LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年12月号

学校生活ハイライト

駒込中学校

生徒会を中心に中高が団結
全員で力を合わせる玉蘭祭

中学生の発表のメインとなる弁論大会。簡潔な中にも熱い思いが込められた弁論に、客席の生徒たちも引き込まれていきます。

中学生の発表のメインとなる弁論大会。簡潔な中にも熱い思いが込められた弁論に、客席の生徒たちも引き込まれていきます。

仏教の観点に基づく人間教育を展開する同校。その精神は、文化祭『玉蘭祭』にも息づいています。今年は台風の影響による時間制限のある中、生徒たちは中高6学年全員の力を結集して、工夫をしながら、それぞれの取り組みに力を尽くしていました。

生徒全員が輝く自己表現の場

 9月に行われた玉蘭祭では、中高生徒会の実行委員を中心に、大規模な展示や発表、模擬店の運営が行われました。

 中学生の発表のメインとなるのが、弁論大会。毎年、中1~中3の各クラスから1名ずつ代表が選ばれ、熱弁をふるいます。今年の弁論大会で優勝したのは中山さん(中3)。『差別について』という、難しいテーマに挑みました。

「友達同士で評価し合ったことで、より良いものになったと思います。中1から中3まで、授業などで討論をする機会が多く、学ぶことも多かったです」(中山さん)

 中学の教室で行われる展示では、国語や社会科、理科、家庭科などの教科の成果を発表します。各クラスが自分たちでテーマを決め、展示方法を工夫。それぞれのクラスの個性が光る展示となりました。

 一方、高校生たちは飲食の模擬店やゲームコーナーの運営など、より大規模な取り組みを行います。

「天気に恵まれず、運営にも苦労しましたが、バスケットボール部の招待試合なども盛り上がり、良い締めくくりになったと思います」(本部実行委員/渡辺さん・高2)

 天台宗の開祖・最澄の「一隅を照らす」を教育理念とする同校。それぞれの生徒が、それぞれの「一隅」を照らし、しっかりと役目を果たした玉蘭祭は、今年も大盛況のうちに終わりました。

中学1-Bの展示。テーマは「水族館」。テーマに沿った飾り付けの中、夏休みの自由研究の成果や、美術の時間の成果が展示されました。中学1-Bの展示。テーマは「水族館」。テーマに沿った飾り付けの中、夏休みの自由研究の成果や、美術の時間の成果が展示されました。
中学2-Cの展示。歴史上の人物を1人選び、それぞれが「歴史新聞」を作成。その人物ゆかりの地を訪ねたり、文学館を訪れたりして、しっかりとした調べ学習の成果が掲示されています。中学2-Cの展示。歴史上の人物を1人選び、それぞれが「歴史新聞」を作成。その人物ゆかりの地を訪ねたり、文学館を訪れたりして、しっかりとした調べ学習の成果が掲示されています。
中学2-Cの教室の外壁に飾られた壁画。美術部の部員が下描きをし、クラス全員で色を塗りました。最後には一致団結して仕上げ。チームワークも高められたそうです。中学2-Cの教室の外壁に飾られた壁画。美術部の部員が下描きをし、クラス全員で色を塗りました。最後には一致団結して仕上げ。チームワークも高められたそうです。
「奈良・京都の秋」をテーマに、修学旅行の事前学習の成果を活かした展示を行った中学3-Bの教室。美術部の伊藤さん(左)を中心に、クラス全員でがんばって金閣寺の模型も作成しました。「奈良・京都の秋」をテーマに、修学旅行の事前学習の成果を活かした展示を行った中学3-Bの教室。美術部の伊藤さん(左)を中心に、クラス全員でがんばって金閣寺の模型も作成しました。
校庭での模擬店の運営は、毎年、高3が担当しています。混雑しがちな校庭では実行委員が人員整理などに奔走する姿が光ります。校庭での模擬店の運営は、毎年、高3が担当しています。混雑しがちな校庭では実行委員が人員整理などに奔走する姿が光ります。
実行委員の作成した、来場口に設置された入場門。夏休みの間も集まって、実行委員みんなで作り上げました。玉蘭祭での実行委員たちは、来場者の誘導やゴミ分別への呼びかけなどで、休む間もなく活動。みんながイキイキしています。実行委員の作成した、来場口に設置された入場門。夏休みの間も集まって、実行委員みんなで作り上げました。玉蘭祭での実行委員たちは、来場者の誘導やゴミ分別への呼びかけなどで、休む間もなく活動。みんながイキイキしています。
中学生弁論大会

身近なテーマから社会的な議論につなげていくような高度な弁論も多く、保護者たちも感心する仕上がりでした。

優勝した中山さん(中3)。「練習はとても難しかったです。賞を取れるとは思っていなかったのでうれしいです」優勝した中山さん(中3)。「練習はとても難しかったです。賞を取れるとは思っていなかったのでうれしいです」
大澤くん(中2)の弁論テーマは「歴史について」。堂々と前を向き、身振り手振りを加えながら語る姿が非常に印象的でした。大澤くん(中2)の弁論テーマは「歴史について」。堂々と前を向き、身振り手振りを加えながら語る姿が非常に印象的でした。
遠藤さん(中1)は初めての弁論大会。「在宅看護を通して学んだこと」をテーマに、語りました。遠藤さん(中1)は初めての弁論大会。「在宅看護を通して学んだこと」をテーマに、語りました。

(この記事は『私立中高進学通信2018年12月号』に掲載しました。)

駒込中学校  

〒113-0022 東京都文京区千駄木5-6-25
TEL:03-3828-4141

進学通信掲載情報

【注目! News and Topics】セブ島語学研修とオンライン英会話教室でグローバル教育を充実させる
【私学の英語最前線】人間教育の伝統校が実践 時代に即した英語教育
【学校生活ハイライト】生徒会を中心に中高が団結 全員で力を合わせる玉蘭祭
【The Voice 校長インタビュー】世に必要とされる人々を時代に先駆けて育てる駒込の改革
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】『国際先進』と『本科』2018年度より新たな2コース制がスタート
【みんな大好き キャンパス食堂】給食を味わいながら学校の魅力がみつかる 大人気・給食試食会開催 !
【グローバル時代の学び方】イマージョン教育で確かな英語力を習得
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生たちの親身かつていねいなアシストで成長することができた6年間
【SCHOOL UPDATE】都心では味わえない豊かな自然と農村体験
【グローバル時代の学び方】英語が苦手な生徒も成長したセブ島語学研修
【10年後のグローバル社会へのミッション】「なりたい自分になる」ための礎となる国際理解教育
【SCHOOL UPDATE】給食試食会 在校生の保護者が引率して学校生活を“味わう”
【The Voice 新校長インタビュー】真の「グローバル」とは日本を解体することではなく開放することを意味する
【私学の光輝】先人の功績と歴史に思いをはせる 天台声明公演を開催
【遊べる・役立つ・夢中になれる 学習のすすめ】理科 物質がとける温度を測定しよう
【私学しゅん報】保護者も参加 給食試食会&学校説明会
【Students' Chat Spot】中学1年生全員参加となった日光山研修 日光山輪王寺で「心」を磨きます
進学通信2018年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ