Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年4・5月合併号

行ってきました!学校説明会レポート

玉川聖学院中等部

クリスマス礼拝と学校説明会でスペシャルな一日を満喫

会場のホールに入ると、在校生が「こちらへどうぞ。足元にお気を付けください」と参加者をアテンドしていました。

会場のホールに入ると、在校生が「こちらへどうぞ。足元にお気を付けください」と参加者をアテンドしていました。

全員で「もろびとこぞりて」「きよしこの夜」の大合唱。参加者たちも元気いっぱいに声を出していました。全員で「もろびとこぞりて」「きよしこの夜」の大合唱。参加者たちも元気いっぱいに声を出していました。

2018年12月1日(土)に行われた中等部クリスマス学校説明会をレポート。クリスマス礼拝、学校説明会、校内見学などを通し、多くの参加者が同校の雰囲気を体感しました。

 プロテスタントのミッションスクールとして、聖書に基づいた女子の人格教育を行う同校。「信仰・希望・愛」がスクール・モットーです。

 この日の第1部はクリスマス礼拝。オープニングからパイプオルガンの演奏、中・高等部聖歌隊による美しいハーモニー、高等部ハンドベル部の演奏と続き、会場は厳かな雰囲気に包まれていきました。さらに中・高等部ギター・マンドリン部やウィンドオーケストラ部による演奏、卒業生や有志の教職員による特別賛美など、盛りだくさんの内容。参加者全員が起立して、賛美歌「もろびとこぞりて」や「きよしこの夜」の合唱も行われました。

 こうした演奏の間に、安藤理恵子学院長から「あなたがたのために」というメッセージも贈られました。安藤先生はルカの福音書2章から「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。今日、あなたがたのために救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです」の一節を紹介し、「今日は『恐れることはありません』という言葉を受け取って帰ってください。皆さんのこれからには、新しい出会いがたくさん待ち受けています。ぜひ怖がらずに前に進んでもらいたいと思います」とお話をされました。

 第2部は学校説明会。中高等部長の櫛田真実先生は「玉川聖学院の特徴」と題して「土台となる毎日の礼拝・終礼」「基礎を重視する中等部」「成長を促す学校行事」などについて話されました。中等部教頭の土屋くによ先生は「2019年度入試」について、入試日程や出願方法、合格発表、入学手続きなどについて説明。さらに「4教科入試問題解説」では、各教科主任の先生から問題の構成や配点、最近の出題傾向などのお話と勉強のワンポイントアドバイスがありました。

 その後、校内見学、個別相談も行われました。帰りにはサンタクロース姿の在校生からのプレゼントもあり、充実した一日となりました。

クリスマス礼拝
当日、在校生が正門前や廊下などでクリスマスソングを演奏し、やってくる参加者をお出迎えしました。

当日、在校生が正門前や廊下などでクリスマスソングを演奏し、やってくる参加者をお出迎えしました。

安藤学院長からの温かいメッセージに、参加者は静かに耳を傾けていました。安藤学院長からの温かいメッセージに、参加者は静かに耳を傾けていました。
クリスマス礼拝が行われた谷口ホール。ステンドグラスに囲まれたこのホールでは、毎朝、高等部の礼拝が行われています。クリスマス礼拝が行われた谷口ホール。ステンドグラスに囲まれたこのホールでは、毎朝、高等部の礼拝が行われています。
ハンドベル部によるクリスマスソングの演奏。美しい音色が響き渡りました。ハンドベル部によるクリスマスソングの演奏。美しい音色が響き渡りました。
続いて、ギター・マンドリン部、ウィンドオーケストラ部による演奏も。

続いて、ギター・マンドリン部、ウィンドオーケストラ部による演奏も。

説明会
各教科主任の先生による入試問題解説。とくに社会科では、2019年度入試問題について重要なヒントを与えてくれました。各教科主任の先生による入試問題解説。とくに社会科では、2019年度入試問題について重要なヒントを与えてくれました。
説明会の司会を務めた在校生。お話が終わると「櫛田先生は時に厳しく、時に感情豊かな、香川出身、うどん好きな先生です」と先生の一言紹介も。説明会の司会を務めた在校生。お話が終わると「櫛田先生は時に厳しく、時に感情豊かな、香川出身、うどん好きな先生です」と先生の一言紹介も。
スクリーンを使いながら「玉川聖学院の特徴」についてお話をされる櫛田先生。スクリーンを使いながら「玉川聖学院の特徴」についてお話をされる櫛田先生。
校内見学
憩いの場・ラウンジで語り合う在校生。憩いの場・ラウンジで語り合う在校生。
部活動も盛んに行われている同校。体育館では中等部のダンス部が練習をしていました。部活動も盛んに行われている同校。体育館では中等部のダンス部が練習をしていました。

情報センターでは在校生の授業ノートなどが展示され、参加者は興味深く見入っていました。

サンタクロースに扮した在校生からクッキーのおみやげが手渡されました。写真の中央は安藤学院長。

 当日は、中等部パンフレット、中等部募集要項、クリスマス礼拝と学校説明会のしおり、ノート、ボールペン、コーヒー、チョコレートなどが配布されました。

(この記事は『私立中高進学通信2019年4・5月合併号』に掲載しました。)

玉川聖学院中等部  

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-11-22
TEL:03-3702-4141

進学通信掲載情報

【生徒の主体的な活動にフォーカス】校内見学ツアーを生徒が担当保護者にも好評な学校説明会
【私学の光輝】新しい出会いの中で広がる可能性かけがえのない存在である私に気づく
【行ってきました!学校説明会レポート】クリスマス礼拝と学校説明会でスペシャルな一日を満喫
【本音で語る保護者座談会】たくさんの出会いや良い体験を通して「かけがえのない私」になれます
【The Voice 校長インタビュー】神さまの前では教員も生徒も同等愛されている存在だと気づくことで人は人間として成長できる
【校長が語る自立へのプロセス】生徒一人ひとりと向き合い多様性を認めることが自立へと導く
【熱中!部活動】【ウィンドオーケストラ部/ハンドベル部】音色に思いを重ね 心で表現する演奏
【私たち、僕たちが大好きな先生】大学卒業後、企業での勤務を経て母校の教員として教壇に
【学院長が語る 思春期の伸ばし方】自分と出会い、人と出会う 柔らかい心で、自分の使命を見つける
【私学の光輝】学院祭 心を込めた催し物や展示から伝わる「敬虔さ」「誠実さ」「楽しさ」
【学校生活ハイライト】合唱が得意な生徒も苦手な生徒も学校全体で奏でるハーモニー
【Students' Chat Spot】平和を実現する心を育成 生徒会役員が語る学校の魅力と生徒会活動
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】生徒の視野を広げる新たな出会いを求めて 実施予定「オーストラリア修学旅行」
【学校生活ハイライト】アフリカの孤児たちのステージから自分の生き方を考える
【SCHOOL UPDATE】国際デイ 世界への視野を広げる交流
【10年後のグローバル社会へのミッション】世界をつなげる女性を育成し 平和な社会を作る教育
【校長が語る 思春期の伸ばし方】自分の価値を信じ 人との出会いから学ぶ
【Students' Chat Spot】『玉聖革命』のスローガンのもと、より良い方向に学校を変えていきたいと考えている玉川聖学院の生徒会
【私学の光輝】仲間との友情や絆を強め大きな達成感を得た特別な一日
【私学の光輝】「明るい心」が育つ人になることを願う
進学通信 2019年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ