Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年7月号

注目! News and Topics

横浜富士見丘学園中学校

男女別クラスによる共学化がスタート
オンライン英会話が必修化

オンライン英会話の授業では、30分間英語漬けになります。

オンライン英会話の授業では、30分間英語漬けになります。

1923(大正12)年の創立以来、同校は『敬愛』『誠実』『自主』を兼ね備える「女性」の育成を建学の理念に掲げてきました。そして現在、その理念をさらに深め、急激に変化する社会を生き抜く「人間(ひと)」を育てるため、今年度から共学化。また、中3・高1のオンライン英会話も必修になりました。

理数特進の男子クラスを
加えた共学化がスタート
理科の実験に楽しそうに取り組む男子。理科の実験に楽しそうに取り組む男子。

 今年度より男女共学での学校生活をスタートさせた同校では、中学は男女でクラスを分ける『別クラス制』を採用しています。男子は理数系に重点を置いた『理数特進クラス』です。教室は男女で異なるものの校舎は同じなので、授業以外は一緒に過ごします。理科を担当する駒嵜健学校長は、授業を通じて実感した男女の違いをこう話します。

「男子は説明の半分くらいを聞くと行動したがるのに対し、女子は最後までじっくり聞いて理解してから動きます。ノートの取り方にしても、女子に比べると男子は自由に書いている様子。でも、学び方は人それぞれなので、自分に合う方法を選べばいいと思います。男子の"機敏さ"に感化されて、女子の積極性が引き出されることを期待しています」

 理数特進クラスの男子は、医学部や国公立・難関私立理数系大学への進学をめざします。

「高2からは、女子の理数特進との混合クラスになります。お互いの勉強に取り組む姿勢が刺激になり、切磋琢磨し合うことを期待しています」

コミュニケーション能力を高める
オンライン英会話
中1・中2は副担任がネイティブ教員なので、英語を使う機会が毎日あります。中1・中2は副担任がネイティブ教員なので、英語を使う機会が毎日あります。

 同校は、英語でコミュニケーションを図る力を全員が身につけられるように、中1・中2ではネイティブ教員の副担任制を実施。さらに海外研修・ターム留学という、体験を重視するグローバル教育を行ってきました。今年度からは、中3・高1で週1回のオンライン英会話が必修となりました。

「全学年の希望者を対象に、フィリピン・セブ島にある語学学校での英語研修を実施しています。このつながりを活用し、業者を介さないセブ島とのダイレクトなオンライン英会話を実現しました」

セブ島の英語研修では、現地の子どもたちとも交流します。セブ島の英語研修では、現地の子どもたちとも交流します。

 長年の交流から、セブ島の語学学校は同校の校風や生徒の性格などを把握しており、英語のレベルに合わせた教材の用意なども可能です。

「実生活では、フェイス・トゥ・フェイスで自分の言葉を使ってコミュニケーションを取ることが重要です。語学研修で見知った講師がオンライン英会話のレッスンを行うため、セブ島との交流はますます盛んになるでしょう」

他人史の発表内容が優れていた生徒は表彰されます。他人史の発表内容が優れていた生徒は表彰されます。
合宿では、相手のよいところを探す「他人史」に取り組みました。合宿では、相手のよいところを探す「他人史」に取り組みました。

男女共学校として最初のイベントとなったオリエンテーション合宿。

生徒の成長のために全力で取り組む
学校長 駒嵜 健 先生学校長 駒嵜 健 先生

 男子生徒が加わりましたが、別クラス制なので女子はこれまで通り異性を気にせずに落ち着いたスタートを切ることができました。一方男子も、ハキハキとあいさつができて、礼儀正しいという印象です。4月に実施したオリエンテーション合宿では、男女が良い距離感で交流していました。

 中3・高1のオンライン英会話も、順調な滑り出しです。セブ島に慣れている生徒は多いですし、高校からの入学生も物怖じせずに会話をしています。生徒は私たち大人が思うよりもポテンシャルが高いので、予想よりも能力を発揮します。そんな生徒たちの地力を伸ばすことが学校の使命ですから、全力をあげて改革を進めていきます。

(この記事は『私立中高進学通信2019年7月号』に掲載しました。)

横浜富士見丘学園中学校  

〒241-8502 神奈川県横浜市旭区中沢1-24-1
TEL:045-367-4380

進学通信掲載情報

【その先に備えるキャリア教育】交流 将来のキャリアに必要な“ジェネリックスキル”を育成
【注目! News and Topics】男女別クラスによる共学化がスタートオンライン英会話が必修化
【未来を切り拓くグローバル教育】世界を身近に感じて自らつかむ未来像
【6年間の指導メソッド】男女別クラスによる共学化がスタート
【注目のPICK UP TOPIC!】2019年度からの共学化を見据え理数教育と英語教育をさらに充実させる
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】2019年度より共学化横浜富士見丘学園の未来ビジョンが始動!
【SCHOOL UPDATE】海外研修 活きた英語力を高める体験型の海外研修
【グローバル時代の学び方】体系的な授業と多彩な講座で活きた英語力を磨く
【グローバル時代の学び方】体験から学びとる異文化コミュニケーション
【大学合格力強化計画】未来を幸せに生き抜くために 部活と勉強を両立し、志望校合格へ
【SCHOOL UPDATE】地域社会に貢献する体験型授業
【カリキュラムを読み解く】社会変化に対応できるキャリア教育
【10年後のグローバル社会へのミッション】価値観が多様化する社会で必要となる自ら選択する力を育む
【学校生活ハイライト】6年にわたる多彩な取り組みで 豊かな心と学力を育み 自立し、自律した女性をめざす
【未来を生き抜く学力のつけかた】なぜ学ぶのかを理解させ社会でのスキルを学び選択肢に広がりを
【Students' Chat Spot】学習指導・人格形成・キャリア教育を三本柱としたプログラムを展開
【キャンパス歩き】大切な6年間の成長をやさしく見守る 美しくゆとりあるキャンパス
【めざせ 次代のグローバルリーダー】6カ年一貫の女子教育を軸に 社会の中心で活躍できる女性を育てる
進学通信 2019年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ