Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年9月号

SCHOOL UPDATE

目黒日本大学中学校

日本大学準付属校へ
付属校だからこそ広がる進路選択
新たなカリキュラムもスタート

同校オリジナルの探究プログラムIP教育では、共に分かち合うことを大切にしています。テーマに従って、徹底したリサーチを行い、現地でのフィールドワークを経て、事後学習、プレゼンテーションを行います。

同校オリジナルの探究プログラムIP教育では、共に分かち合うことを大切にしています。
テーマに従って、徹底したリサーチを行い、現地でのフィールドワークを経て、事後学習、プレゼンテーションを行います。

 日出中学校は110年という長きにわたって次世代を担う優れた人材を輩出してきました。2019年4月より、日本大学の準付属校となり、名称も「目黒日本大学中学校」へと変わります。

「付属校になることで、日本大学への進学率が上がり、進学の幅が広がることが最大のメリットです。本校の高校には現在、国際コース、特進コース、進学コース、スポーツコース、芸能コースの5コースがありますが、次年度からは、進学コース、スポーツ・芸能コースの2コース制でスタートします。いずれのコースにも日本大学への道が拓けてきます。もちろん、進学は難関私立大学や国公立大学も見据えながら学習することが可能です」

 また、アクティブラーニングやグループコミュニケーションなど、プレゼンテーション能力を養うための学習法を早くから取り入れ、21世紀型の力を身につけるための教育を行っていきます。今後はさらにカリキュラムを整え、より社会に適応した力を持った生徒の育成をめざします。

「本校では、疑問力・探究力・表現力の3つを柱としたIP(Inquiry Program)教育を導入しています。これらのスキルを身につけることで、生徒が主体的に学ぶ力を伸ばします。
 また、英語教育にも力を入れており、イングリッシュデーの設置、ネイティブ教員と英語で体育や芸術、情報などを学ぶイマージョン教育も行っています」(広報部主任/天野正貴先生)

 2018年度より、CIPA(シーパ※)ルームもオープンし、ネイティブ教員とのコミュニケーションの場として活用されています。このような新たな取り組みによって、生徒たちは興味の幅を広げ、広い視野を身につけていきます。

※CIPA…国際交流センターのこと。

新たな中学入試「算数1科入試」をスタート

中学入試ではこれまでの2科、4科、適性検査型入試に加え、2018年度から「算数1科」入試が導入されます。問題は文章読解、記述・論述を含むもので、難易度は高め。学業奨学生の対象ともなっています。理数系に強い生徒からのチャレンジが期待されています。

探究型プログラムで、自ら考え解決する力を養う
よりよい教育環境を実現
2022年にSGH(スーパーグローバルハイスクール)とSSH(スーパーサイエンスハイスクール)のダブル申請を予定しています。4技能をバランス良く習得することを大切にする英語の授業では、ネイティブ教員によるていねいな指導が行われています。2022年にSGH(スーパーグローバルハイスクール)とSSH(スーパーサイエンスハイスクール)のダブル申請を予定しています。4技能をバランス良く習得することを大切にする英語の授業では、ネイティブ教員によるていねいな指導が行われています。
iPadの導入、全フロアWi-Fi完備、全クラス電子黒板設置と、整ったICT環境を誇る同校。そのため、英語圏に住むネイティブ講師のライブレッスンが受けられるオンライン英会話の授業も導入しています。iPadの導入、全フロアWi-Fi完備、全クラス電子黒板設置と、整ったICT環境を誇る同校。そのため、英語圏に住むネイティブ講師のライブレッスンが受けられるオンライン英会話の授業も導入しています。
英語の授業では言語だけでなく、その国の文化や思想、価値観も学び、自国の言語や文化を深く知る国際人の育成をめざします。英語の授業では言語だけでなく、その国の文化や思想、価値観も学び、自国の言語や文化を深く知る国際人の育成をめざします。
一日中ネイティブ教員と過ごし、英語のシャワーを浴び る「イングリッシュデー」も実施。一日中ネイティブ教員と過ごし、英語のシャワーを浴び る「イングリッシュデー」も実施。
CIPAでは、海外大学への進学支援や留学制度の案内も行っています。放課後は常に開放しており、ネイティブ教員とのコミュニケーションの場ともなっています。CIPAルームでの活動は、ポスターで貼り出されており、その様子がうかがえます。CIPAでは、海外大学への進学支援や留学制度の案内も行っています。放課後は常に開放しており、ネイティブ教員とのコミュニケーションの場ともなっています。CIPAルームでの活動は、ポスターで貼り出されており、その様子がうかがえます。
進学通信2018年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ