LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年2・3月合併号

注目のPICK UP TOPIC!

田園調布学園中等部

情報収集、情報発信にフル活用
双方向の授業を拡充する

1人1台のChromebookを導入
あらかじめ送信されている課題が表示されています。予習してきた生徒たちの解答を、前方の電子黒板に映し、共有します。

あらかじめ送信されている課題が表示されています。
予習してきた生徒たちの解答を、前方の電子黒板に映し、共有します。

Chromebookを使い表現することを後押し

 ICTを活用し、生徒の積極的な学びを促すため、同校では、2018年度より中2生から高1生までの全員に、1人1台のChromebookを導入し、授業をはじめ、ホームルームや生徒会活動、部活動、家庭学習など、さまざまな場面で活用できるようにしています。700台近いChromebookを一度に導入する例は、全国的にも珍しく、先駆的な試みです。

「2014年度からiPadを導入し、授業で使う際に貸し出していましたが、需要が多くなってきたことから、いつでも全員が自分の端末を使えるようにと、1人1台導入しました。また、キーボードに慣れてほしいという狙いから、Chromebookを選定しました」(ICT教育推進室長/伊藤昌晴先生)

 Chromebookの導入により、同校が推進してきた双方向の授業が拡充しています。

「各教科、場面に応じてICT機器の利点を取り入れています。例えば理科では、生徒全員が予習してきたノートを授業で電子黒板や各自の端末に表示することができるので、クラスメートがどのような予習をしてきたか内容を確認して情報を共有しています。数学では、アプリを使用して、どんな関数でもすぐにグラフが描けるため、グラフを見ながら理論と結び付けて理解しやすくなりました。そのほか発表スライドの作成なども複数人が同時編集できるため、生徒は各自の端末で場所を選ばず効率良く資料作成を行うことができています」(情報科/村山達哉先生)

 このようにChromebookは、同校が現在力を入れている、「生徒が考え表現すること」を後押しする指導に適したツールです。このような学習を通じて、必要な情報を的確に選び、「わかりやすく表現して伝える」という、社会で求められる力を伸ばことができます。

 2020年度には、中2から高3までの全員がChromebookを持つことになります。今後、より広い範囲での活用により、的確な情報収集と発信の力をつけた生徒が育つと期待できます。

記入したノートを自分で撮影して、画像を送信すると、電子黒板に映され、全員で共有できます。クラスメートのノートも見ることができます。記入したノートを自分で撮影して、画像を送信すると、電子黒板に映され、全員で共有できます。クラスメートのノートも見ることができます。
Chromebookに入っているデータを元にノートに表としてまとめます。理解を定着させるために、手書きの利点も活かしています。Chromebookに入っているデータを元にノートに表としてまとめます。理解を定着させるために、手書きの利点も活かしています。
情報の授業でPCを使った楽曲制作の実習をしている様子です。Chromebookで曲の情報を確認して、デスクトップパソコンに打ちこんでいます。ChromebookとPCの良いところを効果的に使い分けています。情報の授業でPCを使った楽曲制作の実習をしている様子です。Chromebookで曲の情報を確認して、デスクトップパソコンに打ちこんでいます。ChromebookとPCの良いところを効果的に使い分けています。
イラストレーション研究同好会では、Chromebookを液晶タブレットとして画面に直接イラストを描いています。デジタルは元のデータが残せてすぐに立ち戻れるので、色調整も簡単にできます。イラストレーション研究同好会では、Chromebookを液晶タブレットとして画面に直接イラストを描いています。デジタルは元のデータが残せてすぐに立ち戻れるので、色調整も簡単にできます。
理科の授業ではスライドを用いて課題研究の発表を行っています。聞き手は発表をもとに相互評価を行い、発表者にフィードバックすることができます。 理科の授業ではスライドを用いて課題研究の発表を行っています。聞き手は発表をもとに相互評価を行い、発表者にフィードバックすることができます。
英語の授業では、英文を読んで本文に書かれている状況をスライドで表現します。作業を同時に分担してできるので、効率良い資料作成が可能です。 英語の授業では、英文を読んで本文に書かれている状況をスライドで表現します。作業を同時に分担してできるので、効率良い資料作成が可能です。

大学入試改革にも対応
理科・ICT教育推進室長 伊藤昌晴先生理科・ICT教育推進室長
伊藤昌晴先生

 生徒の日々の成果を集積しておくためにもChromebookを活用し、自己肯定感を高めることができます。2020年度からの大学入試では、学習活動や委員会、クラブ活動などにおいて生徒の主体的な学びや成果を記録し、生徒自身が評価して次に活かす「eポートフォリオ」が利用されることになります。Chromebookの導入は、こうした動きにも対応できるもので、すでに生徒たちは、自身の成果物や創作物を集積し始めています。


自己表現のツールとして
情報科・ICT教育推進室 村山達哉先生情報科・ICT教育推進室
村山達哉先生

 1人1台端末を所有することで、以前よりも生徒が自らICT機器を用いて表現・発表する機会が増えています。Chromebookは物理キーボードがついているため、必然的にローマ字入力を行う必要があり、タイピングの速度やスキルも向上しています。導入から1年がたち、生徒は授業や部活動・委員会など、学園生活のあらゆる場面で使いこなしています。今後は各々の活用方法を校内で共有する機会を設けるなどして、さらなる幅広い活用を期待しています。

(この記事は『私立中高進学通信2019年2・3月合併号』に掲載しました。)

田園調布学園中等部  

〒158-8512 東京都世田谷区東玉川2-21-8
TEL:03-3727-6121

進学通信掲載情報

【注目のPICK UP TOPIC!】情報収集、情報発信にフル活用 双方向の授業を拡充する
【キャンパスのビジョン】“人生100年時代”を生きる生徒へ 第二校舎~創造探究棟~
【その先に備えるキャリア教育】統計 “統計”教育によって社会で必要なスキルを身につける
【私学の英語最前線】高い英語力を維持する少人数制『取り出し授業』
【SCHOOL UPDATE】“未来へつなぐ土曜日”で外の世界へ一歩を踏み出す
【グローバル時代の学び方】ニュージーランドで学ぶターム留学がスタート
【6年間の指導メソッド】英語で主体的に発信できる生徒を育てる
【私学だからできるオリジナル教育】時代に合わせて進化 『土曜プログラム』講座
【注目のPICK UP TOPIC!】人としての「根っこ」を育てる6年間
【私学の光輝】なでしこ祭 Breakthrough“伝統と新しさ”を発信する場
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】思考力の高い生徒を育てる協同探求型授業
【SCHOOL UPDATE】オルセースクールミュージアム 21世紀型の主体力を育てる!!
【注目のPICK UP TOPIC!】友と重ねた毎日が今の自分に活きている
【SCHOOL UPDATE】土曜プログラム(コアプログラム) 発達に応じた多彩なテーマで「21世紀型スキル」を磨く
【10年後のグローバル社会へのミッション】自ら考え発信する「21世紀型スキル」を養う
【学びのプロセス】未来へつなぐ21世紀型スキル
【全人教室│心を育む私学の授業】21世紀型スキルを育む 土曜プログラムが進化・深化します
【On Going! 進歩する私学の注目情報】他との調和を図れる人間性を重視した国際人教育へ
進学通信 2019年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ