Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年10月号

学校ってどんなところ?生徒の一日

白梅学園清修中学校

勉強も放課後の活動も、生徒が主役
笑顔のたえない学校生活です

活発な議論が飛び交い、生徒の笑顔が輝く教室。放課後もそれぞれが目標に向かって自発的に活動している姿がとても印象的です。そんな同校で過ごす中3生の1日をご紹介します。
私たちが紹介します!
中3
R.Aさん

小学生の時に見た同校の鉄道模型に惹かれて入学を決意。学校の紹介動画やHP用の素材、受験生に向けたメッセージなどを制作する「広報委員会」でも活動中。

中3
M.Kさん

体育の授業のリーダーやスポーツフェアの実行委員を担う「プロジェクトリーダー」として活動中。放課後は、鉄道模型や軽音楽、演劇に参加しています。

8:10 登校

 玉川上水沿いの緑道を通って登校します。自転車での登校もOK。友人同士の会話も気分転換になります。

8:20 朝学習

 毎朝25分間、国・数・理・社・英の基礎力アップのためのトレーニングと、論理力と表現力を向上させるための200字作文に取り組んでいます。この成果は、毎年2回行われる「基礎力コンテスト」と、高1生の時に1年間かけて取り組む「論文」で発揮していきます。

8:50 1時限目

国語 利根川先生

 読解力・表現力を含む、言葉を“使う”スキル(言語スキル)を身につけさせる授業です。国語で身につけたスキルを、他教科の知識と組み合わせて「言葉を使う」機会も数多く作っています。

本の感想を自分の言葉で表現する“読書マラソン”も楽しい本の感想を自分の言葉で表現する“読書マラソン”も楽しい

9:50 2時限目

英語 ジェネー先生(ALT※:ジェイク先生)

 やり取りはすべて英語。会話を通じて、意味が伝わりやすい文章や正しいスペリングなども教えてもらいます。授業の最後には、グループの代表が作文を発表。指定された単語をより多く使ったグループが“Winner”に選ばれます。

※ALT… 外国語指導助手

10:50 3時限目

英語 ジェネー先生(ALT:ハリー先生)

 定期試験であるスピーキングテストのボリュームは1000単語以上! スピーチに合わせて写真を使ったスライドをパワーポイントで制作するため、準備用のワークシートが配布されました。その後の時間は、椅子を円形にして、英語しか使ってはいけない“人狼ゲーム”で会話スキルを磨きました。

11:50 4時限目

社会 鈴木先生

 テストを返却しながら、全員で解答も確認。生徒から活発に出てくる、わからない部分や興味のあることについての質問に、先生がていねいに解説していきます。テスト返却後の授業のテーマは「第一次大戦から第二次大戦への歩み」。まずは大まかに歴史の流れを解説してから、再び第一次大戦に戻って詳細な説明があるので、自然と理解が深まります。

12:40 昼休み

 基本はお弁当持参。中3生以上は、教室以外のカウンターやラウンジで昼食を取ることも可能です。行事の会議などが昼休みに行われることもあります。

チャイムが鳴らないので自分で時計を見て行動しますチャイムが鳴らないので自分で時計を見て行動します

13:30 5時限目

理科 小沼先生

 実験や観察などを多く取り入れることで、「仮定→検証→分析」という論理的な思考力を養っていきます。レポートの作成も多く、この授業でも国語で身につけた言語スキルを使って、単元のまとめを行っていきます。

14:30 6時限目

家庭科 刈田先生

幼児の学習に役立つ布絵本を手縫いで制作しています。ストーリーも自分たちで考案。読む時に、幼児が自分で手を動かしながら読み進められるような工夫をして、一人ひとりがオリジナルの絵本を完成させていきます。

 幼児の学習に役立つ布絵本を手縫いで制作しています。ストーリーも自分たちで考案。読む時に、幼児が自分で手を動かしながら読み進められるような工夫をして、一人ひとりがオリジナルの絵本を完成させていきます。

15:20 清掃

学校オリジナルのエプロンを着用して全員で校舎全体を清掃していきます。自分たちで使用した場所は自分たちできれいにする。生徒が自ら清掃する化粧室も含めて、校舎全体がきれいなところが清修生の誇りです。

 学校オリジナルのエプロンを着用して全員で校舎全体を清掃していきます。自分たちで使用した場所は自分たちできれいにする。生徒が自ら清掃する化粧室も含めて、校舎全体がきれいなところが清修生の誇りです。

15:40 終礼・SHR

翌日が芸術鑑賞会のため、チケットを配付して最終確認を行いました。

 翌日が芸術鑑賞会のため、チケットを配付して最終確認を行いました。

16:00 放課後

エリアコラボレーションはかけもちも可能!エリアコラボレーションはかけもちも可能!

 部活動がない同校では、“エリアコラボレーション”に参加したり、先生に質問をしたり、ネイティブの先生と音読練習をしたりと、それぞれが思い思いに過ごします。“エリアコラボレーション”の内容は、鉄道模型やテニス、弦楽器や演劇、ダンスなどさまざま。活動日は週に1~2回ほどなので、小学生から続けている習い事も継続でき、自分の可能性を大いに広げることができます。

17:00 下校

 下校時間になったら、中学生は全員帰宅。帰宅時間がきちんと決まっていることで、放課後の活動にも集中できるし、帰宅後の学習や習い事もしっかり時間が確保できます。

“言語を使うためのスキル”を全科目で学ぶ
太陽光が射しこむ、開放的な雰囲気が特徴的な校舎。女性の建築士が「女性のための教育環境」をテーマに設計し、机や椅子も“学びやすさ”を一番に考えてオリジナルで作られているそうです。太陽光が射しこむ、開放的な雰囲気が特徴的な校舎。女性の建築士が「女性のための教育環境」をテーマに設計し、机や椅子も“学びやすさ”を一番に考えてオリジナルで作られているそうです。

「チャイムがないのも、校則がないのも、自分のことは自分で考え、管理し、行動してほしいという思いから。学校側で決めたほうが楽なのは当然ですが、それ以上に社会へ出た時に恥ずかしくない“感覚”を身につけてほしいのです」と生徒募集対策主任の道元先生。

 学習面ではとくに“言語を使うためのスキル”が全科目において核となります。

「理科も社会科もただ知識を得るだけでなく、学んだことを自分の言葉で“発表”できるように指導しています。英語も同様で、英語を使って外国の方と一緒に活動できるような研修プログラムを提供しています」

 授業を通して高いコミュニケーション能力を身につけた上で、国内外での実践的な英語研修でグローバルな視点も獲得できるのが、同校の魅力です。

close-up!
エリアコラボレーション
鉄道模型
自分のiPadを持ってきてくれたR.Sさん(左)とT.Kさん(右)。

学校周辺の地域の方々が講師として参加する放課後課外活動“エリアコラボレーション”。女子校では部活動でもなかなかお目にかかれない“鉄道模型”に参加しているR.AさんとM.Kさんに、活動について聞いてみました。

Q.鉄道模型をやろうと思ったきっかけは?

R・Aさん
小6の時、学校見学で先輩方の作品を見て、私も自分で作ってみたくなり、入学してすぐ活動に参加しました。

M・Kさん
R・Aさんたちが楽しそうだったので、私も中2から参加しました。先輩方の作った『となりのトトロ』の作品は、映画の中のシーンが繊細に再現されていて、本当に素晴らしかったんです。

Q.活動内容を教えてください。

R・Aさん
毎年8月に開催される「鉄道模型コンテスト」に出品する作品を、春からコンテストまでの期間に制作します。

M・Kさん
今年は高2生が主体の作品と、私たち中3生がメインで作る作品をそれぞれ1つずつ制作しています。中1生と中2生がその補助に入ります。

R・Aさん
中3生の作品は最初『スーパーマリオ』にしようと思っていたのですが、マリオを空中に浮かせておくことが技術的に難しかったので、『ムーミン谷』を作ることになりました。

M・Kさん
参加するからには賞を狙いたいという思いで取り組んでいるので、なるべくリアルな作品をめざしています。今は発泡スチロールで山の形を作って、石膏で固める作業中。乾いたら色を塗って、草木を表現するスポンジを付けていくのが楽しみです。

Q.鉄道模型を作って良かった、と思う瞬間はどんな時?

M・Kさん
市販の材料を使うこともありますが、橋などは学校に落ちている小枝を拾ってきてオリジナルで作ることもあります。もともと“ゼロ”だったものが、自分の手で“作品”になっていく過程を見ると感動します。

R・Aさん
先輩方から学校のことなどいろいろなお話をうかがうこともできるので、制作中は本当に面白いです。

Q.学校生活で一番楽しみにしていることは?

R・Aさん
来年の海外研修です。カナダで2週間ホームステイをするので、しっかり準備して挑みたいと思います。

M・Kさん
私は、先生方とお話をさせていただく時間です。わからないこともすぐに質問して解決できるし、私が苦手だと思っていることにきちんと向き合ってくれるから、苦手な教科も好きになれました。先生の言葉は、本当に力になります。

昨年制作したのは、ディズニー映画『シュガー・ラッシュ』の世界を再現した模型。昨年制作したのは、ディズニー映画『シュガー・ラッシュ』の世界を再現した模型。
模型の作り方は先輩や先生方にヒントをいただきながら、自分たちで考えます。模型の作り方は先輩や先生方にヒントをいただきながら、自分たちで考えます。
森の造形がダイナミックな『となりのトトロ』の模型は、現在、学校外で展示されています。森の造形がダイナミックな『となりのトトロ』の模型は、現在、学校外で展示されています。

(この記事は『私立中高進学通信2018年10月号』に掲載しました。)

白梅学園清修中学校  

〒187-8570 東京都小平市小川町1-830
TEL:042-346-5129

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】やりがいと刺激がたくさん熱い ! 鉄道模型
【WEB版『Hello! School』】お気に入りの場所を案内してくれる生徒の笑顔がはじけるキャンパス
【生徒に聞く学校生活】ヒューマニズムの愛と自由の理念のもとで 生徒一人ひとりに備わっている才能・特徴を発見し、最大限に伸ばす
【SCHOOL UPDATE】リーダーシッププログラムの実践 一人ひとりがリーダーとして活躍する清修フェスタ
【グローバル特集 アイデンティティ】留学生と広島・京都を巡るグローバルな体験
【大学合格力強化計画】少人数制を活かして 一人ひとりの進路を叶える個別対応の学習指導
【学校ってどんなところ?生徒の一日】勉強も放課後の活動も、生徒が主役笑顔のたえない学校生活です
【私学の英語最前線】オールイングリッシュの授業で英語を全身に吸収
【大学合格力強化計画】徹底した少人数の中高一貫教育で生徒一人ひとりの夢を叶える
【6年間の指導メソッド】少人数の一貫教育で才能を大きく伸ばす
【SCHOOL UPDATE】「本物の」アクティブラーニング 一生使える英語力を身につける
【全人教室|心を育む私学の授業】少人数の強みを生かし全員参加の精神で一人ひとりを活躍させる
【大学合格力強化計画】少人数ならではの個別指導が志望する大学への合格を後押し
進学通信2018年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ