Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年10月号

熱中!部活動

立正大学付属立正中学校

バスケットの技術とともに礼儀や協調性、発信力を育む

高校女子バスケットボール部
個性を認め合いながらも“自分を変える”成長の場
「バスケ部のメンバーは、とにかく明るくて、上下関係はしっかり保ちながらも、仲が良く団結力のある部活動です」と部長の柿﨑さん。

「バスケ部のメンバーは、とにかく明るくて、上下関係はしっかり保ちながらも、
仲が良く団結力のある部活動です」と部長の柿﨑さん。

ランニングプレイのシュート練習。大所帯ではないメリットを活かし、一人ひとりの練習の機会も多く与えられています。ランニングプレイのシュート練習。大所帯ではないメリットを活かし、一人ひとりの練習の機会も多く与えられています。

「行学二道」を建学の精神に掲げ、社会のために「自分の力を発揮する」自立した生徒を育てている同校。女子バスケットボール部は、2013年に新設されたキャンパスのアリーナで練習を行っています。

「バスケットの技術と並行して、あいさつやルールを守ることなどの礼儀、自ら発言する積極性や自立心なども培っています。バスケットボールは練習や試合時に、積極的に声を出してボールを要求するなど、自己アピールが必要なスポーツなので、入部時はおとなしくて消極的だった生徒も大きな声を出せるようになり、自分を変えるきっかけづくりの場となっています」(顧問/長岡遼子先生)

 普段の練習は、アップやフットワークの後に、パス・シュート・ランニングプレイ、対人や実戦的なゲーム形式の練習を行います。また、隔週で立正大学女子バスケ部との合同練習も行っています。

「技術が高く知識量も豊富な大学の先輩たちと練習をすることで、プレーイメージが身につきます。大会前には大学のバスケ部の先生を通じて、他校と試合ができたりと、付属校ならではの恩恵もある部活動です。東京都の大会で3回勝利することを目標に、“まずは1勝”をめざして、練習に励んでいます」

実戦的なゲーム形式の練習。生徒たちの真剣なまなざしが印象的でした。

手厚い技術面の指導を行う顧問の長岡先生。「本校は文武両道がモットーなので、バスケ部では学習面の成績やテストの点数もチェックしています」と長岡先生。手厚い技術面の指導を行う顧問の長岡先生。「本校は文武両道がモットーなので、バスケ部では学習面の成績やテストの点数もチェックしています」と長岡先生。
1対1の対人練習の様子。部長の柿﨑さんは後輩のお手本となるように、真剣に練習に励んでいると言います。1対1の対人練習の様子。部長の柿﨑さんは後輩のお手本となるように、真剣に練習に励んでいると言います。
引退した高3生も練習に参加。元部長が後輩たちに指導し、部に受け継いでほしい思いを伝える姿もありました。引退した高3生も練習に参加。元部長が後輩たちに指導し、部に受け継いでほしい思いを伝える姿もありました。
柿﨑さくらさん(高2)
女子バスケットボール部 部長 柿﨑さくらさん(高2)

「この部に入ったきっかけは、仮入部をした時に、先輩方がすぐに名前を覚えてくださって、ここにいてもいいという安心感を感じたからです。顧問の先生もやさしくて、ここでバスケをやったら楽しいだろうなと思い、入部しました。練習は厳しくてつらい時もありますが、信頼できる仲間と悩みを相談し合ったり、わかち合ったりして乗り越えています。バスケはチームワークが大事なので、今後も部内のチームワークを高めていきたいです」

■活動日/活動時間 月・火・水・金/16:00~19:00
水・金/7:20~8:00
土/13:30~15:00(または15:00~17:00)
■部員数 中3=2名 高1=4名 高2=6名 高3=4名

(この記事は『私立中高進学通信2018年10月号』に掲載しました。)

立正大学付属立正中学校  

〒143-8557 東京都大田区西馬込1-5-1
TEL:03-6303-7683

進学通信掲載情報

【その先に備える キャリア教育】進路 自分を知って未来へつなげるキャリアプログラム
【私たち、僕たちが大好きな先生】長所で勝負できる大人になってほしい自分の長所を知るためのヒントを与えたい
【ビジョン】先進教育委員会が改革を推進
【熱中!部活動】凛とした雰囲気が漂う 弓道場で美しく弓を射る
【実践報告 私学の授業】朝の『コラムリーディング』で読解力、文章力を鍛える
【本音で語る保護者座談会】やさしい先生が子どもたちをしっかりと見守ってくれるアットホームな学校
【キャンパスのビジョン】“採光”をコンセプトにした陽光が差し込む新キャンパス
【熱中!部活動】バスケットの技術とともに礼儀や協調性、発信力を育む
【校長が語る自立へのプロセス】生徒一人ひとりと向き合い多様性を認めることが自立へと導く
【熱中!部活動】【高校女子バスケットボール部】一生ものの仲間とともに社会に出ても役立つ姿勢を学ぶ
【その先に備えるキャリア教育】行学 将来の夢や志につながる職業観を中1から育む
【親も楽しめる! 私学の保護者サークル】親子で学校生活を謳歌!7種類のカルチャー教室
【熱中!部活動】日々の練習を通して人間力を育む
【その先に備える キャリア教育】実践 段階的に積み重ねた知識を進路選択へのステップに
【Students' Chat Spot】「学びを深め(修学)、それを実際に行動で示すこと(修行)」のできる生徒の育成
【私学の光輝】日々の気づきから生まれた考えを正面から訴える 仏教主義学校連盟弁論大会
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】レベルの高い授業と生徒との個人面談でやる気を高め、着実に学力アップ! 第一志望の大学合格をめざす「特進クラス」
【The Voice 新校長インタビュー】生徒も教職員も楽しく通える学校を創りたい
【私学の光輝】お会式参拝
【その先に備える キャリア教育】夢に向かうための進路を選ぶ中学1年からのキャリア教育
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】6年後には大きくジャンプ 伸びしろを作るための基礎固め
進学通信2018年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ