LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年1月号

未来を切り拓くグローバル教育

文化学園大学杉並中学校

中学に来春新設
DDダブルディプロマ準備コース

2019年よりカナダ式21世紀型教育を中学から体感
中1の英語のクラスは、生徒のレベルに応じて複数に分け少人数制で習熟度別に取り組んでいます。中1で基礎を固め、中2からの高度な英語の授業にも対応できるまでの力を身につけていきます。

中1の英語のクラスは、生徒のレベルに応じて複数に分け少人数制で習熟度別に取り組んでいます。
中1で基礎を固め、中2からの高度な英語の授業にも対応できるまでの力を身につけていきます。

カナダの卒業資格も得られるダブルディプロマ実施校

 2018年度から男女共学となり、中1と高1に男子生徒が入学。『感動の教育』を建学の精神とする同校にとって共学化は、多様な価値観を育み「21世紀型教育」をさらに前進させるものでした。

 同校は2015年より、高校に『ダブルディプロマ(DD)コース』を設置しています。DDコースの生徒は、同校の高校とカナダのブリティッシュコロンビア(BC)州の高校の両方に在籍することとなり、日本のカリキュラムとカナダのカリキュラムを、同時進行で受講することができるのです。

 カナダのカリキュラムは、BC州の教員による英語の授業を受講します。2つのカリキュラムを学ぶため1日の授業時数は7~8コマとなりますが、卒業時には、日本とカナダの高校卒業資格を得ることができます。そのため、海外大学への進学もスムーズで、国内私立大学へも帰国生として受験が認められることもあります。この場合、一般入試と合わせて同じ大学を2回受験できることも。実際に2017年度に卒業したDDコースの一期生は、難関海外大学や国内有名私大の合格を手にしました。

 そして何より英語でカナダ式の「21世紀型教育」を受講できるため、英語力はもちろん、表現力や思考力、読解力、判断力が飛躍的に伸びることが期待されます。

中学『DD準備コース』も英語「で」学ぶ

 関心の高まりを受け、2019年度からは中学にも『DD準備コース』を新設。中学入学後、希望によって、中2から『DD準備コース』か『中高一貫コース』を選べるようになります。

 両コースの違いは英語の授業にあり、DD準備コースは週10時間のうち8時間をBC州教員が担当し、カナダのカリキュラムに沿った内容で実施。

 一方の中高一貫コースでは週9時間、英語の授業があり、このうち欧米出身のネイティブ教員が7時間を担当します。中高一貫コースが“英語「を」学ぶ”のに対し、DD準備コースは“英語「で」学ぶ”というスタイルの違いがあります。

 中学においては英語以外の授業は共通カリキュラムで行い、学費の違いはありません。DD準備コースは、英検4級レベル以上であれば希望者全員が受講可能です。また、中高一貫コースでも高い英語力が培われるので、高校からDDコースに進むことも可能です。

 同校では、DD準備コースに加え、2019年度から、「STEAM教育」(※)を強化していきます。プログラミングやロボット制作などを行うLABO教室も新設するなど、その準備は着々と進んでいます。

 共学化だけではなく、新しい挑戦を続ける同校の動きに目が離せません。

※STEAM教育……科学・数学・技術領域に重点をおく教育として注目されているSTEM教育に、「A(ART)」=芸術を加え、理数系の科目や芸術領域に力を入れる教育方針。ファッションや美術の分野で専門学部を有する系列大学の存在がある同校ならではの取り組みが期待できます。

Action Report File001
世界水準の授業で英語力や思考力が向上
カナダの21世紀型教育を杉並で!
松谷茂校長先生松谷茂校長先生

「DDコースを新設して4年になりますが、カナダの教育は改めて日本の生徒になじみやすいカリキュラムだと感じています。1日7~8時間の授業をこなすなど、両校の単位を取ることには努力が必要ですが、カナダ式の教育はアクティブラーニング形式が主なので、生徒たちも楽しんで取り組んでいるようです」

 と、松谷茂校長先生は話します。

 DDコースには例年、カナダの教育省から7~8名の教員が派遣されています。授業の様子を見ていると、日本で従来行われてきた教育スタイルとはまったく違う教え方で、驚かされることもあるそうです。

 経済協力開発機構加盟国で比べた、生徒の学習到達度調査2015年度の調査によると、読解力は35カ国中、日本が6位だったのに比べ、カナダは1位でした。このようにカナダ式の教育では読解力で大きな力がつき、日本の模擬試験や英語の検定試験でもハイスコアにつながっていると松谷校長先生は言います。

「DDコースの一期生は高校入学時に英検準2級レベルの生徒が約半数でしたが、高3では6割以上が準1級、さらに3割は1級レベルまで到達して驚きました」

 一期生は13人でしたが、うち5人は海外大学へ進学し、世界大学評価ランキングで東大を上回る大学も含まれています。国内でも早稲田大学や国際基督教大学などの難関私立大学へ合格しており、取り組みの成果が証明されました。

中高一貫コース・DD準備コース

Action Report File002
STEAM教育を本格導入
Art分野の強みも生かす

 グローバル化とIT化が急速に進む社会で活躍するために、同校では2019年度から、科学・技術・工学・数学に芸術をプラスした「STEAM教育」の強化に乗り出します。

 共学化の影響もあり、理系を志望する生徒が増えたこともありますが、「文系の生徒であっても、理系の知識教養はこれからの社会に欠かせません。幅広く文系理系両方で興味や関心を広げてもらいたいです」

 と松谷校長先生は話します。理系分野を強化するにあたり、STEAM教育の本場であるアメリカでの研修にも参加してきたそうです。

 具体的な取り組みとして中学では、新設されるLABO教室でプログラミングやロボット製作に取り組み、理科系の科目では実験の頻度を増やすなどして、興味・関心を持ってもらうことを主眼とします。高校では、特別進学コースに理数クラスを設置し、探究学習などを通してさらに深い研究に取り組んでいくことになります。

 また、系列の文化学園大学は服装学部や造形学部を有することから、デザインや表現といったアートの分野について、専門的な授業を受けられるのも同校の強みです。

「社会が抱える課題を解決するため、自分は何ができるのかをよく考え、工夫したり、アイデアを出し合ったりして、困難を乗り越える力をつけてもらいたい。そのためにSTEAM教育は有効であると考えています」
(松谷校長先生)

「被服造形」の授業を選択した生徒による青凛祭のファッションショー「被服造形」の授業を選択した生徒による青凛祭せいりんさいのファッションショー
主体的に学び、考えるアクティブラーニング型授業を全教科で取り入れています主体的に学び、考えるアクティブラーニング型授業を全教科で取り入れています

(この記事は『私立中高進学通信2019年1月号』に掲載しました。)

文化学園大学杉並中学校  

〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南3-48-16
TEL:03-3392-6636

進学通信掲載情報

【未来を切り拓くグローバル教育】中学に来春新設 DD準備コース
【私学の英語最前線】英語で他教科を学ぶ新コースを中学に開設
【中学入試のポイント】教科への集中力を見る「英」「算」特別入試
【学校生活ハイライト】表現する楽しさに満ちているから訪れる人も心から感動
【中学入試のポイント】英・算の特別入試を導入 共学化で新時代へ
【SCHOOL UPDATE】中学『ダブルディプロマ準備コース』開設 世界水準の学びに備える中学からの英語教育プロジェクト
【SCHOOL UP DATE】男女共学化で“協働”を学び 適応力を磨く教育改革
【中1の始め方】めざすべきゴールに向かって『自律』を育むことが学校生活の第一歩
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】ダブルディプロマコースで自ら学ぶ生徒を育てる
【グローバル時代の学び方】バイリンガル教育で日本にいながら“海外校”
【注目のPICK UP TOPIC!】日本で唯一の「ダブルディプロマコース」
【授業見聞録】カナダ人教師によるグローバルな教育
【学校生活ハイライト】勉強も行事も大切!生徒みんなの力を結集した元気いっぱいパワー全開の体育祭
【注目のPICK UP TOPIC!】日本初「ダブルディプロマコース」が発足!
【10年後のグローバル社会へのミッション】自分の可能性を世界で開花させる2カ国の卒業資格
【Students' Chat Spot】スクールモットーは「燃えよ! 価値あるものに」将来を見据え、卒業後も活かしていける学びを実践
【キャンパス歩き】勉強もスポーツも作法も趣味も!女子が輝く多彩な施設
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】日本人らしさを身につけ 国際感覚を備えた心優しい「大和撫子」を育みます
【めざせ 次代のグローバルリーダー】日本と海外両方の高校卒業資格を取得できるコースが国内で初めて誕生
進学通信2019年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ