Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年7月号

私学の光輝

玉川聖学院中等部

新しい出会いの中で広がる可能性
かけがえのない存在である私に気づく

満開の桜も歓迎!
厳かで温かい入学式

 2019年4月5日(金)、穏やかな晴天の下、同校の入学式が執り行われました。桜が咲き誇る校庭には、新入生とその家族が、記念撮影のために朝早くから集まっていました。

 谷口ホール(高等部礼拝堂)で行われた式典は、パイプオルガンの奏楽を合図に開始され、神聖な雰囲気の中、新入生が緊張の面持ちで入場してきました。

 聖書の一節「あなたのみことばは私の足のともしび、私の道の光です」(詩篇119編105節)を朗読。

 安藤理恵子学院長が、

「朗読した一節は、神様の言葉が私たちの足元を照らす道の光であるという意味です。聖書の言葉は、次の一歩を踏み出す力を与えてくれます。聖書を読みながら、学院で生活していると、神様が助けてくれる、神様が後押ししてくれることを体験によって知り、今までとは違うがんばり方ができるようになると思います。新しい学びをしっかり吸収して、学校生活を神様とともに過ごしてください」とお話しされました。

 生徒代表による歓迎の言葉では、上級生が入学当時を振り返り、初めて聖書を手にしたときの気持ちやその後の学校生活で神様の言葉が大きな支えとなったことを話し、新入生にエールを贈りました。

 プロテスタントのミッションスクールらしく、礼拝形式で行われた式典は、校歌のほかに聖歌隊による賛美歌や参列者一同による賛美歌合唱の時もあり、厳かな中にも温かな空気に包まれていました。

 式典の後、安藤学院長に新入生を迎えた心境についてうかがいました。

「本校では出会いというものを大事にしています。女の子たちは人との出会いによって世界が広がります。毎年のことですが、生徒との出会いだけでなく、保護者の方との家族ぐるみの新たな出会いにも、大きな喜びを感じます。
 人間一人ひとりは神様が創ったかけがえのない存在です。生徒たちには、他人からの評価を恐れず、自分の中に与えられているものをそのまま活かし、伸ばしていってほしい。自分としっかり向き合って、本当の自分を見つけて、安心感と自信を持っている人に育ってほしいと思います」

毎朝の礼拝や入学式をはじめとするすべての式典で賛美の奉仕をしている聖歌隊。練習は週に2回行っています。毎朝の礼拝や入学式をはじめとするすべての式典で賛美の奉仕をしている聖歌隊。練習は週に2回行っています。
式典の後、クラスごとに記念撮影。新入生たちの緊張もほぐれ、合間にはおしゃべりを楽しむ姿も見られました。式典の後、クラスごとに記念撮影。新入生たちの緊張もほぐれ、合間にはおしゃべりを楽しむ姿も見られました。
はじめてのホームルームは和やかな雰囲気。教室にはオルガンも設置されており、クラスごとの終礼でも賛美歌を歌います。はじめてのホームルームは和やかな雰囲気。教室にはオルガンも設置されており、クラスごとの終礼でも賛美歌を歌います。
賛美歌66番「聖なる、聖なる、聖なるかな」と賛美歌312番「いつくしみ深き」を一同で歌い神に捧げます。賛美歌66番「聖なる、聖なる、聖なるかな」と賛美歌312番「いつくしみ深き」を一同で歌い神に捧げます。
「校庭の桜が今日の入学式を待っていたかのようでした」と安藤学院長。まだつぼみの残る桜が、“これからもっと咲くよ”と新入生にメッセージを贈っているのだと笑顔で話される姿が印象的でした。「校庭の桜が今日の入学式を待っていたかのようでした」と安藤学院長。まだつぼみの残る桜が、“これからもっと咲くよ”と新入生にメッセージを贈っているのだと笑顔で話される姿が印象的でした。
式辞や生徒代表からの「歓迎の言葉」にも聖書の言葉が引用されていました。式辞や生徒代表からの「歓迎の言葉」にも聖書の言葉が引用されていました。

(この記事は『私立中高進学通信2019年7月号』に掲載しました。)

玉川聖学院中等部  

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-11-22
TEL:03-3702-4141

進学通信掲載情報

【私学の光輝】新しい出会いの中で広がる可能性かけがえのない存在である私に気づく
【行ってきました!学校説明会レポート】クリスマス礼拝と学校説明会でスペシャルな一日を満喫
【本音で語る保護者座談会】たくさんの出会いや良い体験を通して「かけがえのない私」になれます
【The Voice 校長インタビュー】神さまの前では教員も生徒も同等愛されている存在だと気づくことで人は人間として成長できる
【校長が語る自立へのプロセス】生徒一人ひとりと向き合い多様性を認めることが自立へと導く
【熱中!部活動】【ウィンドオーケストラ部/ハンドベル部】音色に思いを重ね 心で表現する演奏
【私たち、僕たちが大好きな先生】大学卒業後、企業での勤務を経て母校の教員として教壇に
【学院長が語る 思春期の伸ばし方】自分と出会い、人と出会う 柔らかい心で、自分の使命を見つける
【私学の光輝】学院祭 心を込めた催し物や展示から伝わる「敬虔さ」「誠実さ」「楽しさ」
【学校生活ハイライト】合唱が得意な生徒も苦手な生徒も学校全体で奏でるハーモニー
【Students' Chat Spot】平和を実現する心を育成 生徒会役員が語る学校の魅力と生徒会活動
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】生徒の視野を広げる新たな出会いを求めて 実施予定「オーストラリア修学旅行」
【学校生活ハイライト】アフリカの孤児たちのステージから自分の生き方を考える
【SCHOOL UPDATE】国際デイ 世界への視野を広げる交流
【10年後のグローバル社会へのミッション】世界をつなげる女性を育成し 平和な社会を作る教育
【校長が語る 思春期の伸ばし方】自分の価値を信じ 人との出会いから学ぶ
【Students' Chat Spot】『玉聖革命』のスローガンのもと、より良い方向に学校を変えていきたいと考えている玉川聖学院の生徒会
【私学の光輝】仲間との友情や絆を強め大きな達成感を得た特別な一日
【私学の光輝】「明るい心」が育つ人になることを願う
進学通信 2019年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ