体験
  • ハワイ修学旅行
  • グランドコンテスト※2
  • 夜8時30分まで使える学習センター
  • 職場インタビュー体験
  • 吉祥寺イベント参加
  • 井の頭公園自然観察  etc.

※1 English Program Days…中1から中3の生徒全員で取り組む英語劇やTOKYO GLOBAL GATEWAYプログラム参加など。
※2 グランドコンテスト…年に4回の英単語・漢字コンテスト。

[沿革]
 1932年、財団法人井之頭学園女学部を設置。翌年、学校法人井之頭学園となり、井之頭学園高等女学校設置。1938年、藤村高等女学校に名称を変更。1948年、藤村女子高等学校となり、新制中学校を併設。2015年には中学校を2コース制に、2016年からは高校を6コース制へと変更し、現在に至る。

(この記事は『私立中高進学通信2019年7月号』に掲載しました。)

藤村女子中学校  

〒180-8505 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-16-3
TEL:0422-22-1266

進学通信掲載情報

【行ってきました!学校説明会レポート】英語の授業と部活動体験で楽しい学校生活を満喫!
【The Voice 校長インタビュー】生徒自身が未来を切り拓くための“体験”重視の多彩なプログラム
【私学だからできるオリジナル教育】特色ある吉祥寺の街で多彩にフィールドワーク
【学校ってどんなところ?生徒の一日】「発信力」を育むアクティブな教育 自立した女性を育成する
【グローバル時代の学び方】英語に慣れ親しむ機会を最大限生かして力にする
【私学だからできるオリジナル教育】命の大切さを学ぶふれあい体験授業
【制服物語】清楚で健全な女性を理想とし 可憐なデザインと機能性を兼備した制服
【学校生活ハイライト】英語力を身につけ発信していく藤村女子流の国際教育
【熱中!部活動】【バスケットボール部/児童文化部】「知・徳・体」を身につけて未来を確立していく部活動
【Students' Chat Spot】「自ら学び考える力」「コミュニケーション能力」「心身健康力」の3つの力を掲げ生徒を伸び伸びと育てる
【中1の始め方】FUJIMURAノートと少人数クラスで学習姿勢と生活習慣を細やかに指導
【未来を生き抜く学力のつけかた】フィールドスタディに重点をおき自ら考え行動するための「発信力」を養う
【SCHOOL UPDATE】ハワイ・オーストラリア修学旅行 グローバル社会への発信力を鍛える
【Students' Chat Spot】進学に向けた勉強とクラブ活動の両立に励みながら送る充実したキャンパスライフ
【部活レポート】囲碁部/ダンス部
【The Voice 新校長インタビュー】世界の舞台で活躍できる 発信力のある人材を育成
進学通信 2019年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ