LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年9月号

SCHOOL UPDATE

武蔵野中学校

アクティブ入試
“得意なことを活かす”受験アクティブ入試がスタート!

運動部から文化部まで、クラブ活動が盛んな同校。写真は全国大会出場も果たしているチアリーディング部の活動の様子。

運動部から文化部まで、クラブ活動が盛んな同校。写真は全国大会出場も果たしているチアリーディング部の活動の様子。

「10年後の社会で役立つ力」の育成をテーマに、“英語を英語で学ぶ”独自のプログラム「LTE(※)」を導入し実践的な英語力の育成に力を注いでいる同校。今年度からは、小学校時代に力を入れて取り組んだことや、自分が一番得意としていることを活かして受験できる「アクティブ入試」制度を導入します。2科目型の枠組みで実施されるこの入試では、1教科は国語か算数のどちらかの筆記試験を選択し、もう1教科は「アクティブ」となります。自分が取り組んできたことを40分間でアクティブシートに記入したのちに、面接官とシートの内容に基づいた質疑応答を行います。

「英会話やバレエ、日本舞踊や卓球などの習いごと、小学校生活で力を入れたことなど、どんな分野でもかまいません。成果や成績を残している、いないに関わらず、取り組むうえで身についたこと、成長できたことをアピールしていただければと思います」 (副校長/浅見尚次郎先生)

 中学入試は合格がゴールではありません。6年間という中高の学校生活を有意義に過ごし、自身の潜在能力をいかに伸ばすかが大切です。

「本校はどの生徒もいろいろなことに積極的にチャレンジできる環境を整えています。入学後は、何事にも意欲的に取り組み、着実に力をつけていってほしいと思います」(浅見先生)

 小学生の時から卓球を習ってきた兒嶋きらさん(中3)は、卓球部員として毎日の部活動や勉強に文武両道で励んでいます。

「卓球部の練習は毎朝6時30分から夜は21時頃まであります。小学生の頃とは違って、厳しくてつらいときもありますが、関東大会に出ることを目標にがんばっています。この学校の魅力は、体育祭や文化祭、林間学校や沖縄在住の外国人家庭への国内留学など、行事が豊富にあって、生徒も先生も全力で熱く盛り上がるところです。毎日とても楽しくて、充実しています」(兒嶋さん)

※LTE…Learning Through Englishの略。

「自分が一番得意なこと」で入学し、着実に力をつける!
卓球部で練習に励む兒嶋さん。「部活動を通じて我慢強くなれたり、時間を上手に使ったりできるようになりました」と話します。卓球部で練習に励む兒嶋さん。「部活動を通じて我慢強くなれたり、時間を上手に使ったりできるようになりました」と話します。
卓球部員は、毎日長い時間をともに過ごす家族のような存在。玉拾いなども協力しながら、熱心に練習に励んでいました。卓球部員は、毎日長い時間をともに過ごす家族のような存在。玉拾いなども協力しながら、熱心に練習に励んでいました。

学業も行事も“みんなで全力投球”が武蔵野流!
沖縄での国内留学「クロス・カルチュラル・プログラム」では、外国人家庭にホームステイをしたり、民泊をしたりと沖縄の文化・伝統に触れながら海外生活を疑似体験します。沖縄での国内留学「クロス・カルチュラル・プログラム」では、外国人家庭にホームステイをしたり、民泊をしたりと沖縄の文化・伝統に触れながら海外生活を疑似体験します。
3カ月間のニュージーランド留学では、温かいホストファミリーと過ごしながら、実践的な英語力を磨きます。3カ月間のニュージーランド留学では、温かいホストファミリーと過ごしながら、実践的な英語力を磨きます。
年に2回、3学年合同で行う箱根の林間学校では、学年を越えた縦のつながりが得られます。ネイティブ教員も同行し、その日の予定を英語で記すなど、英語に親しめる恵まれた環境になっています年に2回、3学年合同で行う箱根の林間学校では、学年を越えた縦のつながりが得られます。ネイティブ教員も同行し、その日の予定を英語で記すなど、英語に親しめる恵まれた環境になっています
林間学校では、さまざまな職業体験や、教員が生徒一人ひとりの「いいところ」を発表する「いいとこ大賞」の表彰も行います。林間学校では、さまざまな職業体験や、教員が生徒一人ひとりの「いいところ」を発表する「いいとこ大賞」の表彰も行います。

(この記事は『私立中高進学通信2018年9月号』に掲載しました。)

武蔵野中学校  

〒114-0024 東京都北区西ヶ原4-56-20
TEL:03-3910-0151

進学通信掲載情報

【未来を切り拓くグローバル教育】NZ3カ月留学を体験し自主性と自立心が高まる
【中学入試のポイント】これまでの経験を評価する『アクティブ入試』を導入
【学校生活ハイライト】『他者理解』をキーワードに中高で団結して作り上げる文化祭
【SCHOOL UPDATE】アクティブ入試“得意なことを活かす”受験アクティブ入試がスタート!
【The Voice 副校長インタビュー】10年後の社会で活躍するための力をグローバルな視点から育て上げる
【キャンパスのビジョン】夜9時まで集中して学習可能 競争意識が学ぶ意欲をかきたてる
【学校生活ハイライト】「他者理解」を深めるニュージーランド留学
【Students' Chat Spot】10年後の社会で活躍する生徒の育成をめざして「実践的英語力・コミュニケーション力・自ら学び実行する力」を養う
【SCHOOL UPDATE】留学&体育祭 英語力と自己実現力を育む多彩なプログラム
【グローバル時代の学び方】国際社会に通用する『他者理解』を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】学年合同の行事が「他者理解」を促す
【SCHOOL UPDATE】ニュージーランド3カ月留学 実践を通して英語は“武器”になる
【10年後のグローバル社会へのミッション】広い視野で捉えた「他者理解」の精神で未来を生き抜く
【未来を生き抜く学力のつけかた】100年の歴史を持つ「他者理解」の校訓こそが新しい学力育成の基盤となる
【注目のPICK UP TOPIC!】「他者理解」の人間教育を実践するクラブ活動
【私学の光輝】文化祭
【めざせ 次代のグローバルリーダー】他者理解を深め自律心を芽生えさせる テーマ学習を取り入れた3カ月間の海外留学
進学通信2018年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ