Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年2・3月合併号

注目のPICK UP TOPIC!

自由学園(男子部・女子部)中等科

4年に一度の音楽会を開催
芸術によって人間性を育てる

運営は生徒の協力によって
高等科・最高学部(大学部)・管弦楽・リビングアカデミーによるヘンデルのオラトリオ「メサイア」の合唱。2年前から練習を重ね12年ぶりにこの大曲に挑みました。

高等科・最高学部(大学部)・管弦楽・リビングアカデミーによるヘンデルのオラトリオ「メサイア」の合唱。
2年前から練習を重ね12年ぶりにこの大曲に挑みました。

総合的かつ本格的な学びが生徒の感性を磨く
男子部グリークラブの合唱。部活動の日頃の成果も披露されます。男子部グリークラブの合唱。部活動の日頃の成果も披露されます。

 同校は、「思想しつつ 生活しつつ 祈りつつ」という教育理念に基づき、実利実用だけによらない調和のとれた人間教育をめざしています。教科の学びに加えて、音楽、美術などを全員で本格的に取り組むことを大切にしています。4年に一度開催される東京芸術劇場での音楽会は、同校の行事の中でも最も重要なものの一つです。音楽科主任教諭の武田若菜先生は、そのねらいと意義を次のように話します。

「音楽科は創立者の『芸術によらなくては、本当の人間になれない、という部分がある』という言葉を土台としているので、素人が高みをめざして努力する過程で育まれる品性を会得することをねらいとしています。また、本格的な会場で、深い感動を味わわせたいと願っています。音楽の教科だけでなく、他教科とリンクさせた、横断的な学びとなることも大切にしています」

 各教科の横断的な学びについて、女子部中等科・高等科副部長の竹上尚子先生が話します。

「作曲家から直接話を聞き、歌詞の意味を考える中で歌のイメージをふくらませました。国語では、作詞者の生涯とその詩作について学びました。また、美術で曲のイメージを絵やデザイン画で表し、それをより深めると、演奏にもフィードバックができます。男子部では、音楽をテーマに木彫や俳句、習字で表現しました。こうした総合的な学びを通して、感性が磨かれるのです」

 生徒たちが作り上げるのは、音楽だけではありません。場面転換のセッティング、お弁当の手配など、運営も生徒たちが担います。高3生の常務(運営)リーダーのもと、責任を分担し、当日の成功を期して自らできることを考え、入念な準備をしてきました。

「音楽会後の感想文を読むと、想像以上にさまざまな気付きがあったことがよくわかります。一人ひとりが手応えを感じたことを知って、うれしく思いました」(女・男子部音楽教諭/佐々木順子先生)

 音楽会の準備・開催を経て得た成果は、これからの生徒たちの学びのバックボーンになっていくのです。

中等科・高等科・最高学部の弦楽合奏。それぞれの個性を凝集した合奏から、生まれる響きがありました。中等科・高等科・最高学部の弦楽合奏。それぞれの個性を凝集した合奏から、生まれる響きがありました。
今回お話をうかがった生徒の皆さん。音楽会の役職を果たし、大きく成長しました。今回お話をうかがった生徒の皆さん。音楽会の役職を果たし、大きく成長しました。
会場には、合唱曲をイメージした絵が展示されていました。音楽以外の教科とも関連づけた教育の一環です。会場には、合唱曲をイメージした絵が展示されていました。音楽以外の教科とも関連づけた教育の一環です。
この音楽会をテーマに生徒たちが書いた習字の展示もされています。この音楽会をテーマに生徒たちが書いた習字の展示もされています。
大役を果たした生徒にインタビュー
女子部高3・常務リーダー 坂井さん

「女子部全体のリーダーとして、各係の仕事がスムーズにできているかに目を配る立場でした。音楽会が近づくにつれて、全員の気持ちが高まり、まとまっていくのを感じました」

女子部高3 ・音楽会リーダー 行場さん

「女子部の合唱の練習を進める立場でした。必ずしも合唱が好きな生徒ばかりではない中で、先生と相談して練習方法を工夫するなど、みんなのやる気を引き出し、合唱への気持ちを高められるようにと考えていました。本番で歌い終わった後の余韻に、達成感を感じました」

男子部高3・常務リーダー 服部さん

「合唱は、声だけではなく、気持ちを合わせるものという思いで、全員が一体になることをめざしました。みんなにとって、どんな小さなことでも得るものがあってほしいと思っていました」

男子部高3・音楽会リーダー 重村さん

「みんなの良い部分を伸ばすにはどうするかを考えました。練習ではうまくいかないこともありましたが、本番で一番いい出来だったことが、とてもうれしかったです」

男子部中3・合唱リーダー 工藤さん 山本さん

「男子中学生は変声期もあって、声が出にくいため、意識を向けるのが精神的にも大変でしたが、練習を重ねることでみんなの意識が変わっていって、まとまりが出ました。本番では大きな拍手をもらえました」

男子部中2・ステージ椅子並べリーダー 中川さん

「中2生をまとめて、椅子の配置の取り仕切りをする役割でした。全員でするということで、やりがいを感じ、やる気が出ました」

演奏者の椅子を並べるのは、男子部中2生が担当するのが伝統です。高3の先輩に4年前の経験を聞いて、校内で練習を重ねました。

演奏者の椅子を並べるのは、男子部中2生が担当するのが伝統です。
高3の先輩に4年前の経験を聞いて、校内で練習を重ねました。

(この記事は『私立中高進学通信2019年2・3月合併号』に掲載しました。)

自由学園(男子部・女子部)中等科  

〒203-8521 東京都東久留米市学園町1-8-15
TEL:042-422-1079(女子部)/042-428-3636(男子部)

進学通信掲載情報

【注目のPICK UP TOPIC!】4年に一度の音楽会を開催 芸術によって人間性を育てる
【校長が語る 自立へのプロセス】徹底的な対話を通して、問題点を解決していく
【校長が語る自立へのプロセス】自分の責任を果たす中で、社会を学んでいく6年間
【子どもの自立を促す教育】実生活の要素を教材とし生き生きと主体的に学ぶ 学園の生活と学びが凝縮された『学業報告会』
【こどもの自立を促す教育】好きなテーマについて研究し導き出した答えを共有していくことで学びが深まる『学業報告会』
【The Voice 新理事長インタビュー】「いのち」と「自由」を使い切り自分だけの道を歩む伝統の教育
【目標にLock On!! 私の成長Story】自治の生活が育んだ どんな状況でも力強く生き抜く力
【私学の光輝 】第31回美術工芸展 創立者の羽仁もと子が提唱した“生活や自然と共にある美”を表現
【学校生活ハイライト】児童から学生までが趣向を凝らし来場者一人ひとりをおもてなし
【The Voice 新校長インタビュー】「生活即教育」の揺るがぬ理念が理想論ではない本物の人間力を育成
【私学の光輝】入学式 「自治」の6年間を共にする仲間たちとの出会いの日
【未来を生き抜く学力のつけかた】日々の生活と連動した実学の学びが社会で生きる力を育む
【自立と自律】自分たちのことは自分たちの手で「自治」が育む、生き抜く力
進学通信 2019年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ