LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年2・3月合併号

未来を切り拓くグローバル教育

十文字中学校

英語での発信力を育む多彩な教育プログラム

“英語の十文字”を支えるオリジナルの取り組み
英語でプレゼンテーションをする機会を数多く用意している同校。生徒たちも自分の考えを英語で発信することを自然に覚えていきます。

英語でプレゼンテーションをする機会を数多く用意している同校。
生徒たちも自分の考えを英語で発信することを自然に覚えていきます。

現地校で学ぶ海外研修と英検準1級をめざす短期留学

 2014年から独自の教育改革『Move on プロジェクト』に取り組む同校。英語についても多彩な教育プログラムを行っています。その一つが、中3の3月に行う海外研修です。12日間、オーストラリアのブリスベン周辺の家庭にホームステイをしながら、現地の公私立校6校で学ぶこの研修には、希望制にもかかわらず約9割の生徒が参加します。

「本校の生徒に向けた英語の特別レッスンを受けながら、現地校の授業にも参加します。やはり、現地校に通えるというのが大きなメリットです」

 と、国際交流代表の高瀬聡伸先生は言います。現地校では体育や家庭科などの実技系の授業のほか、数学や物理などの授業も学びます。この研修に刺激を受け、高校になってから3カ月のターム留学や、1年間の留学制度を利用する生徒もいるそうです。

「3カ月のターム留学は英検準1級の特訓をオーストラリアの現地校で行います。すでに2018年度は6名が参加しました」

学校内で英語を使うチャンスを増やす

 海外研修や留学以外にも、英語に触れる機会を校内で数多く設けており、その代表格が、『発信力育成プログラム』です。このプログラムでは、一つのテーマに対して「英作文を書く」→「オンライン英会話でネイティブ講師と話す」→「英語でプレゼンテーション」→「オンライン英会話でもう一度ブラッシュアップ」というサイクルを、1年間に数回体験。中1から中3の3年間で、このサイクルを何度も繰り返し、英語の「話す力」「聞く力」を養成していきます。

 また、自分の好きなことについてクラスメートの前で英語でプレゼンテーションをする『Show&Tellコンテスト』や、英語の歌に振りをつけて歌う『ミュージックフェスティバル』など、英語を楽しく学べる行事も数多く用意されています。

 さらに、高校からは、新しい大学入試に向けた英検対策や、思考力育成講座などもスタートします。

「英検については、早め早めの取得を促しています。最近の外部試験利用型入試では、英検2級以上を持っていないと出願できない大学や学部も出てきています。MARCHレベルの大学受験になると英検準1級を求めてきますから、英検2級以上の取得を目標に対策講座などを行っています。夏期・冬期講習でしっかりと対策をするのはもちろん、入試の最新情報も学年集会などで告知しています。
 本校では、発信力プログラムで、中学のうちに英語に触れる体験を数多く行っています。英語を話すことに、ものおじしないように積極性を育む内容ですので、非常に女子教育に合った内容になっているのではないかと思っています」

Action Report File001
『発信力育成プログラム』
繰り返し学習が効果的
大学入試にも必須英語の話す力・書く力を強化大学入試にも必須
英語の話す力・書く力を強化
オンライン英会話では、ネイティブ講師がテーマに沿った質問をしてくれます。2回目のオンライン英会話では、驚くほど話せるようになり、生徒自身がびっくりすることも。

 中学3年間の英語の取り組みの中で、最も重視しているカリキュラムの一つが、『発信力育成プログラム』です。テーマを決めて英語の「話す力」「書く力」を強化していくというもので、生徒たちは1つのテーマについて英作文、ネイティブ講師との会話、英語でのプレゼンテーションに数カ月のタームで取り組みます。

 1年間に数回、テーマを変えながら取り組むことで、生徒たちの語学力は着実に向上していきます。

発信力育成プログラムの流れ

Action Report File002
オーストラリア海外研修
現地校でしっかり学べる
緑豊かなオーストラリアで学ぶ12日間緑豊かなオーストラリアで学ぶ12日間
現地校では、同年代の生徒たちと共に学びます。英語教育の成果を発揮する場でもあります。

 中3の春休みに実施されるオーストラリア海外研修では、ホームステイをシングルステイ(1人1家庭)、ダブルステイ(2人1家庭)から選べます。現地校では1人に1人ずつバディ(サポートしてくれる現地校の生徒)がつくので安心です。同校の生徒向けの英語の特別レッスンを受けつつ、時にはバディの授業に一緒に参加します。

 研修前は英語が苦手だった生徒も、「行って良かった」「楽しかった」と話し、帰国後は校内のスピーチコンテストなどにも積極的に参加するようになるそうです。

Action Report File003
『Show&Tellコンテスト』
好きなものを英語でプレゼンテーション
英語の発信力を育むShow&Tell英語の発信力を育む Show&Tell

「Show&Tell」とは、アメリカの幼稚園や小学校で行われるスピーチの基礎訓練。自分の好きなものを家から持ってきて、全員の前でそれについて数分間のプレゼンテーションを行って、人前でわかりやすく堂々と話す練習をするのです。

 初めて取り組む生徒たちにとっては、「好きなもの」という漠然としたテーマでは難しいため、同校では全員にイースターエッグを配布し、それぞれの生徒が自分の好きな飾り付けをして、どこが気に入っているのか、どんな材料を使ったのかなどを英語で発表する取り組みを行っています。

 材料の名称を辞書で調べたり、表現方法を工夫したりというふうに、それぞれが英語を試行錯誤する絶好の機会になります。

Action Report File004
『ミュージックフェスティバル』
全員が息を合わせて英語でダンス
体当たりで挑戦する英語のミュージカル体当たりで挑戦する英語のミュージカル

 同校の英語の授業では、最初に英語の歌を歌ってウォームアップをする習慣があります。そこで、2014年度から、授業で歌った英語の歌の中から好きな歌を1曲選び、クラスで振り付けをして発表する『ミュージックフェスティバル』を始めました。生徒たちは授業のみならず、休み時間や放課後に集まって、歌と踊りの稽古をするそうです。

(この記事は『私立中高進学通信2019年2・3月合併号』に掲載しました。)

十文字中学校  

〒170-0004 東京都豊島区北大塚1-10-33
TEL:03-3918-0511

進学通信掲載情報

【校長が語る 自立へのプロセス】世のためになる教養のある女性を送り出したい
【未来を切り拓くグローバル教育】英語での発信力を育む多彩な教育プログラム
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】パソコンを効果的に使って大学入試や社会で役立つスキルを身につける
【その先に備えるキャリア教育】未来 生徒の可能性を広げる多彩なキャリアプログラム
【中学入試のポイント】多元型入試システムで多様な個性を募る
【グローバル時代の学び方】論理的な発信力に加え協働する力も育成
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】保健体育科の『DDP』で発信力を高める
【SCHOOL UPDATE】Move onプロジェクト グローバル化する世界で社会貢献できる女性を育成
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生や友達に支えられた中高生活 現役で第一志望の国立大学に合格
【6年間の指導メソッド】グローバル社会で、生き抜く力を育てる
【キャンパスのVISION】多様化する社会を生き抜く力を育むゆったりと開放的な校舎
【未来を生き抜く学力のつけかた】グローバル社会の中で生き抜く強さを身につけ他人の痛みがわかるやさしい心を育む
【授業見聞録】英語 新しい英語の授業を実現するデジタル教科書を開発
【母校にエール!OGOB interview】昨年日本一に輝いたマンドリン部 その部での経験、友達や先生との絆が社会人になって気づいた私達の宝物です
【部活レポート】マンドリン部
【キャンパス歩き】2014年3月 新館完成 生徒の活動の場が大きく広がりました!
進学通信 2019年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ