LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年特別号

未来を切り拓くグローバル教育

昭和学院秀英中学校

尽きない英語力向上心を育む
実践的な英語プログラムでグローバル人材の原点をつくる!

言葉が通じた喜びを次へ! 通じなかった悔しさをやる気へ!!
中1は日帰りで東京グローバルゲートウェイへ。生徒たちの大部分は英語での受け答えに緊張気味ですが、ネイティブ・スピーカーが上手にナビゲートしてくれます。

中1は日帰りで東京グローバルゲートウェイへ。
生徒たちの大部分は英語での受け答えに緊張気味ですが、ネイティブ・スピーカーが上手にナビゲートしてくれます。

昭和学院秀英は英語をグローバル人材に欠かせないコミュニケーションツールとして位置づけ、6年間、実践的な英語プログラムを国内外で展開しています。心身の成長に合わせて、中1から段階的に取り組んでいく実践的英語の狙いとその効果について、英語科の髙澤理恵先生にお話をうかがいました。

お話をうかがった英語科の髙澤理恵先生。お話をうかがった英語科の髙澤理恵先生。

「中1、中2、中3とレベルアップしていく英語教育の流れの中で、ポイントとなる語学研修と異文化理解の場を各学年で設定しています。全体として求めているのは、日々の授業を通して身につけた語彙力や英語力を、ネイティブ・スピーカーを相手にフル活用し、確実に自分のものとしていくことにほかなりません。中学から本格的に英語を学ぶ生徒がほとんどですが、言葉が通じた喜びを次のステージの学びへ、通じなかった悔しさをさらなるやる気へと昇華させながら、コミュニケーションツールとしての英語力を磨いてもらっています」

 それでは、各学年で実施されている実践的な研修プログラムの概要について見ていきましょう。

中3の希望者が挑む"1人1家庭"の『スポケーン語学研修』に注目!
中1対象(全員参加型)
体験型英語学習施設『東京グローバルゲートウェイ』(TGG)での「ミニ国内留学」

「TGGでは、ネイティブ・スピーカー(エージェント)との多彩なやり取りを通じて、中1の英語学習で重要になる"わかった""通じた"という成功体験を豊富に得ることができます。生徒8名にエージェント1名が付き添い、英語を活用して楽しむアトラクション、英語で学ぶ実践的かつ探究的な活動にも取り組みます」

中2対象(全員参加型)
英国文化を体験する『ブリティッシュヒルズ』(福島県)での2泊3日の「国内英国留学」
中2は全員で福島県のブリティッシュヒルズへ。中世英国の文化を学びながら世界とつながる、オールイングリッシュの2泊3日です。中2は全員で福島県のブリティッシュヒルズへ。中世英国の文化を学びながら世界とつながる、オールイングリッシュの2泊3日です。

「英語を学ぶ=英国文化を学ぶとの視点から、国内にいながらにして英語力を高めると同時に、異文化理解を深める効果もあります。期間中はオールイングリッシュが原則ですので、例えば、"部屋の鍵を借りたい"など、フロントスタッフを相手に自らの意思を伝える際もすべて英語で行わなくてはなりません。私たち教員もサポート役に回りますが、英語を文章化して自らの意思として口に出すことに挑戦してもらっています」

中3対象(希望者参加型)
米国ワシントン州「スポケーン」でホームステイする約3週間の『スポケーン語学研修』
中学の英語教育の集大成が『スポケーン語学研修』。1人1家庭のホームステイで約3週間を過ごすことで、文化の壁を越えた友情も芽生えていきます。中学の英語教育の集大成が『スポケーン語学研修』。1人1家庭のホームステイで約3週間を過ごすことで、文化の壁を越えた友情も芽生えていきます。

「スポケーン語学研修は、これまで高1で実施してきました。しかし、中1、中2で身につけた英語力を、間断なくさらに効果的に伸ばしてほしいとの思いから、今年度より中3で実施することにしました。参加は希望制ですが、今回は6割以上の生徒が手を挙げ、学年全体が盛り上がっています。一番の特徴は1人1家庭でのホームステイにありますが、ホストファミリー同士の交流も盛んで、時には、日曜日の教会やスーパーマーケットで、本校の生徒同士がそれぞれの"家族"として顔を合わせる機会もあります。しかし、基本はあくまでも生徒自身が主体的にホストファミリーとコミュニケーションを取ることであり、言葉が通じた手応えと同時に、反省もたくさんあるのがこの語学研修の大きな特徴です。スポケーンで自らの英語力の課題を再確認し、高校からのさらに高度な英語学習へとつなげてもらいたいと思っています」

実践的な英語プログラムと並行して各種検定にも果敢に挑戦!

 一方、国内外の実践的な英語プログラムと並行した形で、大学入試にも活用できる4技能検定『GTEC』にも学校全体で取り組んでいます。

「GTECは学年別にレベルを設定し、中1は『Core』、中2は『Basic』、中3と高1は『Advanced』に取り組みます。また、高2と高3は、英語コミュニケーション能力を測る『TOEIC』を受験します。中高6年間を通してGTECとTOEICの双方に取り組むことにより、大学受験だけでなく、社会に出ても使える英語のコミュニケーション能力を高めることが期待できます。さらに、学年ごとに英検の目標級を設定した取り組みもあります。先に紹介した国内外の英語プログラムと各種検定を合わせて実践していくことにより、もっと英語を使ってみたいというモチベーションの向上が期待できます」

 最後に、中高6年間で英語教育に取り組む際の心がまえについて、髙澤先生にお聞きしました。

「一生使える英語力を、6年間でどれだけ有効的に身につけられるかにこだわって指導しています。本校には中学3年間で鍛えた英語力をさらに試そうと、高1で実施する『英国・ケント大学語学研修』に参加する生徒も大勢います。世界中から集まる同世代の仲間たちと過ごす約2週間の寮生活は、文字どおり多様性に富んだものであり、まさにグローバル社会そのものです。この他にも高1でのボストン・NASA研修や、高1、高2を対象に校内で行われるエンパワーメントプログラムなど、本校の一連の英語プログラムを原点にして、世界で活躍する一人ひとりに成長してほしいと願っています」

ページトップ