LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年10月号

私学の英語最前線

共立女子第二中学校

『4技能統合型授業』で確かな英語力を体得

英語教育の権威、東京学芸大学名誉教授の金谷憲氏を外部アドバイザーに迎えて作成した同校オリジナルの授業で、基礎を大事にしながら英語力の完璧な定着をめざしています。
『MLS ドラマメソッド集中講座』は、3日間、オールイングリッシュで英語のコミュニケーションを磨く「校内留学」で、専門の講師とともに、英語の表現力をつけるためのレッスンが行われます。自分たちで英語の台本をつくり、発表も行います。

『MLS ドラマメソッド集中講座』は、3日間、オールイングリッシュで英語のコミュニケーションを磨く「校内留学」で、
専門の講師とともに、英語の表現力をつけるためのレッスンが行われます。自分たちで英語の台本をつくり、発表も行います。

音読を多用した独自の英語指導法

 明治時代の開校以来、『女性の社会的自立』を理念に据えて教育を続けてきた同校。近年は、英語教育のさらなる学内改革を進めています。

 実践に役立つ英語の習得に欠かせない「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能すべてをバランス良く伸ばすため、同校では独自の指導法『4技能統合型授業』を編み出しました。音読を中心に組み立てられた授業は、生徒を飽きさせることなく英語の世界へといざないます。

 この独自の指導法で鍛えたいのは英語の根幹ともいえる基礎の部分。中学英語が完璧に定着しているかどうかで、高校や大学受験での英語力の伸びは大きく変わるため、授業で使うテキストは、あえて基礎・基本に忠実な検定教科書を採用しています。

 教科書掲載の本文をすべて身につけるように、何度も多種多様な音読を繰り返し、生徒の体にしみこませていきながら、50分の授業時間の中で英語4技能をバランス良く使うことが『4技能統合型授業』の最大の特徴です。

 授業は、その日のパートを20回から30回は読むように組み立てられています。一人で音読するのはもちろん、ペアになってお互いの音読を聞き合う時間も設定して、英語を「話す」と「聞く」、発音チェックも行います。

 教科書本文のスキット(※)を覚えたら、英文の内容を少しずつ変えて発話することで、応用力を育成します。

 20~30回の音読やペアワークを行って、授業後には軽い疲れを感じるほど熱心に取り組む生徒たち。相手が話す英語を聞き取り、それに対して英語で答えられるように、1分1秒を大事にする様子がうかがえます。

※スキット…教科書のユニットごとに掲載されている英語の会話文。

前学年の教科書を復習する『レイヤードメソッド』

 英語の学習時間は週6時間。このうち1時間は中1から中3までネイティブ教員による英会話を中心としたレッスンです。残る5時間のうち1時間は、前のレッスンや、前年度の学年で学習した教科書の振り返り学習にあてています。前学年の教科書の本文を音読、筆写、暗記して書き出すことで、教科書の内容を徹底して定着させていくことも並行して行っています。

「このように範囲を重ねながら進んでいく学習法を『レイヤードメソッド』と呼びますが、この“繰り返し学習”をすることで、まるで漆塗りのように強く美しい英語力が育ちます」(英語科主任/吉田裕子先生)

 これら同校オリジナルのカリキュラムの作成には、専門家の力も借りています。外部アドバイザーとして東京学芸大学名誉教授の金谷憲氏を招き、英語科の教員が一丸となって研修を受け、金谷先生の指導の下、話し合いを重ねながら専門家の指南をもとに今回のカリキュラムを作り上げました。

書くことも重視して長期記憶に「落とし込む」

 授業で使ったスキットを定着させるためには、書くことも欠かせません。10回以上の音読の後、音読した文章を、教科書を見ないで書く宿題(音読筆写)が毎日出されます。このセットを毎日行うことで、ただ書かせるだけでなく、脳の長期記憶にきちんと「落とし込む」ようにしています。

「語学の習得はスポーツと同じ」だと話す吉田先生。日々の授業や復習がトレーニングだとすれば、その成果を発揮する対外試合に相当するのが、海外の人たちとのリアルなコミュニケーションです。同校ではオンライン英会話学習をはじめ、季節の料理や工芸、ヨガなど多彩なジャンルを英語で楽しく学ぶ『イマージョンワークショップ』、授業で使用した教科書の本文を応用してドラマを作りあげる『MLSドラマメソッド集中講座』などの校内研修を行っています。

 “ドラマメソッド”は、語学の授業に俳優の訓練方法を取り入れたプログラムで、英語のセリフをキャッチボールのように投げかけ合うことで、英語でのコミュニケーション力を強化していきます。ドラマメソッドの専門講師を迎えて行われるこの講座は、英語の表現力を培うまたとない機会になっています。また、中2全員参加型のブリティッシュヒルズ英語研修や高校生対象のニュージーランドへの短期・長期の研修など、生徒の目標に合わせて、グローバルなコミュニケーションが体験できるさまざまなプログラムも設けられています。

 2020年度に大きく変わる大学入試のなかでも変化が大きいと予想される英語の入試。同校が定着に努める4技能は、最も大切なポイントになるとも言われています。中学の3年間、基礎・基本となる英語のコアを鍛えた生徒は、新大学入試はもちろん、国際社会での実践にも強い英語力を身につけていくことでしょう。

共立女子第二 習得した英語力を磨く国内・海外留学
学年 内容 留学先 参加
中1 MLS ドラマメソッド集中講座 Basic 校内留学 全員必修
中2 ブリティッシュヒルズ 英語研修 国内留学 全員必修
中3 MLS ドラマメソッド集中講座 Advanced 校内留学 全員必修
高1 NZ 夏期ホームステイ(14日間) 海外留学 希望者
高1 NZ ターム留学(2カ月間 3学期) 海外留学 希望者
高2 NZ 夏期ホームステイ(14日間) 海外留学 希望者
POINT1
習ったことを確実に定着 生徒が主役の授業

 止まる暇もなく次々にスキットをマスター。アクティビティを中心に生徒が主役の授業が毎時間繰り広げられます。中1から1~2学期で教科書の学びを終えて、3学期にすべての復習を徹底的に行うことで、習ったことを確実に身につけていきます。

POINT2
10回以上の音読後に教科書を見ずにライティング

 授業で習った教科書のスキットは、自宅でも復習し、毎日10回以上の音読が必修です。音読した後は、教科書を閉じてノートを開き、今度は覚えたスキットを書き出します。もちろん、1回で完璧に書き出すことはできません。音読して暗記し、書き出し、間違い直しを繰り返すことで脳に確実に情報を落としこみます。

POINT3
培った英語力をオンライン英会話で試す

 毎日の学習というトレーニングで培った英語力を試す最初の対外試合は、オンライン英会話です。全校生徒を対象に実施しており、フィリピン在住の先生と1対1で英会話レッスンを受けます。英検の面接対策としても非常に有効で、取得率も年々上昇しています。

POINT4
ニュージーランドからの留学生と気軽に交流

 毎年秋にニュージーランドからの留学生を受け入れている同校。姉妹校提携を結ぶワイヒ・カレッジからも5~6人が来日し、約10日間を共に過ごします。校内で定期的に行われている『イマージョンワークショップ』では、留学生たちとハロウィンのパンプキン作りに挑戦しました。

(この記事は『私立中高進学通信2018年10月号』に掲載しました。)

共立女子第二中学校  

〒193-8666 東京都八王子市元八王子町1-710
TEL:042-661-9952

進学通信掲載情報

【行ってきました!学校説明会レポート】在校生による学校紹介に充実の入試報告も!!
【校長が語る 自立へのプロセス】体験を通して学び、後輩へ受け継いでいく
【行ってきました!学校説明会レポート】説明会+入試問題研究会で親も子も学校の魅力に触れる
【私学の英語最前線】『4技能統合型授業』で確かな英語力を体得
【キャンパスのビジョン】「4技能統合型授業」でグローバル社会に通用する英語力を
【グローバル時代の学び方】英語力を効率的に伸ばす4技能統合型授業
【先生の本棚】八王子の豊かな自然に抱かれた美しい学校
【注目のPICK UP TOPIC!】英語の必要性を体感できるプログラム 文化も学べる「イマージョン・ワークショップ」
【私学の光輝】第46回体育大会 広々としたグラウンドで先輩と後輩の絆を深める
【校長が語る 思春期の伸ばし方】思春期の子どもたちは、粘り強く接する中で自分を気にかけてくれる存在の元に戻ってきます
【授業見聞録】理科・家庭科 約300㎡の校内ファームで土に触れ 収穫の喜び、食の楽しみを体験する
【学校生活ハイライト】戦後70年に平和への思いを込めた『白亜祭』
【大学合格力強化計画】併設大学を含めた選択肢の拡大が本当に進学したい学部・学科を決める
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】不安を払拭するオリエンテーションと学習指導で円滑なスタートを切る
【全人教室│心を育む私学の授業】統的な礼法で“相手を思う心”と品格を育む
【その先に備える キャリア教育】大学進学からその先を見すえ 一人ひとりが選択する「針路」
進学通信2018年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ