LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年1月号

未来を切り拓くグローバル教育

春日部共栄中学校

バンクーバー語学研修で
英語が“使える”生徒を育む

語学研修と異文化を体験する3週間
カナダ・バンクーバー語学研修の一コマ。カナダの文化を学ぶ機会もあり、英語での説明に、生徒たちは興味深く耳を傾けています。

カナダ・バンクーバー語学研修の一コマ。
カナダの文化を学ぶ機会もあり、英語での説明に、生徒たちは興味深く耳を傾けています。

英語に浸る日々を3年間で段階的に増やす

 創立時から力を入れている英語の授業はもとより、同校はさまざまなグローバルプログラムで、生徒の英語力や異文化理解力を育んでいます。

 中1・中2では夏休みの3日間を外国人講師と過ごす『グローバルイングリッシュプログラム』、中3では全員参加で約10日間、英語だけを使って4技能を高める “校内留学”の「K-SEP(Kyoei Summer English Program)」を実施しています。

 K-SEPで英語力を鍛えた1週間後、中3の夏休みには3週間のカナダ・バンクーバー語学研修を実施。前半はブリティッシュコロンビア大学の寮に寄宿して学び、後半はホームステイを体験します。希望制ですが中3生の約8割が参加します。

「普段の英語の授業では、日本人教員・外国人講師にかかわらず、英語を使った授業を進めています。そのため、自分の英語力を試したいと、参加する生徒が多いのではないかと思います」(英語科/赤松美由紀先生)

「先輩から海外プログラムの楽しさや成長できたことを聞いて興味を持ち、参加する生徒も多いです。全員参加のK-SEPのあとに行くので、モチベーションもアップし、積極的に英語を話していました」
(英語科/武井宏樹先生)

 2017年度からは、語学研修だけでなくカナダの歴史や文化、自然に触れる異文化理解体験を含めた内容へとグレードアップしています。

K-SEPで培った英語力のままバンクーバーへ

 バンクーバー語学研修では、午前は英語を第二言語とする学習者のためのプログラム「ESL(English as a Second Language)」の授業で学び、午後はさまざまなアクティビティに参加します。現地の博物館を訪ねたり、先住民族の話を聞いたりと一歩踏み込んだ活動を多くしています。

 現地でスムーズに過ごせるように、同校では実践的な英会話レッスンやホームステイ先での過ごし方をレクチャーするなど、事前準備も手厚く行っています。それでも、現地で困ることは出てきます。

「とくにホームステイ先では、困ったことが起きても、自分でホストファミリーに英語で話しかけ、話し合って解決しなければなりません。そうした体験から得た姿勢が帰国してからも活かされています」(武井先生)

「研修に参加した経験から何とか英語を聞き取ろうとする姿勢が身につき、英語力が伸びています」(赤松先生)

 ESLの最終日には「カナダと日本の比較」などをテーマにしたプレゼンテーションを行います。今後は、さらに深い考察ができるように、現地スタッフとやり取りし、異文化理解を深める内容にESLの授業を改善していく予定です。

Interview
バンクーバーで英語体験

バンクーバー語学研修での体験について、参加した中3生と引率で同行した先生方に話を聞きました。

Q現地の授業はどうでしたか?

土橋さん
ネイティブの先生が英語でどんどん授業を進めていくので、最初は大変でした。

福田さん
授業で自分の言いたいことがうまく言えなくてもどかしい思いをしました。

武井先生
現地のカナダ人の中高生が授業のアシスタントとして入ってくれました。同じ年代の現地生のサポートもあり、英語で受け答えすることが、とても良い刺激になったと思います。

Qホームステイ体験はいかがでしたか?

福田さん
ホストファミリーがいろいろなところに連れていってくれて、とても楽しかったです! 夜は海に行ってカニ取りもしました。家に持ち帰って蒸して食べておいしかったです。

土橋さん
ホームステイ先では食事の量が多くて、最初は残したら申し訳ないと思って食べていましたが、数日後、思い切って「減らしてほしい」と言うことができました。ホストファミリーと訪れた、ブルーベリー畑にあるカフェのワッフルがとてもおいしかったです。

田辺先生
ホームステイ先の選定は、生徒の英語力や趣味、アレルギーなどの情報に基づいて行っていますので、生徒の事情もくんでくれて安心です。家庭ごとにさまざまな体験ができたようですね。

Q研修を終えて英語力はアップしましたか?

土橋さん
ホストファミリーとずっと英語で話していたので、リスニング力が上がりました。しっかり聞こう、伝わるように話そうと思っていたのが良かったのだと思います。自分の知っている単語をつなげて話せば伝わるものだと実感しました。英語をがんばって勉強し、また海外に行ってみたいです。

福田さん
その場の状況や相手の表情を見て、言いたいことを予測したりするのもコミュニケーションには大切だなと思いました。また海外に行きたいです。

田辺先生
私たち教員は現地では見守りが中心で「こうしたらうまくいくよ」という助言をするにとどめています。それぞれ困難を乗り越えようとする様子が見られました。異文化の中で人とコミュニケーションする強さを身につけたと思います。

多彩なアクティビティで、カナダの日常生活を体験。現地の先生が話す英語も、次第に聞き取れるようになっていくそうです。多彩なアクティビティで、カナダの日常生活を体験。現地の先生が話す英語も、次第に聞き取れるようになっていくそうです。
ESLの授業は、第二外国語として英語を指導する専門教員によって行われるため、非常にわかりやすいと生徒たちに大好評でした。ESLの授業は、第二外国語として英語を指導する専門教員によって行われるため、非常にわかりやすいと生徒たちに大好評でした。
上段左から星善博教頭先生、英語科の田辺友美先生、英語科の武井宏樹先生。下段左から福田さん(中3)、土橋さん(中3)。上段左から星善博教頭先生、英語科の田辺友美先生、英語科の武井宏樹先生。下段左から福田さん(中3)、土橋さん(中3)。
Others
高校では多彩な海外研修でさらに視野を広げる
世界トップクラスの大学を訪問するボストン研修世界トップクラスの大学を訪問するボストン研修

 高校では、高1・高2を対象とする「ボストン・グローバル人材教育プログラム」「オーストラリア語学研修」や、高2生全員が参加する「オーストラリア修学旅行」などを実施し、さらに海外への視野を広げています。

 ボストン研修では、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学の留学生と共にグループワークでディスカッションをするなど、高度な取り組みを実施。英検2級レベルの生徒を対象とし「英語で考え、英語で表現する力」の育成をめざしています。

 同校には、民間団体の留学制度を活用して海外に留学する高校生もいます。毎年開催する海外進学希望者向けの進路説明会には、高校生に交じって中学生の姿もあり、興味を持つ生徒の多さがうかがえます。チャレンジしたい気持ちがあれば、海外研修プログラムでも、進路指導面でもしっかりサポートしています。

先生から一言
グローバルな視点を持つには日本をよく知ることも大切
星善博教頭先生星善博教頭先生

 これからのグローバル社会を生きる生徒には、自分の足元をよく知っていてほしいと思っています。日本語や日本文化を理解し、世界の中での日本の状況を把握できて初めて、異文化理解が成り立つのです。

 本校では日本文化を理解するために、京都への修学旅行をはじめ足利学校や浜離宮、浅草を訪れて「日本を知る」機会をふんだんに取り入れ、日本国内のグローバル化を取り上げるなど、グローバル人材の土台となる学びを行っています。

 日本を知り、英語をツールとして多方面で活躍する。それで初めてグローバル人材といえるのではないでしょうか。

(この記事は『私立中高進学通信2019年1月号』に掲載しました。)

春日部共栄中学校  

〒344-0037 埼玉県春日部市上大増新田213
TEL:048-737-7611

進学通信掲載情報

【学校ってどんなところ?生徒の一日】早朝から放課後まで充実の学校生活を紹介!
【未来を切り拓くグローバル教育】バンクーバー語学研修で英語が“使える”生徒を育む
【Students' Chat Spot】学校行事を通じてクラスの結束力が強くなりました
【Students' Chat Spot】勉強も行事も部活動も、日々アクティブに取り組む
【グローバル時代の学び方】体験型プログラム重視のバンクーバー語学研修
【SCHOOL UPDATE】新体育館『至誠館』完成 建学の礎「至誠一貫」のもと知・徳・体を育むために
【注目のPICK UP TOPIC!】基礎の積み重ねが学習の確かな土台を築く
【学校生活ハイライト】学びも行事も一生懸命に取り組む それが春日部共栄のスタイル
【グローバル時代の学び方】海外大学への進学を視野に『K-SEP』で英語力強化
【10年後のグローバル社会へのミッション】“使える英語”のために 実践を重視した充実の独自プログラム
【学校生活ハイライト】「Our World」をテーマに生徒、先生、保護者、地域の人々もみんなが一つになる藤桐祭
【私学の先生から受験生へのアドバイス】基礎力と考える力を問う良問を出題 入試種別が一部変更で門戸拡大!
【私学の光輝】K‐SEP
【Students' Chat Spot】勉強にもスポーツにも高い目標を持つ文武両道の生徒たち
進学通信2019年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ