LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年1月号

Students' Chat Spot

和洋九段女子中学校

プレゼンのおかげで
人前で話すことが得意になりました!

5階にあるフューチャールームは、ICTを活用した授業を行うための教室。2.4m×6mの巨大スクリーンには、生徒一人ひとりのタブレット画面を一度に表示できます。

5階にあるフューチャールームは、ICTを活用した授業を行うための教室。
2.4m×6mの巨大スクリーンには、生徒一人ひとりのタブレット画面を一度に表示できます。

世の中の変化に対応した女子教育を実践し、現在は英語、ICT、コミュニケーション力などの教育に重点を置く同校。恵まれた環境の中、多くの生徒が楽しい学校生活を送っています。今回は、中2の各クラスの学級委員4名に集まっていただき、学校生活の様子や、学校の好きなところなどを聞いてみました。

M.Nさん(中2)M.Nさん(中2)

体操部からダンス部に転部。得意科目は美術。「幼稚園から英語を習っていて『もっと英語を勉強したい』と思い、この学校を受けました」

H.Kさん(中2)H.Kさん(中2)

英語部に所属。得意科目は社会科。「学校のパンフレットを見た後、見学に来て『生徒の雰囲気がいいな』と思い、受験しました」

C.Kさん(中2)C.Kさん(中2)

バレーボール部に所属。得意科目は英語。「5歳から英語を習っていて、英語教育に力を入れている中学校がいいなと思って受験しました」

A.Oさん(中2)A.Oさん(中2)

空手道部に所属。得意科目は数学。「直感でこの学校を選んで受験しました。勉強する癖をつけることができて、良かったと思います」

――皆さんのクラスはそれぞれどんな様子ですか?

H・Kさん
元気でいつも明るいクラスです。体育祭などの行事の時は、団結して取り組んでいます。

A・Oさん
休み時間も仲良しで、居心地の良いクラスです。

M・Nさん
授業にも積極的に参加しています。発言が絶えないです。

C・Kさん
1年生の時は笑いが止まらなくなって、先生に怒られるくらいでした(笑)。今のクラスは、大人しい子も活動的な子もいます。

――授業でとくに印象に残っていることは?

M・Nさん
いろいろな教科でプレゼンの授業があります。与えられた課題について班で話し合って、それをみんなの前で発表するので、プレゼン能力が身につくと思います。

C・Kさん
最近、英語の授業でプレゼンをやったのが楽しかったです。例えば自分の行ってみたい国について調べて、その理由を自分で考えて話したりしました。

H・Kさん
英語で考えてプレゼンするので、難しいけど、楽しいです。

C・Kさん
社会科を中心に、国連のSDGsの課題に中1の夏頃から取り組んでいます。

M・Nさん
例えば「飢餓をなくそう」という取り組みとか……。

H・Kさん
SDGsに積極的に取り組んでいる企業や団体を訪問してお話をうかがう機会もあります。中1の時、ユニリーバ・ジャパンに訪問させていただきました。初めての訪問で不安でしたけど、支援活動についてすごく詳しく教えてくださって、社内見学もさせていただきました。

A・Oさん
国語の授業では、みんなが一番良いと思った本を決める「ビブリオバトル」もあります。一人1冊自分の好きな本をグループ内で紹介して、その後グループの優秀者がクラスで発表します。

C・Kさん
英語では、ネイティブの先生が週に1回、英語の発音や文法のチェックをしてくださいます。

――どんな先生が多いですか?

A・Oさん
明るい先生が多くて、とても話しやすいです。

H・Kさん
中1の頃は、職員室に入る時に緊張していたけど……。

C・Kさん
職員室に行くと「入ってきて」と明るく声をかけてもらえるので、今は迷いなく入れます。

H・Kさん
私たち学級委員は、毎日職員室に行っています。ショートホームルームの時、職員室に担任の先生を呼びに行って、教室まで移動する間に先生といろいろ話しています。

M・Nさん
今日の楽しかった授業やその日のクラスの雰囲気について話します。

――印象に残っている行事は?

M・Nさん
体育祭や文化祭では、先生ではなく生徒が中心になっていろいろな企画を実行しているので、行動力や構成力が身につくと思います。

H・Kさん
私は体育祭のダンス係になって、みんなの振付を考えました。タブレット端末でダンスを録画して、それを見直しながら練習しました。中3の体育祭(2019年5月)のダンス係もやることが決まっていて、今から準備を始めています。

C・Kさん
高3になると体育祭のクライマックスで「扇の舞」という舞踊を踊るのが伝統で、中1の時から「私たちもあんな舞を踊りたい」と目標にしています。

H・Kさん
文化祭では、クラスごとにいろいろな国の文化などを調べて発表したり、その国に関係するお菓子を販売したりしました。

C・Kさん
私のクラスはスペインがテーマだったので、個包装で販売できるお菓子を調べて、ポルボロン(クッキー)を販売しました。

A・Oさん
私たちはフィンランドについての展示とクラス紹介のPVを作りました。観る人が楽しめるように、テレビ番組の『逃走中』みたいな作りにしました。

M・Nさん
私たちはお化け屋敷をやりました。イギリスにある病院をイメージしたセットを作って、その病院の設定をお客さんに説明するための映像も作りました。ネイティブの先生にも手伝ってもらいながら英語の音声や英語と日本語の字幕も入れて、完成度の高い映像ができました。

C・Kさん
こうした行事を通して、クラスの結束が強くなったと思います。

――高校の先輩との交流はありますか?

M・Nさん
ほとんどの部活動が、高校の先輩と一緒に活動しています。

H・Kさん
英語部では英語でミュージカルをやります。毎年、高2の先輩が振付、演出、脚本を考えてくれます。

C・Kさん
うちのクラスには英語部の人がいっぱいいるけど、個人で発音の練習をしているのを聞いて「クオリティーが高いな」と思います。

H・Kさん
先輩たちはみんな発音がきれいで、私たちも先輩みたいな発音で演技したいと思っています。

――この学校に入って自分が成長したと思うことは?

H・Kさん
以前は人から「こうじゃない?」と言われるとそれに流されてしまって、あまり自分の意見を主張してこなかったんです。でもプレゼンの授業で、たくさんの意見を聞いたりまとめたりすることを経験して、人に惑わされずに自分の意見を言えるようになったし、一つの物事に対していろいろな見方ができるようになりました。

C・Kさん
私もプレゼンを経験して、人前で話すことが得意になりました。それに、以前は年上の人と話すのが苦手だったけど、先輩と一緒に部活動をやっているおかげで大分慣れました。

M・Nさん
小学校の時は人と関わることが苦手で、休み時間はお絵描きしたり本を読んだりしていました。でもこの学校に入学して、人とコミュニケーションをとることに慣れたおかげで、今は休み時間も友達と積極的におしゃべりするようになりました。

A・Oさん
小学校の頃は勉強が嫌いだったけど、この学校に入ってからスタディステーション(自習スペース)に行くようになって、勉強が好きになりました。職員室が近いので、先生にも質問しやすいんです。

――この学校の好きなところ自慢できるところは?

H・Kさん
自分たちが「こうしてほしい」と自由に言える環境があって、何かしら働きかけると、先生方が前向きに考えて動いてくださるところが良いと思います。

M・Nさん
部活動で高校の先輩からいろんな技を教わることができます。顧問の先生も熱心に教えてくれます。

C・Kさん
各教室にプロジェクターがあるんですけど、そういう機械や設備がいっぱいそろっているところがすごいと思います。

A・Oさん
プレゼンを行うフューチャールームは壁一面大きなスクリーンになっていてすごいと思います。普通の教室よりも集中できるし、楽しいです。

C・Kさん
机も大きいから資料を広げやすいです。3Dプリンターも置いてあります。

A・Oさん
普段の授業以外に、夏期講習、冬期講習があって、受けたい授業を受けられます。

C・Kさん
主要5教科のほかに、華道、茶道という日本文化など、いろいろな授業があります。

H・Kさん
中1の夏期講習では、美術館に行きました。今年の冬期講習はいろいろな教科の先生が組み合わさって、国語と社会科、家庭科と数学などのコラボ授業もあります。

C・Kさん
あと、冬期講習では高校の先生が社会科の内容でカードゲームをやってくださるそうなので、楽しみです。

M・Nさん
それと、私たちの代から新制服になったのですが、制服に合わせて作られている学校指定のバッグが気に入っています。リュックになっているので、登校する時も楽です。

C・Kさん
バッグにはタブレット端末を入れるスペースもあって、そこに入れておくと壊れにくいです。

A・Oさん
カフェテリアも好きです。トマトラーメンがすっきりさわやかで美味しいんです。

C・Kさん
ハロウィンやクリスマスの時期には特別メニューになります。また月に1回、「世界の料理の日」もあるんです。

「人に惑わされずに自分の意見を言えるようになりました」
「この学校に入って勉強が好きになりました」
「プロジェクターなど機械や設備がそろっています」
「友達と積極的におしゃべりできるようになりました」
英語の授業英語の授業
華道の授業(必修)華道の授業(必修)

(この記事は『私立中高進学通信2019年1月号』に掲載しました。)

和洋九段女子中学校  

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-12
TEL:03-3262-4161

進学通信掲載情報

【グローバル特集 海外研修[アジア]】多文化を肌で感じる中3・シンガポール研修旅行
【中1の始め方】PBLでお互いを尊重する姿勢を身につける
【Students' Chat Spot】プレゼンのおかげで人前で話すことが得意になりました!
【私学の英語最前線】初心者の英語力も伸ばす『グローバルクラス』
【私学の校外学習・学外交流】SDGsに関する取り組みを取材してプレゼンする
【The Voice 校長インタビュー】多様化する社会に向けた発想と思考を自ら伸ばす独創的な教育改革を推進
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】PBL型の授業で積極性と表現力が伸びる
【私学の光輝】入学式 2017年、春『グローバルクラス』がスタート
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】注目のPBL型授業にアクティブラーニングをプラス
【SCHOOL UPDATE】創立120周年の節目を迎えて 教師陣の熱意あふれる学校改革
【The Voice 新校長インタビュー】創立120年の歴史を誇る伝統校が挑むグローバルな21世紀に向けた大改革
【Students' Chat Spot】高1の希望者を対象に、オーストラリア姉妹校への留学とホームステイを実施
【私学の光輝】体育祭 高校3年生の『扇の舞』は6年間の集大成
【中1の始め方】管理ではなく寄り添うことで生徒の自主・自律を見守る
【On Going! 進歩する私学の注目情報】社会のグローバル化 情報化に適応しながら自らを表現できる女性に
【私学の光輝】新校舎完成
【母校にエール!OGOB interview】友達・先生との強い絆があって未来への第一歩を踏み出せました
【大学合格力強化計画】生徒と先生の信頼関係をベース 一貫校ならではの手厚い指導を展開
進学通信2019年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ