Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年11月号

Students' Chat Spot

女子美術大学付属中学校

自由に表現できるから
みんながそれぞれに輝ける場所がある学校です

女子美祭や運動会などの行事ではそれぞれの特技を活かして協力しています

女子美祭や運動会などの行事ではそれぞれの特技を活かして協力しています

「智の美」「芸(わざ)の美」「心の美」という教育理念のもと、創造性豊かな人間の育成をめざす同校。“女子美生ならでは”にあふれた運動会や文化祭などの行事について、中3生の4人が和気あいあいと教えてくれました。

R.I.さん(中3)R.I.さん(中3)

バトン部に所属。イラストや漫画を描くことが好きだったので入学を決めました。夏休みは、課題と部活動と文化祭の準備があって、大忙しです。

A.K.さん(中3)A.K.さん(中3)

書道部とギター部を兼部。夏休み中は両方とも部活動の合宿があり、忙しかったです。お姉さんも同校のOGで、現在は女子美術大学に在学中。

S.S.さん(中3)S.S.さん(中3)

鏡友会(生徒会)役員。弓道部に所属。文化祭ではクラスのまとめ役を務めています。図工が好きだったことが入学のきっかけに。

A.W.さん(中3)A.W.さん
(中3)

バトン部に所属。小学生の時に見に来た文化祭が楽しく、先輩がやさしかったことが入学のきっかけ。元々、図工が大好きでした。

――6月に運動会があったそうですが、中学最後の運動会はいかがでしたか?

運動会は中学・高校の合同。さいたまスーパーアリーナで開催しました。衣装や音楽の編集も、自分たちで作りあげるから楽しい!運動会は中学・高校の合同。さいたまスーパーアリーナで開催しました。衣装や音楽の編集も、自分たちで作りあげるから楽しい!

Sさん
運動会当日まで、1カ月ぐらいかけて応援団の練習をしました。応援団は声援を送るだけではなく、踊りの応援がメインなので、使用曲の編集や衣装づくりまで、すべてを自分たちで準備します。その作業をがんばりました。

Wさん
チームごとにテーマを決めて、それに沿った衣装を自分たちで作るのですが、途中で衣装替えができるように設計にも工夫をしました。

Iさん
中学と高校それぞれを縦割りにしたチームを作るのですが、中学は4クラスあるので4つのテーマがありました。私たちの学年の衣装係が、デザインや制作、材料の買い出しを担当しました。

Kさん
クラスごとに基本となる衣装は同じだけど、衣装の色を学年ごとに変えたりして、工夫のしがいがありました。お裁縫は少し大変でしたけど……(笑)。

Sさん
得意分野もそれぞれ違うので、協力し合います。衣装係のほかにも団幕の係があって、団幕のデザインや制作、その材料の買い出しをします。

Wさん
私は部活動のバトン部が忙しくて、クラスの準備があまりできなかったのでそこは残念でした。だけど、Iさんをはじめ、バトン部のみんなと大きな会場で一緒に踊れたことが楽しかったです。

Iさん
さいたまスーパーアリーナで踊ったもんね!だけど、私のクラスは4位で最下位になってしまって……。私は中1から中3までずっとクラスが最下位なので、「送別会の良いネタになるね」と、逆にそのことでみんなと盛り上がりました。

Wさん
3月に中3生と高3生の合同送別会があるのですが、そこでも中学、高校それぞれの出し物があります。

Iさん
バトン部は送別会でも踊ります。

――秋には文化祭の「女子美祭」もあるんですよね? もう準備を始めていますか?

クラス展示はプレゼンによって選出。書道や絵画など生徒たちの作品が多数展示されます。クラス展示はプレゼンによって選出。書道や絵画など生徒たちの作品が多数展示されます。

Sさん
4月からクラス展示の計画が始まって、一昨日、鏡友会と呼ばれる生徒会との面接がありました。

Kさん
中学と高校で27クラスあるのですが、クラス展示が出せるのは面接に受かった13クラスだけなんですよ。

Wさん
面接の時のプレゼンに向けて、みんな真剣だよね。ゲームを提案する場合も、小さい子から大人まで幅広く楽しめるようなものを考えなければいけないから、大変です。

Sさん
安全管理基準や独創性についても選考基準があります。鏡友会でも来場者の方々に安全に楽しんでもらえることを一番に考えて選びます。

Iさん
テーマがほかのクラスと被ってもダメだしね。私はクラス展示の選考を通過したことがないんです。

Kさん
Iさんも一緒のクラスの時に、「階段装飾」をやったよね? 学校装飾で階段を飾りつけるのですが、陽が当たらない場所だから寒かったです。寒い中、ひたすらアクリル絵の具を塗ったことを思い出しました。

Sさん
クラス展示のほかに、外階段の装飾をする係や玄関前のオブジェを作る係にも選考があるんです。私はクラス展示ができたけど、逆に暑かった。暖房で絵の具の匂いがこもるし……。

――女子美祭と言えば、毎年、ポスター制作が話題になりますよね。

高2の夏休みの課題で制作されるポスター。全校選挙で選出されるだけあって、どれも秀逸!高2の夏休みの課題で制作されるポスター。全校選挙で選出されるだけあって、どれも秀逸!

Sさん
高2生全員が、夏休みの課題として提出します。それを、最初に先生が30点ぐらいに絞って、さらに女子美祭の実行委員会、ポスター選出係、鏡友会の役員が5点に絞ります。その5点から全校生徒による投票を行って選びます。

Kさん
私は書道が好きなので、高2になったら書道と美術を融合させた作品を創りたいと思っています。

Iさん
おお、さすが書道部。

Wさん
先輩たちの作品はすごいよね。

Kさん
選ばれた作品を見ると参考になります。

――部活動からも出し物はありますか?

Wさん
バトン部は女子美祭でも踊ります。その準備で部活動が忙しくて、去年もクラス展示に協力できなかったので、責任者だったSさんに申し訳なかったです。

Sさん
でもその分、家で景品作りをしてくれたので、助かりました。

Iさん
私も「階段装飾」の時に、部活動で忙しくて手伝えず、同じクラスの人に悪いなと思いました。

Sさん
本番用に教室で作る期間は3日間しかないので、その中で全部作るのが大変なんです。

Iさん
部活動の練習でほとんど参加できない人がいるしね。

Kさん
みんなそれぞれにこだわりがあるから、クラスのまとめ役は大変だよね。

Sさん
うん。ちょっと大変な時は先生に相談したこともあったかな。

――今年は6月に修学旅行に行ったそうですね。思い出に残っている場所は?

Iさん
京都、奈良方面に行き、寺社などの美術作品を間近に見ることができました。

Wさん
普段は遠くからしか見ることができない襖絵を、近くで見せていただきました。美術に特化した学校なので、特別に入れる場所があることがほかの学校とは少し違うと思います。

Kさん
嵐山の天龍寺では、通常は外から見る雲龍図を部屋の中に入って見ることができました。

Wさん
住職さんから龍の「八方睨み」の説明があって、「1周回っても龍とずっと目が合っているように見えますよ」と教えていただいたのですが、本当にずっと目が合っていて驚きました。

――それぞれ、学校の好きなところを教えてください。

Kさん
私は書道の授業が好きです。書道の授業が週に1回あって、中1では行書と楷書、中2や中3になるともっと崩した書体を習い、学期ごとに検定の作品を提出します。3学期には総合的な成績が出るので、自分のやったことに対しての評価が得られます。やりがいがあって楽しいです。

Sさん
課題の多くが自由にできるところが好きです。例えば、総合学習の課題でも、修学旅行のレポートというと、普通はリーフレットや新聞を作ることぐらいだと思うのですが、うちの学校は、「何を書いてもいいですよ」と色紙を2枚渡されます。私は旅行中の面白かった出来事を書きましたが、すごろく風にしている人や漫画にしている人もいました。

Kさん
路線図風の人もいたね。色紙の枠からはみ出している人も結構いましたけど、そういうのもアリなんです。

Wさん
先生が個性を大事にしてくれるので、みんなが輝ける学校だと思います。生徒同士でもお互いの提出物を「このアイデア良いね」と認め合えるので、そういうところが素敵だと思います。作品の良い部分を真似してみようとか、競争心を持ちつつも、お互いの良い部分を取り入れています。

Iさん
同じ意見だけではなく、みんなでいろいろな意見を言い合えるのも良いところだと思います。

Sさん
学校の中でも運動が得意な子やイラストが上手な子、みんながそれぞれの場所で輝ける学校だと思います。その人にしかできないというか、その人しか持っていないものをみんなが持っていて、それを行事などで発揮できます。

Kさん
入学して、最初は絵を本気でやろうと思っていなかったので、「こんなに本格的にやるんだ。入る学校を間違えたかな?」と思っていました。でも、ほかの人の作品を見た時に、作品の良いと思ったところを作った人に話したんです。すると、その人は意外な部分を褒められたと驚いていました。作品だけではなく、その人の良い部分に気づいてあげられたり、逆に自分が気づかせてもらえたりもしました。目に見えて協力するところだけでなく、見えないところで協力し合えるのも、この学校に入って良かったと思う点です。

部活動や生徒会の活動など学校生活は忙しいけど充実しています""部活動や生徒会の活動など学校生活は忙しいけど充実しています
先生がフレンドリー。相談にものってくれるよね先生がフレンドリー。相談にものってくれるよね
写真のポーズも急遽、顧問の先生が考えてくれましたバトン部は運動会、文化祭、送別会などのイベントで日頃の成果を発表
写真のポーズも急遽、顧問の先生が考えてくれました
課題も型にはまらずに自由な形式で提出できるのが良いです課題も型にはまらずに自由な形式で提出できるのが良いです

(この記事は『私立中高進学通信2018年11月号』に掲載しました。)

女子美術大学付属中学校  

〒166-8538 東京都杉並区和田1-49-8
TEL:03-5340-4541

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】新緑の軽井沢でスケッチ豊かな観察力や表現力を養う 中1校外学習~春季旅行 軽井沢~
【私学の校外学習・学外交流】上野動物園で外の空気を感じながら創作の楽しさを味わう 中1校外学習〜動物園スケッチ〜
【Students' Chat Spot】自由に表現できるからみんながそれぞれに輝ける場所がある学校です
【SCHOOL UPDATE】“女子美”らしさのある英語教育 英語を使う楽しさを美術を通して学ぶ
【私学だからできるオリジナル教育】美術教育で個性を見い出し人生の目標を育てる
【私たち、僕たちが大好きな先生】落語の口調を真似たりアニメを題材にした 創意に富んだ授業で引き出す生徒の好奇心
【校長が語る 思春期の伸ばし方】『美術』はアイデアや表現力など今の時代を生き抜く力を育みます
【SCHOOL UPDATE】学校生活の集大成 大きな成長の証が作品になる
【Students' Chat Spot】“智の美・芸わざの美・心の美”を柱に、「生きる力」を育む教育を行っている同校
【注目のPICK UP TOPIC!】「美術のひろば」でアートの世界に触れる
【学校生活ハイライト】美術大学付属校ならではの個性あふれる運動会は感動の嵐
【その先に備えるキャリア教育】学校生活の積み重ねが多彩な未来への入り口に
【目標にLock On!! 私の成長Story】美術を通じて自分を知りやりたいことがみつかった
【私学の光輝】「美術を通じた女性の自立」 創立の思いを今に伝える100周年記念式典
【中1の始め方】美術を通して積極性と認め合う心を育てる自発的な行動に目覚め、感性を鍛える1年間
【注目のPICK UP TOPIC!】世界でも稀有な美術系中高一貫校新しい女性の生き方を切り拓いて100周年
【校長が語る 思春期の伸ばし方】地道に積み重ねる勉強が子どもの個性を伸ばす
【その先に備える キャリア教育】日常のすべてが“キャリア”につながる
【私学の光輝】スケッチ旅行で学ぶ 「個」の大切さ
進学通信2018年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ