Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年10月号

校長が語る 自立へのプロセス

自由学園(男子部・女子部)中等科

徹底的な対話を通して、問題点を解決していく

女子部と男子部を併せ持ち、学科の勉強だけでなく「自治の生活」によって実生活のあらゆることを学びの対象としている同校。男子部中等科・高等科の部長を務める更科幸一先生にご登場いただき、生徒を自立に導くプロセスについて語っていただきました。

何か問題が起こっても反省はさせない!?
更科幸一(さらしな・こういち)部長先生更科幸一(さらしな・こういち)部長先生
1971年、東京都出身。自由学園中等科・高等科の卒業生。私立高校の教員を経て、2003年、母校である自由学園に赴任。2015年4月から男子部・部長に就任。生徒と一緒に、東日本大震災などの被災地の支援活動も行っています。

 各学年から選出された「委員会」が中心となり、自分のことは自分でする「自治の生活」を実践している同校。「知識を詰め込むだけでなく、しっかりと生きる人を育てる意味で、自治の生活はとても大切なことだと考えています。例えば、中1生は教室の鍵を管理し開け閉めを担当する、という責任を持つことで、『自分は社会の一員になっている』と自覚できます」と更科幸一先生は話します。

「生徒たちは日々葛藤や失敗を繰り返して頭を悩ませ、自分はどんな人間なのかを理解していきます。そのことが自立のためには重要なのです。その際、大人はできる限り手を出さないようにします。生徒が自分自身で考えることが大事で、その機会をどれだけ作れるかがポイントになります。生徒は最初こそ戸惑うと思いますが、自治の生活を経験すれば、高校を卒業する時、どこに出ても恥ずかしくない人間になれると思います」

 同校の男子部では寮生活が人気で通学圏の生徒も入寮を希望し、7割〜8割の生徒が入寮しています。自治の生活と共に、「寮生活の中で学んでいく」ことも男子部の特徴だと言えるでしょう。

「中1生が最初に入寮する際、高3生1人、中3生1人、中1生5~6人の相部屋に入ります。上の2人(高3生、中3生)が両親の役割をして、生活に必要なことを教えます。いがみ合いをしている生徒がいれば声をかけて話し合いをするなど、親身になって下級生に付き添います」

 学校や寮生活の中で生徒が何らかの問題を起こしてしまった場合、反省文を書かせたり謹慎処分にしたりといったことはせず、「その生徒と徹底的に対話をして、何が問題なのかを考えていく」ことを大切にしています。

「仮に、寮でお酒を飲んでしまった生徒がいたとします。その場合、“お酒を飲んだ”という事実は氷山の一角で、その下に隠れている深い部分を知らなくてはなりません。その生徒が『ノリで飲んだだけ』と答えたとしたら、そのノリに至った背景が必ずあるはずで、『悪いことだと知っていて手を出した君には、一体何があったのか?』と掘り下げていくのです。生徒はその期間をスペシャルスタディと呼び、最終的には自分自身の探求分野を見つけるまでに至ります。
 中高時代はどんどん失敗していいのです。失敗して自分の弱い部分を知り、それを克服することができれば、今度は他人の自立をも促すことができるようになります。自分の弱さを知るということは、他人の弱さも受け止められるということですから」

 こうした対話の際には、上級生も教員も一丸となって問題を起こした生徒に寄り添っていきます。「大変手間のかかる作業ですが、楽しいですよ。寄り添うことで、その生徒が変わっていく姿を見るのがうれしいんです」と更科先生は言います。

「担任以外の先生も面談をして、生徒に『君のことが大事なんだ』『信じてるよ』と伝えていく。そうすることで、その子が『たくさんの人が自分を見てくれているんだ』と気付き、愛情を感じ取り、それが成長につながります。私は日頃から『できるから愛されるんじゃない、愛されるからできるんだ』と言っていますが、これは自立の大きなポイントだと思っています」

毎朝約30分の面談でていねいに見ていく
自由学園の自立のための育て方
  1. 生徒自身が考える機会を多く作る
  2. 徹底的な対話で課題を解決する
  3. 生徒一人ひとりにていねいに寄り添う

 この取材中も生徒たちと楽しそうにコミュニケーションを取っていた更科先生。「生徒たちを盛り上げるのが上手」だと評判ですが、その秘訣はどこにあるのでしょうか?

「普段から生徒をどれだけていねいに見ているか、が大事だと思います。その子はどんなことに興味を持っているのか? どこに行きたいと思っているのか? それこそ、その生徒の氷山の下に何があるのかを見るように心がけています」

 毎朝、1人の生徒と約30分の面談を行い、そこで生徒の近況や今考えていることなどを把握している更科先生。誕生日を迎えた生徒がいると、個別のメッセージをカードに書き、校名入りのチョコレートと一緒にプレゼントしているそうです。そんな更科先生がこんな言葉をくれました。

「大人の作った社会構造を疑いもせず、また自分はどう生きたいのかを考えずに青年期を送ってしまう子どもがいるのは大きな課題だと思います。やはり中学、高校時代に、大人や社会に対して『これは違うだろう?』という問いを持ってほしい。その問いを解決するために学び、実践する人が、より良い社会を創る人になるのでしょう」

男子部の外観(左側が教室、奥が体育館)。中高6学年合わせて二百数名の生徒たちがここで学んでいます。男子部の外観(左側が教室、奥が体育館)。中高6学年合わせて二百数名の生徒たちがここで学んでいます。
誕生日を迎えた生徒にプレゼントしている個別のメッセージカードとチョコレート。チョコレートの包み紙には「2018年 自由学園男子部」の文字が入っています。誕生日を迎えた生徒にプレゼントしている個別のメッセージカードとチョコレート。チョコレートの包み紙には「2018年 自由学園男子部」の文字が入っています。

(この記事は『私立中高進学通信2018年10月号』に掲載しました。)

自由学園(男子部・女子部)中等科  

〒203-8521 東京都東久留米市学園町1-8-15
TEL:042-422-1079(女子部)/042-428-3636(男子部)

進学通信掲載情報

【注目のPICK UP TOPIC!】4年に一度の音楽会を開催 芸術によって人間性を育てる
【校長が語る 自立へのプロセス】徹底的な対話を通して、問題点を解決していく
【校長が語る自立へのプロセス】自分の責任を果たす中で、社会を学んでいく6年間
【子どもの自立を促す教育】実生活の要素を教材とし生き生きと主体的に学ぶ 学園の生活と学びが凝縮された『学業報告会』
【こどもの自立を促す教育】好きなテーマについて研究し導き出した答えを共有していくことで学びが深まる『学業報告会』
【The Voice 新理事長インタビュー】「いのち」と「自由」を使い切り自分だけの道を歩む伝統の教育
【目標にLock On!! 私の成長Story】自治の生活が育んだ どんな状況でも力強く生き抜く力
【私学の光輝 】第31回美術工芸展 創立者の羽仁もと子が提唱した“生活や自然と共にある美”を表現
【学校生活ハイライト】児童から学生までが趣向を凝らし来場者一人ひとりをおもてなし
【The Voice 新校長インタビュー】「生活即教育」の揺るがぬ理念が理想論ではない本物の人間力を育成
【私学の光輝】入学式 「自治」の6年間を共にする仲間たちとの出会いの日
【未来を生き抜く学力のつけかた】日々の生活と連動した実学の学びが社会で生きる力を育む
【自立と自律】自分たちのことは自分たちの手で「自治」が育む、生き抜く力
進学通信2018年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ