LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年4・5月合併号

私学の校外学習・学外交流

品川翔英中学校

中1生と高1生で行く2泊3日
縦と横のつながりを深める合宿

富士山周辺の自然に触れ、さまざまな体験学習を通じて、
新しい発見をする校外学習です。

ライフジャケットの装着方法やパドリングなどカヌーの操縦方法のレクチャーを受け、西湖でカヌー体験を楽しみます。

 2020年から共学化し、理系と国際感覚豊かな人材の育成をめざす同校。5月末に、中1と高1が一緒に参加するホームルーム合宿を山梨県・富士五湖の西湖で行っています。

「学年・クラスの枠を越え、高1と中1の “縦のつながり”とクラス・学年の “横のつながり”を深めることが目的の一つです。富士山周辺の植生観察などを行いながら、ハイキングしたり、生物多様性センターを訪れたりと、富士山の自然や歴史に触れる機会を大切にしています」(広報部長/福永光一先生)

 合宿前には、事前学習として富士山周辺の環境や植生を学び、事後学習では、「何を学んだか、どんな意義を見出したか」という体験を文集にまとめます。

「ホームルーム合宿を通して、生徒は集団の中での自分の役割を考えます。試行錯誤を繰り返すことが、学びにつながるのです」

 異学年の生徒が一緒に行動し、仲間づくりをする機会は、海外研修などでも取り入れられています。

「中1は高1と行動を共にしても、緊張していません。むしろ上級生からかわいがってもらえるので、のびのびと過ごしています。このように上級生と下級生が一緒に活動し、自然と触れ合う機会は、共学化したあとも大切にしていきます」

環境や生物の多様性を考える
自然に触れるプログラム

 ホームルーム合宿では、ネイチャーガイドと西湖コウモリ穴や青木ヶ原樹海を散策します。西湖コウモリ穴では、溶岩の流れた跡や、コウモリが越冬のため洞穴内で生活した形跡を見学し、自然の偉大さや、自然を利用する生きものの知恵を学びます。

 ほかにも、生物多様性センターを訪れ、剥製に触ったり骨格標本を比べたりする体験や、カヌー体験など楽しいプログラムが満載です。

ネイチャーガイドの説明で、自然のすばらしさに感動しました。ネイチャーガイドの説明で、自然のすばらしさに感動しました。
触れられる剥製や骨格標本がたくさん!触れられる剥製や骨格標本がたくさん!
映像シアターで生物多様性について学びます。映像シアターで生物多様性について学びます。
飯盒炊さんで郷土料理のほうとう作りを体験

 飯盒炊さんは、中高別のグループで行います。2018年度は、山梨県の郷土料理であるほうとう作りに挑戦しました。地元の方とホテルのスタッフから指導を受けながら、班ごとに麺を打つところから体験します。

 火起こしが上手だったり、包丁の扱いに慣れていたり、先生にとっても生徒の意外な一面を知るきっかけとなる機会なのだそう。

同じ太さに麺を切ります。①同じ太さに麺を切ります。
ダイコンやニンジンの皮をていねいにむきます。②ダイコンやニンジンの皮をていねいにむきます。
できあがったほうとうを、班ごとにおいしく食べました。③できあがったほうとうを、班ごとにおいしく食べました。
異学年の生徒のふれあいでお互いに良い面を伸ばす
校長補佐
田中 好一 先生

 高校生と一緒にホームルーム合宿に行くことで、中1生は自分の3年後のビジョンを描くことができます。高1生も、後輩が楽しめるゲームを考えるなど、学びの幅が広がります。縦と横の関係をつなぎ、深めることができるのが、ホームルーム合宿の良いところです。

 また、自然に触れる体験は、理科に関する興味・関心を育み、科学的素養を身につけるきっかけになります。本校は山中湖セミナーハウスという施設を所有しており、合宿などで何度もこの地域に足を運びます。富士山一帯の自然に親しみを持ち、仲間との交流を持つ機会を、今後も大切にしていきたいと思っています。

2020年度より共学校に
「品川翔英中学校」
「品川翔英高等学校」に校名が変わります。

 同校は、2020年度より「理系と国際感覚豊かな人材の育成をめざし、数学・英語の学力を飛躍的に伸ばす少人数教育」を行う共学校「品川翔英中学校」「品川翔英高等学校」に生まれ変わります。

 高校への内部進学時に理数選抜コースまたは国際教養コースへ進むことを前提に、数学、英語に重点を置いた指導を行い、プログラミング授業や先取り学習、ネイティブ教員による実践的英語学習も積極的に行います。

 また、あいさつ、意思表示の明瞭化を進めて、国際社会で活躍できる素養を育むことをめざします。

(この記事は『私立中高進学通信2019年4・5月合併号』に掲載しました。)

品川翔英中学校  

〒140-0015 東京都品川区西大井1-6-13
TEL:03-3774-1151

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】中1生と高1生で行く2泊3日 縦と横のつながりを深める合宿
【私たち、僕たちが大好きな先生】実験を通して本物を見て、触って、感じる体験型の授業で理科の面白さを伝えたい
【制服物語】華やかで活動的な“なりたい自分”になれる制服
【Students' Chat Spot】実験重視の理科授業&ネイティブの先生を交えた英語授業が充実!
【制服物語】未来への躍進を願って見栄えも、着心地も、デザインは“日本女性仕様”
【授業見聞録】英語 生徒自身が考える授業が将来へつながる「志」を引き出す
【子どもの自立を促す教育】生徒に寄り添い 次代を担う実力と志を持った自立した女性を育成する
【制服物語】個性的な色合いとデザインは『主体的に考えて決断し、行動する自立した女性に』という願いを反映
【熱中!部活動】バルーンアート・ハンドクラフトクラブ/生態環境調査クラブ 好奇心を刺激する豊かな環境 興味分野を広げ、伸ばし、深める
【授業見聞録】英語 ネイティブ講師による授業で耳と口を鍛え、心の垣根を取り払う
【中1の始め方】聞いて 話して 体を動かして週4時間の「英語耳」をつくる授業
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】満点を取れない先取り授業より確実な“完熟授業”の徹底を図る
【注目のPICK UP TOPIC!】海外での異文化体験に感動!感激!初めてのオーストラリア修学旅行
【キャンパス歩き】実験や体験を重視 充実の環境で、思う存分理系の学びにチャレンジ
進学通信 2019年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ