LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年1月号

学校生活ハイライト

目白研心中学校

先輩から後輩へと“物語”を紡ぐ
平成最後を飾る『桐陽祭とうようさい

2018年度の東京都高等学校体育連盟の東京都大会で、3層部門と2層部門のW優勝を決めたチアリーディング部。究極のパフォーマンスで観衆をわかせました。

2018年度の東京都高等学校体育連盟の東京都大会で、
3層部門と2層部門のW優勝を決めたチアリーディング部。究極のパフォーマンスで観衆をわかせました。

創立から95年の歴史を重ねる秋の一大イベントが『桐陽祭』です。毎年大勢の来場者が訪れます。今年は“時代”を意味する「period」をテーマに掲げて、中学生も高校生も一致団結して名物行事を盛り上げました。

熱い思いが交差する
部活動のパフォーマンス
チアリーディング部のチーム名は「POLARIS」。中高合わせて100名を超える生徒が日々元気に活動しています。チアリーディング部のチーム名は「POLARIS」。
中高合わせて100名を超える生徒が日々元気に活動しています。

 平成最後の文化祭に対するリスペクトを込めて、テーマを「period」と定めた2018年度の『桐陽祭』。中高の運営委員会メンバーが話し合いを重ねて決定した、こだわりのテーマです。

「periodには“時代”という意味もあります。中学生は、1学期に授業で取り組んだ研究発表や作品展示を中心に参加しました。また、部活動も盛んな学校として、日々の練習の成果もたくさん披露します。そんな僕らの“時代”を楽しんでください」(中学校運営委員長/Y・Sくん/中3)

 トップレベルで活躍する部活動も複数あり、桐陽祭には例年、その高いパフォーマンスを楽しみに、多くの来場者が訪れます。そんな熱い期待を真っ正面から受け止めて練習を重ねてきた生徒たちの、とっておきの青春が弾けます。生徒を代表して、創作ダンスを得意とするダンス部のメンバーに話を聞きました。

「桐陽祭を最後に引退する高3生は、夏の初めから一致団結して練習に臨んできました。その日々を誇りにして、ラストステージを楽しみます!」(N・Yさん/高3)

「引退する先輩たちを最高の笑顔で送り出せるよう、高1生・高2生の私たちもがんばります!」
(M・Rさん/高2)

 一歩先を行く先輩と、それに追いつこうとする後輩の熱い思いが一つに交わる、感動のステージがここにありました。

普段は外部で練習していることが多い野球部。ブースを作り、夏の大会の試合ビデオを上映したり、部の紹介をしていました。普段は外部で練習していることが多い野球部。ブースを作り、夏の大会の試合ビデオを上映したり、部の紹介をしていました。
ダンス部高1生・高2生のパフォーマンス。「先輩たちを最高の笑顔で送り出したい!」との思いが詰まったエネルギッシュなステージでした。ダンス部高1生・高2生のパフォーマンス。「先輩たちを最高の笑顔で送り出したい!」との思いが詰まったエネルギッシュなステージでした。
ダンス部が得意とするのは創作性。一つひとつの場面がつながって物語となっていきます。ダンス部が得意とするのは創作性。
一つひとつの場面がつながって物語となっていきます。
ダンス部を引退する高3生から後輩たちへ感謝の言葉。感動のフィナーレは、バトンを受け継いだ後輩たちにとっての新しい出発でもありました。ダンス部を引退する高3生から後輩たちへ感謝の言葉。感動のフィナーレは、バトンを受け継いだ後輩たちにとっての新しい出発でもありました。
人気を集めていた華道部の展示。個人作品から共同作品まで秀作ぞろいでした。人気を集めていた華道部の展示。個人作品から共同作品まで秀作ぞろいでした。
高3はクラスでの参加はないので、生徒会や有志で総合案内や、パンの販売などを手伝いました。高3はクラスでの参加はないので、生徒会や有志で総合案内や、パンの販売などを手伝いました。

(この記事は『私立中高進学通信2019年1月号』に掲載しました。)

目白研心中学校  

〒161-8522 東京都新宿区中落合4-31-1
TEL:03-5996-3133

進学通信掲載情報

【校長が語る自立へのプロセス】失敗してもいいから積極的にやってみるそうした体験の中で人は作られます
【学校生活ハイライト】先輩から後輩へと“物語”を紡ぐ平成最後を飾る『桐陽祭』
【行ってきました!学校説明会レポート】説明会、校内見学、個別相談 生徒たちがイキイキと活躍!!
【The Voice 校長インタビュー】英語」と「体験」が育むグローバル教育来年度より「次世代スキル入試」も導入
【SCHOOL UPDATE】英語力や表現力を評価発信する力を伸ばす
【大学合格力強化計画】右肩上がりで上昇する合格実績 確かな進路選択で目標達成をめざす
【校長が語る 思春期の伸ばし方】思春期はさまざまな体験をさせ 未来を生きる力を育むチャンス
【Students' Chat Spot】『じぶん、世界化。』をテーマに、「コミュニケーション力」「問題解決力」「自己肯定力」の3つの力を伸ばし、グローバルに活躍する人を育てる
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】異文化理解と発信力を高める社会科「世界事情」の授業
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】活発なグループワークを通じて“自ら気づく学び”を実践
【キャンパスのVISION】生徒の個性を尊重し心の成長と自学自習の力を育むキャンパス
【10年後のグローバル社会へのミッション】10年後、20年後のグローバル社会に適応できる人材育成を
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】主体的に将来を選び取る3段階の選択ステージ
【The Voice 校長インタビュー】自分で人生を選択できる人間を育てたい これからの生徒達のための一貫教育へ
【キャンパス歩き】空が広い高台のキャンパス 光あふれる校舎が生徒をのびやかに育みます
【めざせ 次代のグローバルリーダー】英語力を発展させ対話力で世界と渡り合う
進学通信2019年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ