LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年12月号

注目のPICK UP TOPIC!

狭山ヶ丘高等学校付属中学校

同じ目標に向かう仲間とともに大きく成長できる狭丘祭

生徒の自立心をさらに育む
狭丘祭は、9月8日(土)・9日(日)の2日間にわたって開催されました。入場門では、「狭丘祭」の文字が染め抜かれた

狭丘祭は、9月8日(土)・9日(日)の2日間にわたって開催されました。
入場門では、「狭丘祭」の文字が染め抜かれた“のれん”が来場者を温かく出迎えます。

スローガンは“笑顔の種を振りまこう”
生徒が自らが制作したパンフレット。生徒が自らが制作したパンフレット。

 中高生の成長にとって、日々の授業が基本となるのは言うまでもありませんが、学校行事もまた、コミュニケーション力や協働性、リーダーシップなど、さまざまな成長を促してくれる重要な機会です。同校ではまさに「体験」を重視し、生徒の “やる気”を引き出しています。その大きな役割を果たしているのが狭丘祭(文化祭)です。

 今年の狭丘祭のスローガンは “笑顔の種を振りまこう”です。それは、各クラスから案を出し合って決めたもので、来場者をはじめ学校全体を笑顔にするために、展示内容にはさまざま工夫が凝らされていました。

 狭丘祭には中高の生徒全員が参加し、クラスごとの企画を披露します。

 中1生は「○○の歴史発表会」と題して文房具やインターネットなど、身近なモノの歴史について班ごとに発表します。単に模造紙にまとめて掲示するだけではなく、クイズを盛り込むなど、来場者にわかりやすく表現。中2生も同様に、「○○の時代」をテーマとし、班ごとに関心の高い時代を掘り下げ、ユーモアあふれる寸劇などを通じて解説します。中3生は「英語劇」に取り組み、赤ずきんや桃太郎など、よく知られた作品を英語で上演。

「ストーリーをアレンジした日本語の台本を自分たちで英語に翻訳しました。準備には約1カ月ほどかかりましたが、クラスが一つにまとまりました」

 と、英語劇で素晴らしい演技を見せてくれた中3生は話します。

 高1・2生は、クラスごとに企画を練り、研究発表、映像、ゲーム、アトラクションなど、大がかりな展示をつくり上げ、先輩の貫禄を見せてくれました。そして高3生は模擬店を企画・運営。ラーメン、クレープ、中華料理、たこ焼き、焼きそばなどの豊富なバリエーションと、専門店を超える(!?)味で大好評を博しました。

部活動・同好会のパフォーマンスも圧巻

 クラスごとの企画のほか、部活動・同好会のパフォーマンスにも注目です。なぎなた部のリズムなぎなた、演劇部の公演、吹奏楽部の演奏、創作ダンス部のパフォーマンスと、いずれもこの日のために鍛錬してきた成果を出し切り、観客を魅了していました。

 総勢15名が音楽に合わせて技を繰り広げる演舞を披露したなぎなた部。練習を牽引してきた部長は、狭丘祭への思いを次のように話してくれました。

「狭丘祭では毎年、多くの観衆を前に演舞を行うので、準備にも自ずと熱が入ります。このために1カ月以上前から振り付けと曲を考え、練習してきました。部長としてはまだ未熟ですが、狭丘祭を通してみんなをまとめる力がついたと思います」

 同じ目標に向かって協力することで、一人ひとりが力を結集し、それが成長への足がかりとなったのでしょう。

「中学生の発表も、内容は生徒自身が決めています。制作過程において、見ている人にわかりやすくするには、どこをポイントにしてどう伝えればいいかを試行錯誤します。意見を戦わせながらまとめていく活動を通じて、コミュニケーション力や協働性を養っていきます」(中2学年主任/金丸真司先生)

 今回の狭丘祭のように、さまざまな「体験」を通して大きく成長する生徒の姿から、同校の学校行事が持つ「意味」を存分に感じ取ることができます。

クラス一丸での発表
中1生の「文房具の歴史」。例えばボールペンに関して、その発明者の職業や製作された経緯について、来場者と一緒に考えていくスタイルが印象的です。中1生の「文房具の歴史」。例えばボールペンに関して、その発明者の職業や製作された経緯について、来場者と一緒に考えていくスタイルが印象的です。
中2生の「江戸時代」の発表。島原の乱について身体を使って表現。来場者も楽しみながら理解を深めることができます。中2生の「江戸時代」の発表。島原の乱について身体を使って表現。来場者も楽しみながら理解を深めることができます。
中3生の「英語劇」の「さるかに合戦」。台本は原作をリメイクしたオリジナルです。練習の成果を十分に発揮した気迫にあふれる演技が、来場者に高い評価を得て、立ち見が出るほど。中3生の「英語劇」の「さるかに合戦」。台本は原作をリメイクしたオリジナルです。練習の成果を十分に発揮した気迫にあふれる演技が、来場者に高い評価を得て、立ち見が出るほど。
部活動のパフォーマンス
軽音楽部による中庭でのアコースティックライブ。軽音楽部による中庭でのアコースティックライブ。
なぎなた部の華やかでかつ大迫力のリズムなぎなた。なぎなた部の華やかでかつ大迫力のリズムなぎなた。
書道部の個性的な書の展示。書道部の個性的な書の展示。
創作ダンス部(モットーは「笑顔と素直な心」)の躍動感あふれるダンス(右下)と、見どころいっぱいです。創作ダンス部(モットーは「笑顔と素直な心」)の躍動感あふれるダンスと、見どころいっぱいです。
おいしい味、発見!

高3生は模擬店を企画・運営。PTA・後援会の皆さんの出店もあり、お祭りムードをさらに盛り上げます。

(この記事は『私立中高進学通信2018年12月号』に掲載しました。)

狭山ヶ丘高等学校付属中学校  

〒358-0011 埼玉県入間市下藤沢981
TEL:04-2962-3844

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】みんなで心と力を合わせれば目標に到達できることを知る 中2の第1回軽登山
【注目のPICK UP TOPIC!】同じ目標に向かう仲間とともに大きく成長できる狭丘祭
【私学の校外学習・学外交流】現場での体験を大切にし「実物に触れる」ことで真の知識を
【The Voice 校長インタビュー】豊かな書き言葉の世界から「思考力」は広がります
【私学だからできるオリジナル教育】自立への導きとなる本格的な農作業体験
【Students' Chat Spot】勉強への意欲が自然に高まる環境が整っています。
【校長が語る 思春期の伸ばし方】相手の喜びを自らの喜びとして相手の悲しみを自らの悲しみとする
【学校生活ハイライト】人間性を育み、絆を強くするフレッシュな学校行事
【大学合格力強化計画】豊富なゼミと自習室完備で難関大学合格への道を拓く
【Students' Chat Spot】人間力に裏打ちされた学力の養成を目指す
【中1の始め方】『生活の記録』と1分間スピーチは 将来の大学入試に通じる力を育てる
【学校生活ハイライト】初めて6学年が一堂に会し走り、飛び、躍動した体育祭 感動はドームを包み込みやがて心は一つになった!
【授業見聞録】理科 成功も失敗も経験しながら自分で考える生徒を育てる
【SCHOOL UPDATE】入学式 期待を胸に厳粛な気持ちで臨む
【Students' Chat Spot】朝ゼミや農業体験、軽登山 魅力満載のキャンパスライフ
【私学の光輝】第55回狭丘祭
【大学合格力強化計画】中学1年から大学入試に向け 着々と進む自学自習プラン
進学通信2018年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ