LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年4・5月合併号

行ってきました!学校説明会レポート

日本大学第一中学校

温かい目で見守りながら
生徒の個性を伸ばす教育を

「100年以上受け継がれてきた校訓を守りながら、時代の流れに沿った指導を」と、熊谷校長先生。

「100年以上受け継がれてきた校訓を守りながら、時代の流れに沿った指導を」と、熊谷校長先生。

志望校を決める時期が迫る、2018年10月27日(土)に行われた学校説明会。校内見学や個別相談も行われ、まっすぐで温もりある校風が伝わってきました。

 日本大学の最初の付属校として1913年に創立され、100年を超える伝統を誇る同校。「真・健・和」を校訓とし、「絆を重んじ、良き生活習慣を持った次世代人の育成」を教育理念としています。

 会場となった多目的ホール入口の受付では、在校生が元気よくあいさつ。来校した受験生と保護者に、笑顔で資料を渡していました。

 説明会では、熊谷一弘校長先生が、中高一貫カリキュラムや、わかるまで繰り返し勉強する"繰り返し学習"などについて、具体的な数値を使って紹介しました。入学後の2年間は基礎を徹底的に身につける教育を行い、その後も繰り返し勉強することで、卒業する頃には、入学時よりもグンと偏差値が伸びる生徒が多いそう。「本校の生徒たちは、人懐っこく、明るく元気で、みんな仲良くやさしい生徒たちです。先生方は、時にはやさしく、時には厳しく、常に温かく生徒を見守っています」と、アットホームな校風を紹介。説明会に出席した保護者も、にこやかに校長先生の話に聞き入っていました。

 その後、ほかの先生方が学校生活や、進路などについて詳しく説明。「国際理解教育」を紹介する際には、オーストラリア語学研修(中2・中3希望者)に参加した在校生が登壇しました。

「中2と中3の2回参加し、2年目はリーダーとして行きました。英語力だけでなく、積極性も身についたと思います。高校ではターム留学もしたいです」と、少し緊張しながらも、しっかりとした口調で話していました。

 説明会後は、希望者に対して学校見学と個別相談を行いましたが、ほぼ全員が参加。終了後、熊谷校長先生と鳩山教頭先生が来校者を見送る姿に、同校のまっすぐで温もりのある校風が伝わってきました。

説明会に続々と来校する参加者。都営地下鉄大江戸線「両国」駅から徒歩1分と、通学しやすい環境です。説明会に続々と来校する参加者。都営地下鉄大江戸線「両国」駅から徒歩1分と、通学しやすい環境です。
紺色のスタイリッシュな制服も人気です。紺色のスタイリッシュな制服も人気です。
会場の入口では、在校生が人懐っこい笑顔でお出迎え。会場の入口では、在校生が人懐っこい笑顔でお出迎え。
この日配られたのは、学校のパンフレット、生徒募集要項、オリジナルのクリアファイル、説明会で使われた資料のコピー、資料を入れるバッグでした。この日配られたのは、学校のパンフレット、生徒募集要項、オリジナルのクリアファイル、説明会で使われた資料のコピー、資料を入れるバッグでした。
保護者も小学生も先生方のお話に聞き入っていました。保護者も小学生も先生方のお話に聞き入っていました。
説明会が始まるまで、部活動の紹介ビデオなどが流れていました。説明会が始まるまで、部活動の紹介ビデオなどが流れていました。
オーストラリア語学研修での話を、目を輝かせながら語る在校生。オーストラリア語学研修での話を、目を輝かせながら語る在校生。

校内見学

 説明会後に行われた校内見学。放課後の校内を先生の案内で見学し、学校の設備や部活動の様子などを見ることができました。

校内見学は玄関から開始。1グループ10数人ずつに分かれて先生が案内してくれました。

本館の3~8階は教室となっています。普段は生徒たちの活気に満ちている場所です。

入口の横にはカードリーダーがあり、生徒がICカードをタッチすると保護者に情報が送られます。中1生のみ登下校の際に利用することが義務付けられていますが、中2生以上もほとんどの生徒が利用しているそうです。入口の横にはカードリーダーがあり、生徒がICカードをタッチすると保護者に情報が送られます。中1生のみ登下校の際に利用することが義務付けられていますが、中2生以上もほとんどの生徒が利用しているそうです。
約3万5,000冊の蔵書がある図書室。毎月新刊が入るので、本好きな生徒はチェックしているとか。雑誌もさまざまな分野を毎月購入しています。約3万5,000冊の蔵書がある図書室。毎月新刊が入るので、本好きな生徒はチェックしているとか。雑誌もさまざまな分野を毎月購入しています。
部活動も少しだけ見学!

 部活動が盛んなことでも知られる同校。現在、運動部が14、文化部が10、同好会が7つあります。この日活動していた部を少し見学することもできました。野球部では、部員とキャッチボールを体験した参加者もいました。

剣道部剣道部
バスケットボール部バスケットボール部
チアリーダー部チアリーダー部
野球部野球部
吹奏楽部吹奏楽部
個別相談

 個別相談の部屋では、先生方がていねいに対応してくださいました。参加者は、入試や入学後についてのことを、しっかりと確認していました。

(この記事は『私立中高進学通信2019年4・5月合併号』に掲載しました。)

日本大学第一中学校  

〒130-0015 東京都墨田区横網1-5-2
TEL:03-3625-0026

進学通信掲載情報

【熱中! 部活動】仲間とともに打ち込み豊かな人間性を育む
【行ってきました!学校説明会レポート】温かい目で見守りながら生徒の個性を伸ばす教育を
【6年間の指導メソッド】“第1志望”への道を拓く中身の濃い学習環境
【本音で語る保護者座談会】生徒と先生の距離が近く生徒の個性を活かせる環境が自慢です!
【学校生活ハイライト】生徒も先生も一緒になり白熱する汗と笑顔の、スポーツ行事
【6年間の指導メソッド】生徒と先生の厚い信頼関係のもと、将来の夢を実現
【注目のPICK UP TOPIC!】生徒指導部が本気で取り組む 思いやりの心を持った生徒の育成
【Students' Chat Spot】校訓「真・健・和」にもとづき、部活動・趣味に積極的に参加活動できる生徒の育成
【熱中!部活動】ギター部(軽音楽部)
【思春期の伸ばし方】人生に失敗や挫折はつきものですつらい経験から学べることは多いもの
【SCHOOL UPDATE】イングリッシュキャンプ 英語でのコミュニケーションに意欲をかき立てられる4日間
【10年後のグローバル社会へのミッション】イングリッシュ・キャンプで 「コミュニケーションをとりたい」という気持ちを成長の源に
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】先生と保護者が同じスタンスで接することで安心できる環境を作る
【大学合格力強化計画】付属校の強みを生かした指導で他大学の一般入試の実績もあげる
【制服Collection】伝統息づく文化の街で学ぶ 聡明な学生がまとう正統派ブレザー
【めざせ 次代のグローバルリーダー】選抜された生徒がケンブリッジ大学で世界と交流
進学通信 2019年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ