Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年6月号

実践報告 私学の授業

聖徳大学附属女子中学校

自ら考え発信する英語の授業
ICT活用で効率アップ

オーストラリア修学旅行に向けた英語でのプレゼンテーション
生徒が自分についてプレゼンテーションする『Show and Tell』の活動はiPadを使うことで豊かに表現できます。

生徒が自分についてプレゼンテーションする『Show and Tell』の活動はiPadを使うことで豊かに表現できます。

英語を使って自分の言葉で伝える発信力を育てる

 聖徳太子が作成したとされる十七条憲法の「和を以て貴しとなす」に由来する『和』を建学の精神とする同校。一人ひとりの人間性を高める女子教育に力を注いでいます。2019年からは、中高ともに『S(スーペリア)探究コース』と、『LA(ランゲージアーツ)コース』の2コースを新設。2021年度の次期学習指導要領の実施を前に、先行的な取り組みとしてアクティブラーニング型授業への転換を図っています。今回取材した英語の授業でも生徒に考えさせ、意見を出し合う生徒主体の学びが行われていました。

 同校では、実践的な英語力を磨くため、中3の修学旅行は全員がオーストラリアでのホームステイを体験します。ホームステイ先でスムーズに自己紹介ができるように、中2のうちから少しずつ時間をかけて準備を進めているのが『Show and Tell』です。『Show and Tell』は、自分の好きな物や写真を紹介する欧米では定番のアクティビティ。どんな英文で何を紹介すれば自分を理解してもらえるのか、生徒それぞれが考え、学年最後の授業で発表。互いに意見を出し合い、改善点を考えます。

 授業で習った単語や文法を使って言葉を紡ぐには、問題演習だけでなく、自分で書いたり、話したり、表現力をつけていく必要があります。時間がかかっても間違いを恐れず、伝えたいことを知っている言葉で話してみる。相手に通じなかったら、ほかの言葉に言い換えて何度でも言ってみる。そのような“英語で語る”実践経験が必要なのです。

「これからは自分で考え、自分の意見を英語で発信する力が求められます。そのため、英語学習では実際の場面に置き換えて、実践的に自分から話すことを大事にしています」

 と英語科の伊藤友望先生。生徒たちも楽しみながら、意欲を持って取り組んでいるそうです。

ICTの充実で考える・発信するに集中できる

 この取り組みで活躍するのがiPadです。同校は2015年から導入し、今ではすべての生徒と教員が使用しています。プリントや教材は必要に応じてPDF化して学校のサーバーに置き、ファイルを各自がダウンロードして活用しています。プリントの配付・提出などにかかる時間を減らすことで、授業内に生徒が十分に考え、活動する時間が取れるようになったそうです。

『Show and Tell』の発表でも生徒は手馴れた様子でICT機器に自分のiPadを接続し、教室のスクリーンに画像を投影して説明を始めました。発表もスムーズに進み、生徒はやるべき活動に集中できます。

 生徒自身が考え、試行錯誤する取り組みとICTの使いこなしが、英語で発信する力を効果的に伸ばしているといえるでしょう。

Step 1ペアでウォーミングアップ

 英語の授業は、英会話のペアワークから。iPadに表示された課題の質問と答えの会話例をペアになって練習します。会話のやりとりに慣れてきたら、自分流にアレンジ。自由度の高い活動が、生徒たちのとっさの会話力につながります。

Step 2授業の「目当て」を全員で確認

 伊藤先生は授業の「目当て」を授業の始めにプロジェクターに投影します。「写真の描写ができる」「1分以上英語で話せる」など、「~ができる」という達成目標を示し、生徒のiPadにも送信。生徒たちは目標を意識して授業に臨むことができます。

Step 3ペアワークでリハーサル

 この日は『Show and Tell』の中間発表。全員の前で発表する前に、ペアワークでリハーサルをします。それぞれ紹介する画像をiPadで見せながら、プレゼンテーション。互いに意見を言い合います。クラスメートの率直な意見を取り入れて、紹介の仕方や話し方をブラッシュアップします。

Step 4『Show and Tell』の中間発表

 生徒は一人ずつ教壇に立ち、スクリーンに画像を映して、英語でプレゼンテーションをしていきます。内容は多種多様で、部活動の紹介や文化祭で取り組んだこと、日本の文化や歴史、自分の趣味や家族について紹介する生徒もいました。笑顔でジェスチャーをつけながら話す生徒もおり、それぞれの個性が表れています。

Step 5フィードバックで改善

 発表してみてどうだったか、工夫したいことは何かなど、ペアで話し合います。「言いたいことが言えなかった」「文と文のつなぎ方がうまくいかない」など、生徒たちは、自分の悩みを分かち合い、互いに良い方法がないかを話し合います。

Step 61年間の振り返り

 この日は中2最後の授業。1年間の英語の授業を振り返りました。提出したノートや定期テストの点数など、学習の記録はすべてiPadの中に収めてあるので、学習の成果を確かめながら振り返ることができます。振り返りをプリントに書いたら、iPadのカメラで撮って、すぐに教員へ送信。これで提出忘れはありません。

考える・発信する授業に欠かせないICT機器を効率的に活用
オーストラリア修学旅行のホームステイでの1コマ。『Show and Tell』で準備したコミュニケーションは、必ず役に立つはずです。オーストラリア修学旅行のホームステイでの1コマ。『Show and Tell』で準備したコミュニケーションは、必ず役に立つはずです。

 ICT活用が授業に定着している同校。伊藤先生は、フリー素材の画像や学校行事の画像をサーバーにストックし、生徒が『Show and Tell』の発表で自由に使えるようにしています。英語でプレゼンテーションする際の原稿のチェックにはiPadを活用し、生徒は下書きをiPadで伊藤先生に提出。伊藤先生も確認してアドバイスを入れたファイルをiPadで各生徒に送信するそうです。

『Show and Tell』の発表の際には、伊藤先生は全員の発表をiPadで撮影していました。これは次の授業で生徒が自分の発表を確認するために使うとのこと。クラスメートや教員の評価に加え、自分の発表を自分の目で確かめれば改善点を意識しやすくなります。

 オーストラリア修学旅行でiPadをどう活用するかはまだ検討中とのことですが、もし、使えるようになれば生徒自身のさまざまなアイデアが引き出されそうです。

(この記事は『私立中高進学通信2019年6月号』に掲載しました。)

聖徳大学附属女子中学校  

〒270-2223 千葉県松戸市秋山600
TEL:047-392-8111

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】自ら考え発信する英語の授業 ICT活用で効率アップ
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】2019年度より『S探究コース』『LAコース』がスタート! より深い学びへ
【未来を切り拓くグローバル教育】学ぶ意欲を後押しするグローバル教育プログラム
【実践報告 私学の授業】アクティブラーニング型授業で思考力を伸ばす グループワークを取り入れ能動的で深い学びを実現
【6年間の指導メソッド】6年間の積み重ねで英語力と表現力を確実に鍛える
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】主体性を促す教育で高める思考力・判断力・表現力
【私学だからできるオリジナル教育】全校が集まる会食でマナーと感謝を育む
【中1の始め方】学習習慣の定着と学友との交流 充実した研修で学校生活のスタートを支援
【その先に備えるキャリア教育】礼節 最後に大切なのは心美しい心を育て、未来をつくる
【SCHOOL UPDATE】勉強も部活動もiPadでより楽しく 「女子力の向上」をめざす伝統的教育
【SCHOOL UPDATE】iPad活用 積極的な活用で未来の可能性を切り開く
【10年後のグローバル社会へのミッション】オーストラリア語学研修での成果を活かす 国内留学体験『グローバルキャンプ』
【未来を生き抜く学力のつけかた】日本文化への深い造詣と品格を学びグローバル社会で役立つ生きた英語力を磨く
進学通信 2019年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ