Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年10月号

私学の英語最前線

文化学園大学杉並中学校

英語で他教科を学ぶ新コースを中学に開設

日本にいながらにしてカナダの高校卒業資格を取得できる『ダブルディプロマコース』。
中2からカナダの教育メソッドで学べる『ダブルディプロマ準備コース』が、来年度から始まります。
中2からカナダのハイレベルな英語教育を実践

 先進的な英語教育を行う同校では、2015年より日本とカナダ両方の高校卒業資格を取得できる『ダブルディプロマコース』(以下『DDコース』)を高校に設けています。

 同コースでは、カナダ・ブリティッシュコロンビア(以下BC)州の講師が、英語はもちろん理数系科目の授業もオールイングリッシュで行い、「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語4技能を伸ばすことができます。ディスカッションやグループワークの機会も多く、英語と日本語の両方を駆使して、思考力やコミュニケーション能力、リーダーシップ、柔軟性などを培っています。

 今年3月、同コースの1期生13名が卒業し、そのうち5名が海外大学への進学を選択しました。国内大学を希望した生徒も、自己推薦やAO入試を利用して早稲田大学、上智大学、国際基督教大学といった名門大学に合格しています。

 こうした高い実績を踏まえ、来年度から中学に『ダブルディプロマ準備コース』(以下『DD準備コース』)が新設されます。中2から『DD準備コース』『中高一貫コース』に分かれ、英語はコース別カリキュラム、それ以外は共通カリキュラムで授業が行われる予定です。

『DD準備コース』は選抜テストを行わず、英検4級レベルであれば希望者全員が選択できます。英語の授業が週10時間あり、そのうち理数科目を含む8時間はカナダBC州教員によるオールイングリッシュの授業、残る2時間は英文法の授業となっています。聞く力、話す力が磨かれるだけでなく、エッセイライティングや英詩の鑑賞などを通じて書く力、読む力も養われます。

 高校進学時には『DDコース』だけでなく、難関大学合格をめざす『特進コース』、基礎学力の定着を重視する『進学コース』も選択可能です。もちろん中2で『中高一貫コース』を選んだ生徒でも、高校から『DDコース』に進むことができます。現中1生の来年度の『DD準備コース』志望者は7割と予想を大きく上回り、同コースへの期待の高さがうかがえます。

「英語を学ぶ」のではなく「英語で学ぶ」

 両コース最大の違いは、『中高一貫コース』は「英語を学ぶ」のに対し、『DD準備コース』は「英語で学ぶ」点です。『DD準備コース』では、英語を第二言語として学ぶのではなく、英語を母国語のように扱いながらさまざまな教科を学び、創造力、問題解決力といった21世紀型スキルを身につけることを目標にしています。

 高校の『DDコース』も同様の目標を掲げていますが、世界情勢や社会問題といった答えのないテーマに向き合うことに、最初は戸惑いを覚える生徒も多かったそうです。中2から『DD準備コース』を設けるのも、早い段階からディスカッション中心の授業に慣れてほしいという思いが込められています。

 現在、中3生の希望者を対象に、『DD準備コース』を先行実施しています。1学期前半は「Weather,Climate&Biomes」をテーマに、天候や気候を決める要因、6つのバイオーム(ある気候条件下での生物群系)の性質、そこに生きる動植物の適応について話し合い、バイオーム見学ツアーのパンフレットを作成したり、生徒をツアー客に見立ててプレゼンテーションを実施したりしました。

 また、貧困問題に関心を抱く生徒が多いため、1学期後半は「Combatting Poverty:Fair Trade」をテーマに、世界における貧困の現状、フェアトレードの仕組みについて学び、その意義についてプレゼンテーションを行いました。

 あるグループでは、フェアトレードの果物を購入すると現地の農家にどれだけ還元されるのか、現地の生活費と照らし合わせてどの程度の収入になるのかを調べ、英語で発表しました。こうした授業により英語力が高まるのはもちろん、自分の言葉で意見を発信できる生徒も増えているそうです。

 高校の『DDコース』では、エジプトの大使、エアカナダのCEOなどゲストスピーカーが授業を行うこともあります。『DD準備コース』でも同じようにゲストを招き、異文化に触れる機会を増やそうと検討しています。グローバルな視点で客観的に日本を見つめ直し、世界へ羽ばたく力を育てるのが狙いです。

1クラス約15名の少人数制できめ細かに英語を指導

 一方、一つひとつ基礎を積み上げていくことで自信をつけていく生徒には、体系的に英語を学ぶ『中高一貫コース』が適しています。こちらのコースでもネイティブ教員主導の習熟度別少人数制クラスで英語4技能を伸ばす週9時間の英語カリキュラムが組まれています。『DD準備コース』を選ばなくてもしっかり英語力が身につくプログラムになっているため、国内大学への進学を希望するなら『中高一貫コース』で十分と言えるでしょう。

 現在、中1は3クラスに分かれていますが、英語ではクラスを細分化し、1組約15名の7クラスで授業を展開しています。一人ひとりに目が行き届き、発言の機会も多いため、英語が苦手な生徒も確かな力を身につけられる点が特徴です。

 2コース制にすることで、中2という早い段階から自分に適した選択肢を選べるようになります。大学受験に強みを発揮できるだけでなく、生徒一人ひとりが生き生きと輝くことのできる学校としてますます存在感を増していきそうです。

中学校コース
中1 中2・中3
i-プロジェクト ダブルディプロマ準備コース
男女が協働し、楽しみながら“新・学力”を鍛える『i-プロジェクト』をベースに、中1では生徒全員が共通のカリキュラムで学びます。 カナダBC州教員による英語の授業を実施。
さらに、高校のダブルディプロマコースでハイレベルなBC州教育メソッドで本格的に学ぶ準備をします。
※高校進学時に、ダブルディプロマコースはもちろん、特進コース、進学コースを選ぶことも可能です。
中高一貫コース
各教科とも先取り学習をしながら、基礎学力を養成します。生徒一人ひとりの学力を把握し、苦手の克服と発展的学習をきめ細かく展開していきます。
POINT1
放課後はChat Loungeにネイティブ教員が常駐

 カナダBC州の教員を含め、10名以上のネイティブ教員が在籍します。そのため、少人数制クラスできめ細かな指導を行うことができます。放課後も常駐しているため、気軽に英会話を楽しめるほか、宿題の相談、英検の面接練習なども行えます。

POINT2
1期生は13名中5名が海外大学へ進学

 2017年度に卒業した『DDコース』1期生は13名。そのうち5名が海外大学に進学予定です。国内でも難関大学に続々と合格し、『DDコース』の成果が目に見える形で実証されました。

『DDコース』1期生 大学合格実績
University of British Columbia (カナダ・BC州)
University of Groningen(オランダ) Utrecht University (オランダ)
Masaryk University (チェコ・医学部)
Camosun College
(カナダ・BC州)
Selkirk College
(カナダ・BC州)
Yukon College  (カナダ・ユーコン準州)
早稲田大学 上智大学
国際基督教大学 立教大学
武蔵大学 獨協大学
神奈川大学 順天堂大学
POINT3
ほぼ全員が英検準1級レベルの英語力を獲得

『DDコース』1期生は、13名中2名が帰国子女でしたが、11名は日本で生まれ育った生徒です。入学当初は英語の成績も一般的だったそうですが、高3の12月時点で12名が英検準1級レベルに成長。確かな英語力を身につけていることがわかります。

DDコース1期生の英語力推移

担当の先生より
確かな英語力とグローバルな視点を養う中2からの2つのコース

「『中高一貫コース』がめざすのは、英語のスペシャリストの育成です。世界のどこへ行っても、英語を通じてコミュニケーションできる人に育ってほしいと思います。
『DD準備コース』は、英語を話せるのはもちろん、聴く力、伝える力などの“コミュニケーション”、課題発見・解決力や情報判断力などの“思考力”、社会性やリーダーシップといった“個人と社会の関わり”を学ぶカリキュラムです。幅広い視点を養い、世界の一員として地球を少しでも良い方向に導いてほしいと願っています」(国際部主任・英語科/窪田淳先生)

(この記事は『私立中高進学通信2018年10月号』に掲載しました。)

文化学園大学杉並中学校  

〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南3-48-16
TEL:03-3392-6636

進学通信掲載情報

【実践!私学のグローバル教育「授業」】一般入試にも活きる! DDコースでカナダの高校卒業資格も取得
【未来を切り拓くグローバル教育】高校DDコースのノウハウを中学英語教育にも活かす
【未来を切り拓くグローバル教育】『DDコース』につながるカナダの学びを中1から
【グローバル特集 授業[コース]】カナダと日本の卒業資格を同時取得躍進する「ダブルディプロマコース」
【熱中!部活動】元日本代表がコーチ就任サッカーで育む「考える力」
【未来を切り拓くグローバル教育】中学に来春新設 DD準備コース
【私学の英語最前線】英語で他教科を学ぶ新コースを中学に開設
【中学入試のポイント】教科への集中力を見る「英」「算」特別入試
【学校生活ハイライト】表現する楽しさに満ちているから訪れる人も心から感動
【中学入試のポイント】英・算の特別入試を導入 共学化で新時代へ
【SCHOOL UPDATE】中学『ダブルディプロマ準備コース』開設 世界水準の学びに備える中学からの英語教育プロジェクト
【SCHOOL UPDATE】男女共学化で“協働”を学び 適応力を磨く教育改革
【中1の始め方】めざすべきゴールに向かって『自律』を育むことが学校生活の第一歩
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】ダブルディプロマコースで自ら学ぶ生徒を育てる
【グローバル時代の学び方】バイリンガル教育で日本にいながら“海外校”
【注目のPICK UP TOPIC!】日本で唯一の「ダブルディプロマコース」
【授業見聞録】カナダ人教師によるグローバルな教育
【学校生活ハイライト】勉強も行事も大切!生徒みんなの力を結集した元気いっぱいパワー全開の体育祭
【注目のPICK UP TOPIC!】日本初「ダブルディプロマコース」が発足!
【10年後のグローバル社会へのミッション】自分の可能性を世界で開花させる2カ国の卒業資格
【Students' Chat Spot】スクールモットーは「燃えよ! 価値あるものに」将来を見据え、卒業後も活かしていける学びを実践
【キャンパス歩き】勉強もスポーツも作法も趣味も!女子が輝く多彩な施設
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】日本人らしさを身につけ 国際感覚を備えた心優しい「大和撫子」を育みます
【めざせ 次代のグローバルリーダー】日本と海外両方の高校卒業資格を取得できるコースが国内で初めて誕生
進学通信2018年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ