LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年4・5月合併号

熱中!部活動

実践女子学園中学校

苦楽を共にして豊かな人間性を育む

和装着付け部
伝統文化に触れ、美しい所作を身につける
学外から専門の講師を招いて指導を受ける「特殊部会」に属する同部。それぞれの進度に合わせて、浴衣や名古屋帯、振袖の着装を練習します。

学外から専門の講師を招いて指導を受ける「特殊部会」に属する同部。
それぞれの進度に合わせて、浴衣や名古屋帯、振袖の着装を練習します。

 日本の伝統文化を継承し、美しい所作を学ぶことができる和装着付け部。ゼロからスタートした生徒たちが、外部講師の木挽輝香先生の指導により、世界大会に出場するほど上達します。

「全日本きもの装いコンテストへの出場には、相当量の練習が必要で、生徒たちは非常に熱心に取り組んでいます。なお、必ずしも大会に出場しなければならないわけではございません。お着物の良さを感じて、日本の文化を受け継いでもらいたいという思いで活動しております」(木挽先生)

 同部は週2回の活動日のうち1回参加できれば良いため、兼部も可能。運動部や音楽系の部と兼部する生徒も多くいます。

着付けには所作も大切。畳の上でのマナーや所作も指導してくださいます。着付けには所作も大切。畳の上でのマナーや所作も指導してくださいます。
女袴にも挑戦。衣装はすべて学校に用意されているため、何不自由なく練習することができます。女袴にも挑戦。衣装はすべて学校に用意されているため、何不自由なく練習することができます。
自装はもちろん、他装(人に着せる)練習も行います。自装はもちろん、他装(人に着せる)練習も行います。
全日本きもの装いコンテストでは、3人1組でチームを組んで実装し、その美しさや速さ、チームワークを競います。取材したこの日は、美しい手さばきで、帯を作って見せてくれました。全日本きもの装いコンテストでは、3人1組でチームを組んで実装し、その美しさや速さ、チームワークを競います。取材したこの日は、美しい手さばきで、帯を作って見せてくれました。
和装着付け部 A.Kさん(高1)
和装着付け部 A.Kさん(高1)

「和装着付け部は週に1回、参加できればいいので、無理なく活動できます!私はバドミントン部と兼部していますが、どちらの部も楽しく活動できています」

和装着付け部 S.Fさん(高1)
和装着付け部 S.Fさん(高1)

「着物や着付けというとハードルが高いイメージがありますが、ていねいに教えてもらえるので、気になった方にはぜひ入ってもらいたいです」

■活動日/活動時間 水・金/15:45~17:30(高校生は〜18:00)
■部員数 中2=1名 中3=8名 高1=14名 高2=12名 高3=7名
(特殊部会のため中1は所属できません)
■主な実績 ・2016年「全日本きもの装いコンテスト」世界大会
 学校対抗の部・出場(高1生3名が出場)
 男性の部・出場(顧問教諭が出場)
・2017年「全日本きもの装いコンテスト」 関東大会
 学校対抗の部・3位入賞(中3生3名が出場)
・2018年「全日本きもの装いコンテスト」 世界大会
 学校対抗の部・出場(高1生3名が出場)
ソフトテニス部
部活動を通し自立した女性をめざす
「生徒たちが自分で考え、疑問があったら私たちに聞いてきます。それまでは楽しくプレイしてもらえればいいと思っています。6年間の活動を経て、最終的に自分で動くことができる自立した生徒になってもらえればうれしいです」(顧問/山崎純一先生)

「生徒たちが自分で考え、疑問があったら私たちに聞いてきます。
それまでは楽しくプレイしてもらえればいいと思っています。
6年間の活動を経て、最終的に自分で動くことができる自立した生徒になってもらえればうれしいです」(顧問/山崎純一先生)

 ソフトテニスを通して「自立した人間になる」ことを目標に活動している同部。

「好きこそ物の上手なれをテーマに、3年前に練習方法を大きく変更しました。今は、活動時間のほとんどをゲーム練習にあてています。楽しくプレイする中で、ゲームでどう勝っていくかを段階的に学んでもらいたいと思っています。顧問から、練習メニューを押し付けることはしません。強くなるために何が必要なのかを自ら考えてもらいたいと思っています」(顧問/佐川大先生)

 練習方法を変えたことで、部内の雰囲気も変わりました。6学年合同で、お互いに教え合いながら成長し、最終的にはインターハイをめざしています。

アップをしたあとは、ゲーム練習。自分に必要な課題が見つかったら、顧問の先生方に相談し、適切な練習方法を教えてもらいます。アップをしたあとは、ゲーム練習。自分に必要な課題が見つかったら、顧問の先生方に相談し、適切な練習方法を教えてもらいます。
ゲーム後には、上級生を中心にプレイの問題点を話し合います。ゲーム後には、上級生を中心にプレイの問題点を話し合います。
笑顔と笑い声があふれていました。楽しみながら練習していることが伝わってきます。
笑顔と笑い声があふれていました。楽しみながら練習していることが伝わってきます。

笑顔と笑い声があふれていました。楽しみながら練習していることが伝わってきます。

ソフトテニス部 部長 S.Sさん(高2)
ソフトテニス部 部長 S.Sさん(高2)

「勝つために何が必要かをみんなで話し合い、共有して、優先順位をつけて練習していきます。自分たちですべて考えているため、大変ではありますが、チームを作っていると実感できるので、楽しさもあります。先輩・後輩のコミュニケーションもとりやすいので、縦と横のつながりができます」

■活動日/活動時間 月〜金/16:00~17:30(高校生は〜18:00)
土日も練習あり
■部員数 中1=22名 中2=7名 中3=12名 高1=2名 高2=7名 高3=2名
■主な実績 ・2015年 関東大会・個人出場
・2015年 全日本私学大会個人ベスト32
 関東大会予選・ベスト8
・2016年 関東大会予選・ベスト16
・2016年 全日本私学大会・個人出場
ほか多数

(この記事は『私立中高進学通信2019年4・5月合併号』に掲載しました。)

実践女子学園中学校  

〒150-0011 東京都渋谷区東1-1-11
TEL:03-3409-1771

進学通信掲載情報

【行ってきました!学校説明会レポート】探究教育への取り組みをわかりやすく説明
【熱中!部活動】苦楽を共にして豊かな人間性を育む
【実践報告 私学の授業】未来につながる“実践力”を多彩な探究プログラムで育む
【私学の英語最前線】GSCのプログラムを応用全クラスがグローバル化
【目標にLock On!! 私の成長Story】自分がケガをした時に支えてくれたような人を安心させる理学療法士になりたい
【SCHOOL UPDATE】新たな時代を見据えた教育改革 キーワードは『探究』自ら考え思索を深める女性に
【グローバル時代の学び方】英語力だけでなく自主性も育てる学びの旅 海外研修を刷新 発信力と探究力を磨く
【Students' Chat Spot】光あふれる清潔な校舎に元気なあいさつが響きます。
【目標にLock On!! 私の成長Story】自分のペースを崩さずにコツコツと歩み続けた中高生活
【私学の光輝】運動会 連綿と受け継ぐ伝統という名のバトン
【グローバル時代の学び方】グローバル教育を加速新・理系プロジェクト
【Students' Chat Spot】建学の精神「品格 高雅 自立 自営」 「キャリア教育」「感性表現教育」「グローバル教育」「学力改革」を融合した人間教育
【目標にLock On!! 私の成長Story】高1での留学を機に海外の大学を志望 6年間の学びを活かし、真の国際人をめざす
【10年後のグローバル社会へのミッション】語学教育とキャリア教育を融合させ 真のグローバル人材の育成をめざす
【大学合格力強化計画】25年後の生き方にフォーカス 『人間力』の育成で学力が向上
【SCHOOL UPDATE】模擬国連 4年連続NYでの国際大会に出場
【On Going! 進歩する私学の注目情報】伝統に新たな1ページ 生徒の視野を広げる新プログラムが始動
【私学しゅん報】本番に向け練習会を実施!全日本高校模擬国連大会に参加
【めざせ 次代のグローバルリーダー】GSCの設置から6年 高まり続ける生徒の語学力・国際理解・海外志向
進学通信 2019年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ