Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年特別号

Student's Chat Spot

帝京大学中学校

少人数だから学年全員と知り合うことができる
明るく楽しい学校です。

少人数だから学年全員と知り合うことができる明るく楽しい学校です。

少人数で、教員が一人ひとりの生徒とじっくり向き合う教育を実施している帝京大学中学校。生徒同士の距離が近いことも特長です。中2生の4名に、自分たちが中学入試で体験したことや、現在の学校生活についてお話を聞きました。

中山脩介くん(中2)
中山脩介くん(中2)

小学校ではテニスを習い、中学では卓球部に所属。初心者でしたが、楽しくプレーしています。お兄さんが同校の先輩で、入学前から学園祭などの行事を見学していました。

北﨑碧恵くん(中2)
北﨑碧恵くん(中2)

ピアノが趣味で、現在もピアノ教室へレッスンに通う日々。合唱祭ではピアノの演奏を担当しました。最近はアコースティックギターの演奏にも興味を持ち始めました。

土方千鶴さん(中2)
土方千鶴さん(中2)

陸上部に所属し、800m走や1500m走の中長距離の選手。昨年度の校内マラソン大会で一桁順位に入賞したのをきっかけに、走ることがますます好きになったそうです。

渡邉由依子さん(中2)
渡邉由依子さん(中2)

バスケットボール部に所属。みんなで練習して試合に勝った時の喜びは最高と言います。中学に入学してから、勉強が好きになりました。

――この学校を志望した理由を教えてください。

中山くん

中山くん
理由の一つが、ぼくの兄が通っていたことです。兄から学校の行事や雰囲気について話をよく聞いていました。そして、家から近いこと。ぼくは電車で長距離を移動することが苦手です。受験前に文化祭や合唱祭を見学しました。文化祭の模擬店では、先輩たちが自分の仕事に生き生きと取り組んでいました。クラスや部活の仲間とも仲がよく、とてもいい雰囲気だったことも志望の決め手になりました。

北﨑くん

北﨑くん
ぼくは、家から学校が近かったことと、学校の明るい雰囲気が志望を決めた理由です。小学5年生から、文化祭を毎年見学していました。模擬店で、失敗して慌てている先輩がいたのですが、仲間たちが励ましながら一緒に頑張ろうとしている関係がよかったです。文化祭では先輩から学校について話を聞くことができ、やさしい人がいることを確認できました。

土方さん
私は、小学6年生のときに通っていた学習塾の先生にこの学校を薦められて受験を決めました。自分から学校を調べることはなかったのですが、雰囲気がいいことは聞きました。家から学校までは電車で一駅で来られるところがよかったです。

渡邉さん
私は母にこの学校を薦められました。どんな学校なのかを知りたくて、学校説明会に参加しました。説明会では、在校生代表として学校生活について説明する先輩の話し方などがやさしかったので、きっと学校の雰囲気はよいのだろうと思い、志望しました。

――受験勉強をしていて大変だったことは何ですか?

中山くん
勉強する時間をつくるために、友だちとあまり遊べなくなりました。ぼくはテニスを習っていたのですが、それも止めなければならなくなるなど、自分の好きなことができなくなったことは辛かったです。

北﨑くん
ぼくは6年生の時、週に5日間塾に通っていたのですが、とてもきつかったです。でも、当時は友人も同じくらいに通っていたので、それが普通だと思い我慢しました。それだけ勉強していたのに、模擬試験の結果があまり良くないときは、気分が落ち込みました。

土方さん

土方さん
私が通っていた塾では、毎日たくさんの宿題が出されました。その日の授業で教わった内容について教科ごとの教材が数ページもあり、それをこなすのが大変でした。どの教科も時間がかかったのですが、苦手な理科は特に時間を取られました。

渡邉さん

渡邉さん
私は勉強が本当に嫌いでした。だから、ここにいるみんなよりも、塾に通った時間は短いと思います。自分から受験を決めたわけではないので、「なんでこんなに勉強しなくちゃいけないの!」と両親に言いたいのを我慢していました。今頑張って勉強して合格すれば、しばらくはこれほど集中して勉強をしなくて済むと思い、受験勉強に取り組みました。

――この学校に入ってよかったことは何ですか?

音楽コンサートなどが行われるオリンパスホール八王子を借り切って開催される合唱祭。音楽コンサートなどが行われるオリンパスホール八王子を借り切って開催される合唱祭。

中山くん
入学前は、先輩との上下関係が厳しくて、怖い先輩がいるかもしれないと心配したのですが、先輩はみんなやさしいです。ぼくは卓球の初心者なのですが、やさしく教えてくれました。大会で初めて勝ったときのうれしさは今も覚えています。団体戦で勝つとチームの団結力が強くなり、次の試合も頑張るぞという気持ちが湧いてくるんです。ぼくも後輩には、あまり厳しく指導をしない、相手が理解しやすいように伝えるなどを心がけています。

北﨑くん
学校全体の人数が少ないから、同学年のほぼ全員の顔が覚えられます。ぼくは、始業式のガイダンスでやったゲームを通して、クラスメートと仲よくなれました。文化祭や合唱祭など、いろいろなイベントが多くて楽しいですね。
去年、「世界の料理」をテーマに班ごとに調べた成果を文化祭で発表したのですが、見学した人から「上手にまとめられているね」と褒められたときはうれしかったです。合奏祭ではピアノを演奏しました。オリンパスホール八王子が会場だったのですが、とても緊張しました。

毎年秋に2日間開催される邂逅祭(文化祭)には、約5000人が来校します。

土方さん
先輩はみんなやさしいですね。部活に入りたての頃、ストレッチのやり方がわからない私に、先輩が丁寧に教えてくれました。先生もやさしいですね。小学校の頃と比べて、先生に怒られることってあまりないです。それから、自然が豊か。去年は学校の敷地の竹林で、タケノコ掘りをしました。私はうまく採れなかったのですが、クラスメートは大きなタケノコを持ち帰っていました。
行事のなかでは、体育祭が印象に残っています。クラス全員リレーという種目があり、みんなで一生懸命練習しました。ところが、本番当日、クラスメートの一人がケガで出場できなくなり、代わりに走る人をあわてて決めなきゃならなくて大変でした。

渡邉さん
私が所属しているバスケットボール部は、あまり強くありません。なかなか勝てないので、たまに勝てたときは、練習してよかったと思います。今年は夏休み中に2回試合がありました。そのうち1試合は絶対に負けると思って出場したのですが、ねばって勝つことができ、とてもうれしかったです。
あと、入学してから勉強が好きになりました。勉強すれば学内の順位が上がるようになり、やった分だけ結果が出ることがわかると、勉強が楽しくなったんです。
校舎がシンプルで、気に入っています。トイレがすごくキレイなんですよ。

クラスメートと協力しあうことで絆が深まる体育祭。クラスメートと協力しあうことで絆が深まる体育祭。
ゴールデンウィークの頃に開催されるタケノコ掘り。ゴールデンウィークの頃に開催されるタケノコ掘り。

――受験勉強を振り返って特に重要だと感じたことを教えてください。

中山くん
自分で決めた勉強量を毎日続けること。そして、模擬試験の後は、間違えた問題を解き直すなど、しっかりと振り返ることですね。あと、わからないことがあればすぐに先生に聞いて、自分が理解するまで取り組むことです。

北﨑くん
模擬試験の振り返りは本当に大事ですね。それから、塾の先生から、「受験はゴールではなく、中学生活のスタート。だから中学生活を意識して受験勉強に取り組むように」とよく言われました。その言葉を大事にして勉強を続けていたので、中学校の新しい生活にも、スムーズに入ることができました。

土方さん
嫌なことでも我慢して続けることかな。勉強は大変かもしれないけれど、合格したいと思えば自然と頑張れると思います。

渡邉さん
自分なりの勉強の仕方やペースみたいなものに気づくことでしょうか。当時は嫌々勉強していたのですが、受験の時に身につけたノウハウが今の勉強に役に立っているので、受験して良かったと思います。受験を経験させてくれた両親には感謝しています。

――受験勉強に取り組む後輩たちに応援のメッセージをお願いします。

中山くん
受験勉強の時期は辛いことや悩むことがあると思うけれど、その分、合格したときの喜びはきっと大きいはずです。うちの学校は、優しい先輩や親しみやすい仲間がいっぱいで、入学したらいろんな人が声をかけてくれるはず。楽しい中学校生活が待っていますよ。

北﨑くん
勉強が苦しいときは、文化祭など、中学に入学したらしてみたいことをイメージしてみてください。きっと勉強をする励みになりますよ。

土方さん
体育祭や文化祭など、ここでみんなが話した以外にも行事は盛りだくさんです。先輩も優しいし、楽しい中学生活が待っているので、勉強を頑張って是非入学してください。

渡邉さん
これを読む人たちは、私たちに言われなくてもきっと勉強を頑張っているはず。だから、勉強を頑張るのもいいのですけれど、あまり根を詰めすぎないでください。受験に合格することがゴールじゃありません。体に気をつけながら、楽しい中学生活に備えてください。

ページトップ