Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年9月号

実践報告 私学の授業

昭和女子大学附属昭和中学校

学び合いをベースにした理科の授業
自ら学んでいく生徒を育てるアクティブラーニング型授業

虫眼鏡を使ってレンズの働きを確かめる生徒たち。自由に試すことで、レンズの仕組みが実感として理解できます。

虫眼鏡を使ってレンズの働きを確かめる生徒たち。
自由に試すことで、レンズの仕組みが実感として理解できます。

アクティブに考える生徒たち

『世の光となろう』を目標に全人教育を行う同校。中学校・高等学校ともに、生徒の主体性や対話を大切にしたアクティブラーニング型授業の導入が、各教科で始まっています。

 理科では山下兼彦先生が、グループワークや実験を取り入れ、生徒自身が答えを探る授業を展開しています。中1の理科「光の屈折」の授業では、座学は前回の授業の振り返りと発展課題をビデオで見るところで終わりです。あとはレンズを用いてさまざまなものを見る実験に多くの時間を割き、光の屈折やレンズの働きについて、生徒自身が気づきを得る流れを作っていました。生徒たちは、実験や話し合いで気づいたことを、自主的にプリントに記入していきます。興味を持ってイキイキと取り組み、クラス全体が活発に話し合う姿が印象的でした。

思い切ってやめた一斉授業

 山下先生がアクティブラーニングを授業に取り入れ始めたのは昨年度のこと。高校の生物の授業で、講義形式の一斉授業をやめたのです。

「試験前には生徒が質問に来てくれましたが、どれも授業で説明したことばかりでした。つまり、“聞いているだけの授業”では教科内容が定着しにくいとわかったのです」

 そこで、事前の説明を極力行わず、課題をグループで議論したり、先にわかった生徒が、ほかの生徒に教えたりする「学び合い」を授業に導入しました。最初は戸惑っていた生徒も、定期試験で良い結果が出ると、この授業スタイルを支持してくれるようになったと言います。

「『みんなで話し合った問題だから、よく覚えていた』『クラスメートが教えてくれた記憶がよみがえった』『考える授業は楽しい』と生徒たちは言っています。学び合いによる学習効果の大きさを実感しました」

 試験前には、黒板を前に生徒同士で教え合う姿が見られ、「学び合い」が当たり前になるのと同時に、試験の結果も上向きになったそうです。

 生徒の変化を目の当たりにして、アクティブラーニング型授業をより早い時期から体験させたいと、今年度からは、中1の理科でも導入しました。小学校ですでにアクティブラーニングが意識されている今、中1生はスムーズに学び合いのスタイルになじんでいるそうです。

 話し合いながら授業を進めると、生徒から独創的な発言が飛び出し、印象に残ってクラス全体で共有・知識化できるのがアクティブラーニングのメリットです。この日も両手を上げた山下先生をレンズで見ると、先生が逆立ちしているように見えると発見した生徒たち。このようなエピソードが理科の授業を好きになる第一歩にもなるのです。

 今年度は他教科でも「学び合い」を取り入れた授業が始まりました。授業のあり方が変われば、生徒の頭が活性化して知的な探究心が深まる、そんな瞬間に立ち会えた授業でした。

Step 1 導入
前回の授業で学んだことを確認する
今回の実験の前提となる知識を、授業の最初にしっかり確認します。今回の実験の前提となる知識を、授業の最初にしっかり確認します。

 コップに水を入れると、光の屈折で底にある10円玉が大きく見える原理をおさらいします。この知識を活用してこれから課題に挑んでいきます。アクティブラーニング型授業では、生徒が活動や話し合いに入る前に、前提となる知識をしっかりおさえることが重要です。デジタル教科書と電子黒板でビデオを観て、先生が解説します。

Step 2 課題に取り組む
目標を先に提示 考える材料を元に試してみる
答えを相談したり、教え合ったりしながら、生徒たちは結論にたどり着いていきます。答えを相談したり、教え合ったりしながら、生徒たちは結論にたどり着いていきます。

「今回の目標」を先に提示してから、考える材料を与え、活動へと進みます。「なぜ、虫眼鏡で物をみると近くと遠くで反対に見えたり、見えなかったりの違いが出るのか?」という疑問の提示から始まり、虫眼鏡を使って
①友達の顔を見る
②遠くの景色を紙に映す
③天井の蛍光灯の真下にかざしてみる
、という3つのものの見え方を班ごとに調べます。

Step 3 学び合う
教え合いや話し合いで理解を深める
窓の外の景色を白い紙に映してみると、逆さに見えることを発見窓の外の景色を白い紙に映してみると、逆さに見えることを発見!

 調べた結果から「光の屈折」の仕組みを導き出し、プリントに記入します。この授業では、生徒同士の教え合いや話し合いを大いに推奨しています。グループも自分たちで自由に作り、教室内を自由に移動しながら活動します。わかった生徒は「ミニティーチャー」となり、周りの生徒に教えます。

Step 4 振り返り
気づいたこと、学んだことを「見える化」するリフレクションシート
「リフレクションシート」を記入して授業を締めくくります。このノートを見れば、これまでに学習したことの全体を振り返ることができます。「リフレクションシート」を記入して授業を締めくくります。このノートを見れば、これまでに学習したことの全体を振り返ることができます。

 アクティブラーニング型授業では、学習の振り返りが欠かせません。毎回、授業の最後5分間に、「リフレクションシート」を記入しています。自分で進んでできたかを問う「主体性」、いろいろな人たちと活動できたかを問う「多様性」、クラスメートと一緒に力を合わせることができたかを問う「協働性」の3つの観点を自己評価し、わかったことや疑問に思ったことを記入します。

Active Learning Point
早い段階からアクティブラーニング型授業を
山下兼彦先生(理科)山下兼彦先生(理科)

「他者と議論したり実践による経験をしたり、学んだことを他者に教える能動性が高まると、学習の定着化が図れます。これがアクティブラーニングの良さだと思います。

 アクティブラーニングが効果的に行われるためには、そのクラスや学習集団に合った課題や難易度の調整をしっかりと行うことが大切です。簡単すぎると飽きられてしまうし、難しすぎると避けられてしまいます。高校でアクティブラーニング型授業を行っていた時にそれを感覚としてつかめたので、中学でも同じように生徒の様子をよく見ながら調整しています。生徒はアクティブラーニングによって教科で身につけるべき『概念』をつかみ、実験・実習で『実感』してから『教科書』を読むと、本当に理解が深まります。そして自分が理解したことを『自分の参考書』としてノートにまとめさせています」

(この記事は『私立中高進学通信2018年9月号』に掲載しました。)

昭和女子大学附属昭和中学校  

〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
TEL:03-3411-5115

進学通信掲載情報

【Students' Chat Spot】初めての「オンライン文化祭」を開催!
【目標にLock On!! 私の成長Story】生徒会長と学級委員、そして海外研修 中高時代の経験が将来の夢を築く土台に
【Students' Chat Spot】コースやクラスだけでなく上級生も下級生も全校で仲が良い学校です!
【私学の英語最前線】21世紀の国際感覚を育むグローバル留学コース
【実践報告 私学の授業】学び合いをベースにした理科の授業 自ら学んでいく生徒を育てるアクティブラーニング型授業
【学校生活ハイライト】『ザ・ボストン ミッション』でアクティブな海外研修を経験 意欲的な学びを英語漬けで体験
【その先に備えるキャリア教育】体験 卒業後につながる体験で リーダーシップマインド育成
【SCHOOL UPDATE】スーパーサイエンスコース 大学連携で専門性を追求
【Students' Chat Spot】和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しい学校です。
【グローバル時代の学び方】全人教育で未来を拓きグローバルな力を鍛える
【学校生活ハイライト】日本文化をより深く知る 国際人としての学習
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】NEXTと言えるのは築いてきた確かな礎があるから ─「SHOWA NEXT」がめざす教育とは
【学校生活ハイライト】グローバル社会で躍動し 輝く女性になるために おそれることなく世界に飛び出そう!
【未来を生き抜く学力のつけかた】伝統と先進を融合させた独自の中高一貫教育で未来を見つめ自ら力を発揮する女性を育成する
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】グローバル社会で活躍できる人材を育てる新カリキュラム「SHOWA NEXT」
【めざせ 次代のグローバルリーダー】高大・産学連携でグローバルなキャリアを描く女性を育成
【母校にエール!OGOB interview】中高で学んだチャレンジ精神が私をずっと支えてくれました
【私学の光輝】感謝音楽祭
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】中高6年間の土台となる学習習慣を築く『学寮』
進学通信2018年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ