Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年7月号

実践報告 私学の授業

安田学園中学校

生徒の学力を確実に伸ばす
学校完結型の学習

『学び力伸長システム』『進学力伸長システム』で学ぶ6年間
『学習法体得合宿』の様子。3泊4日、ホテルに宿泊して、勉強のやり方を教わりながらしっかり学びます。

『学習法体得合宿』の様子。
3泊4日、ホテルに宿泊して、勉強のやり方を教わりながらしっかり学びます。

生徒の学習習慣を養成
『学び力伸長システム』

 2013年、中高一貫部に『先進』『総合』の2コース制を導入し、教育改革を行った同校。2019年はその一期生が大学受験に挑み、国公立大学・早慶上理・GMARCHの現役合格者が計227名と、大きく合格実績を伸ばしました。

 飛躍の理由は、同校が実践する「学校完結型の学習」にあります。これを実現させているのが、6年間を二段階に分けて指導する『学び力伸長システム』と『進学力伸長システム』の確立です。まず、中1~高2の間では、『学び力伸長システム』を実施。授業を中心に学習内容を習得し、『学習法体得授業』や『学習法体得合宿』を通して、具体的な「勉強のやりかた」を学び、自学自習の学習習慣を身につけていきます。

 同校では生徒自身が自ら学ぶ自学自習を「独習」と呼び、この独習のスキルを上げることを、学校全体でサポートしています。

「生徒にはそれぞれ個性があります。とくに英語・数学に関しては、教科の教員が経験に基づいたアドバイスを行い、生徒一人ひとりに合った効率的な勉強方法を指南しています。最終的には生徒自身が自分に合った独習を決め、実行するように促しています」(教頭/稲村隆雄先生)

 先進・総合のいずれのコースも週4回の「習熟度チェックテスト」などで学力を確認し、理解しきれていない分野がある生徒は、放課後の補習でフォローをしっかり行い、授業についていけるよう導きます。

志望大学に特化した指導
『進学力伸長システム』

 高2の11月・12月には志望大学を決定。高2の3学期からは『進学力伸長システム』がスタートし、いよいよ大学受験へ向けた具体的な取り組みが始まります。授業終了後には、志望大学別の受験対策に特化した、100分間の放課後講座を実施します。高3でも志望大学別の講座は継続して行われ、夏期講習、冬期講習も実施されます。冬からはセンター試験演習を経て、国公立大学の二次試験、私立大学への対策とサポートが続きます。

「学年が上がるにつれ、予備校や塾に通う生徒は減っていきます。基本は学校で学ぶという習慣が定着し、実際に学校を中心に学んだ生徒が大学受験で成果を出しています」

 6年間の前半の手厚いサポートで独習のスキルを上げ、後半では志望校別に演習を行う同校の二本柱の教育体制が、高い合格実績に結び付いているのです。

「今後、新テストが導入されても、学力が問われることは間違いありません。そこをしっかり押さえておけば、新しい入試にも対応できるのではないでしょうか」

Talk Session
最終的に生徒自ら学べるように
学校全体でバックアップ
教頭/稲村隆雄先生教頭/稲村隆雄先生

 生徒一人ひとりが「独習」でしっかりと自分の学力を伸ばしていけるように、学校全体できめ細かくサポートしていくのが同校の特徴です。

「中3から高1にかけて、意図的に宿題の量を減らしていき、自分で必要なものを選んで勉強するよう促していきます」と、稲村先生。最初は「何をやったらいいんですか?」と質問してくる生徒もいるそうですが、その場合も教科担当の先生が生徒に合った問題などを薦め、独習をサポートしていくそうです。

大学受験に勝つ!
同校独自の取り組み例

・中学入学後は5月第2週まで、放課後にクラス全員で30分間の自習
・習熟度チェックテストで合格点以下の生徒は放課後補習でフォロー(中1~高2の2学期)
・先生方は「学習指導検討会」で情報を共有し、生徒を指導
・センター演習では、実際のセンター試験と同じ時間帯で問題を解き、採点する取り組みを入試の前日まで実施(高3)など

自ら考え学ぶ授業を中心に、
6年間で高度な学力を養成

学校完結型の学習環境

夏期講習・冬期講習・学習指導検討会・模試検討会・合格指導検討会

夏期講習・冬期講習・学習指導検討会・模試検討会・合格指導検討会

2019年難関大学への
現役合格実績が大幅にアップ
難関大学 現役合格実績難関大学 現役合格実績

 2013年の中入生たちが大学受験を経験した今年。同校では、国公立大学49名、難関私立大学の早慶上理34名、GMARCH144名の現役合格者を輩出しました。「学校完結型の学習環境」が確実に成果を見せています。

『学習法体得合宿』で
効率の良い勉強法を見つける
先生に気軽に質問できるのも合宿の特徴。疑問点は個別にていねいに教えてくれます。先生に気軽に質問できるのも合宿の特徴。疑問点は個別にていねいに教えてくれます。

 中1~中3で行われる3泊4日の『学習法体得合宿』。中1・中2の生徒には授業と予習・復習を組み合わせて実施し、中3になると自分で計画を立てて自習する形になります。この合宿でも、予習・復習のやり方を先生方がていねいに指導してくれます。

 合宿では1日中勉強しますが、最終日のアンケートでは、ほとんどの生徒たちから「達成感を得られた」「苦しかったけど、やってよかった」という充実した感想が寄せられるそうです。

今年度から全学年必修で
オンライン英会話をスタート
段階的にオンライン英会話を導入する学校が多い中、同校では全学年に一斉導入。中1から英語を話す・聞く能力を徹底養成できます。段階的にオンライン英会話を導入する学校が多い中、同校では全学年に一斉導入。中1から英語を話す・聞く能力を徹底養成できます。

 以前から英検指導に力を入れてきた同校。中3時での英検準2級以上の取得率が過去3年間で累計87%(先進コース、2019年3月現在)を達成しています。さらに今年度から全学年に週に1時間のオンライン英会話を導入し、英語力のアップを図ります。

「大学受験で民間資格が採用されますから、今後は早めの取得が必須。中3からはGTEC※も採用し、資格取得対策を行っています」(稲村先生)

※ GTEC…英語4技能を測る検定試験。「Global Test of English Communication」が正式名称で、その頭文字をとっています。GTECのスコアを入試で活用する大学も増えています。

進学通信 2019年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ