Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年2・3月合併号

キャンパスのビジョン

麗澤中学校

古き良き伝統と新しさが調和した食堂「けやき」が誕生

全校生徒1,200人が同じ時間に同じ昼食を囲める食堂が完成。
緑豊かなキャンパスを眺めながら、食事を楽しみ、絆を強くしています。
1,200席を有する食堂「けやき」が誕生。「麗澤の森」と呼ばれる周囲の風景と溶け合うように設計された食堂です。

1,200席を有する食堂「けやき」が誕生。
「麗澤の森」と呼ばれる周囲の風景と溶け合うように設計された食堂です。

ラグビーを通して麗澤教育の素晴らしさを
バスケットボールコート3面が余裕でとれる第一体育館。多くの部活動が使用しています。バスケットボールコート3面が余裕でとれる第一体育館。多くの部活動が使用しています。

 同校の広大なキャンパスに新しい施設が2つ誕生しました。食堂「けやき」とラグビー場です。

「けやき」の竣工は2017年9月。食事をとるホールには柱がなく、約1,200人が着席できます。お昼には6学年の全生徒がここで一斉に給食を食べることができます。同校は1935年に前身となる道徳科学専攻塾の創立以来、全寮制でした。その後1992年に通学制を導入。現在も併設の高校には寮生活を送っている生徒がいます。

「創立者の廣池千九郎が本校を全寮制にしたのは『他の生徒と寝食をともにするなかで、感謝したり、競ったりして、お互いの心が磨かれていく』と考えたからです。『けやき』では、同じ時間帯にみんなで同じ食事を囲めるようになっています。ここに創立者の思いが受け継がれているのです」

 と話すのは、教頭の西野 徹先生。こうした学校生活の中で、教員と生徒の絆も強まるといいます。

 一方、ラグビー場は2018年7月に竣工しました。

「ラグビーの精神は『One for all, All for one(一人はみんなのために、みんなは一人のために)』です。このチームプレイの精神は麗澤の理念に通じます」 

 同校は、イギリスの全寮制の私立校であるパブリックスクールを手本にして創立されました。ラグビーは、そのパブリックスクールで生まれたスポーツだからです。

「本校ではラグビー部を強化し、とくに女子を中心にオリンピック選手や日本代表選手を育てるとともに、麗澤精神の素晴らしさを伝えていきたいと思います」

新しい食堂に続いてラグビー場が竣工

縦110m、横68mの人工芝ラグビー場。近隣のラグビースクールの小学生、関東女子代表、三重県女子代表の高校生などが試合を行いました。これからとくに女子のラグビーを強化していきます。

縦110m、横68mの人工芝ラグビー場。
近隣のラグビースクールの小学生、関東女子代表、三重県女子代表の高校生などが試合を行いました。
これからとくに女子のラグビーを強化していきます。

食堂「けやき」のホールには柱がありません。そのため、開放的かつ一体感のある雰囲気になっています。食堂「けやき」のホールには柱がありません。そのため、開放的かつ一体感のある雰囲気になっています。
ランチを楽しむ生徒たち。管理栄養士が栄養バランスを考えたメニューを、日替わりで食べることができます。ランチを楽しむ生徒たち。管理栄養士が栄養バランスを考えたメニューを、日替わりで食べることができます。
2016年にリニューアルされた男子寮。現在、男子、女子それぞれ約40名の高校生が寮生活を送っています。中学生が2泊3日で寮生活を体験するプログラムもあります。2016年にリニューアルされた男子寮。現在、男子、女子それぞれ約40名の高校生が寮生活を送っています。中学生が2泊3日で寮生活を体験するプログラムもあります。
古き良き伝統を残しつつ、理想の学習環境を追求し続ける麗澤。写真は2013年に竣工した高3生用の校舎です。古き良き伝統を残しつつ、理想の学習環境を追求し続ける麗澤。写真は2013年に竣工した高3生用の校舎です。
中学の職員室前にある「コモンホール」。くつろいだり、勉強したり、先生に質問や相談をしたり、集会を開いたり……と、多目的に使えるスペースです。中学の職員室前にある「コモンホール」。くつろいだり、勉強したり、先生に質問や相談をしたり、集会を開いたり……と、多目的に使えるスペースです。
麗澤のキャンパスは、東京ドーム10個分の広さ。この写真の上部中央の右にラグビー場と「けやき」の屋根が見えます。麗澤のキャンパスは、東京ドーム10個分の広さ。この写真の上部中央の右にラグビー場と「けやき」の屋根が見えます。
お昼には全学年の生徒が「けやき」に行くため、雨の日も濡れないようにひさしを設けています。また、暑い日にはミストが噴出し、暑さ対策としています。お昼には全学年の生徒が「けやき」に行くため、雨の日も濡れないようにひさしを設けています。また、暑い日にはミストが噴出し、暑さ対策としています。

(この記事は『私立中高進学通信2019年2・3月合併号』に掲載しました。)

麗澤中学校  

〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
TEL:04-7173-3700

進学通信掲載情報

【未来を切り拓くグローバル教育】世界へと視野を広げる『グローバルウィーク』
【目標にLock On!! 私の成長Story】温かい人たちに囲まれて過ごした6年間 弓道に打ち込みながら第1志望校に合格
【キャンパスのビジョン】古き良き伝統と新しさが調和した食堂「けやき」が誕生
【私学の校外学習・学外交流】伝統に息づく先人の志や願いに触れ国際社会を生きる基盤を培う
【目標にLock On!! 私の成長Story】クラスメートとの濃密な日々を通して得た成長と気づきが、未来を切り拓く原動力に
【目標にLock On!! 私の成長Story】楽しく学び、医学の道に進めたことに感謝するばかりの6年間
【学校生活ハイライト】日本の伝統・文化を深く学び表現する麗鳳祭
【グローバル時代の学び方】グローバルな視点を育むユネスコスクールの取り組み
【6年間の指導メソッド】実体験に根ざした教養教育を中学から
【大学合格力強化計画】「叡智」を磨く東大コースを新設 豊富な課外講座で万全の志望校対策
【私学の光輝】入学式 共に磨き合う仲間と迎える新たな門出
【校長が語る 思春期の伸ばし方】自分の夢を追いながら社会にも貢献できる人に
【学校生活ハイライト】チームワークとコミュニケーション力で「麗澤らしさ」を発揮する3日間
【10年後のグローバル社会へのミッション】知識と人間性を兼ね備えた 叡智にあふれるリーダーを育成
【その先に備える キャリア教育】一人ひとりを進むべき進路へ導く 道徳教育に基づくキャリア教育
【On Going! 進歩する私学の注目情報】道徳教育を基盤とする叡智を磨き真のリーダーを育成する『叡智コース』
【私学の光輝】〝誇り〟と〝謙虚〟さを胸に学校生活の第一歩を踏み出す
進学通信 2019年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ