Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年9月号

未来を切り拓くグローバル教育

東洋大学京北中学校

異文化に触れ英語力を試す中3のカナダ修学旅行

海外体験や留学生との交流で真の国際人をめざす
カナダ修学旅行での1コマ。入学直後からオールイングリッシュの機会を何度も経験している生徒たちは、初めての海外でも物怖じせずに積極的に話せるそうです。

カナダ修学旅行での1コマ。入学直後からオールイングリッシュの機会を何度も経験している生徒たちは、
初めての海外でも物怖じせずに積極的に話せるそうです。

高大連携も活かしたグローバル教育の実践

 東洋大学の創設者である哲学者・井上円了博士の言葉『諸学の基礎は哲学にあり』を礎に、『本当の教養を身につけた国際人』の育成を目標とする同校。2015年に男子校から共学校になり、よりグローバル教育を重視した取り組みを行っています。

 中学入学直後に行われる全員参加の「イングリッシュキャンプ」では、2泊3日、ネイティブの講師たちとオールイングリッシュで過ごします。

「異文化交流と英語のレッスンを主軸に、最終日には全員が英語でスピーチするこの取り組みには、本校の国際教育のエッセンスが詰まっています」

 と国際教育推進部長の今橋伸悟先生は話します。日々の授業では、中1からネイティブ教員による週2回の英会話の授業、英検対策の指導、中1~中3まで毎年行われる全員参加の英語スピーチコンテストなど多彩な取り組みで、英語の4技能を養成しています。

 東洋大学の留学生との交流プログラム「レッツチャットインイングリッシュ!」は、中1~高3の希望者を対象に年に5回行われています。授業形式ではなく、留学生と英語でさまざまな会話をすることで、コミュニケーション力を磨くことができます。文部科学省のスーパーグローバル大学に採択された東洋大学とのこのような中高大連携も、同校の大きな特色の一つです。

中学3年間の集大成は全員参加のカナダ修学旅行

 中3の3月には英語学習の集大成として、7日間のカナダ修学旅行に臨みます。

「出発までにカナダの政治や歴史、風土を事前学習で学びます。現地では消防署や市庁舎、警察署など班ごとに分かれて見学し、週末はホームステイをするなど、カナダの日常生活に密着し、文化の違いを肌で感じる体験ができます。現地校との文化交流では日本文化の紹介も行います」

 この時期に海外を体験することが、非常に重要なのだと今橋先生は言います。

「中学までの英語を身につければ、十分に英語でコミュニケーションできると言われています。3年間しっかり学んでから海外に行くほうが、実りある体験ができると思います。
 英語で自分の意思をより良く伝えるには、文法の知識や単語力が必要です。でも、それらを学ぶことの大切さは、体験してみないと実感できないものです。本校では中1のイングリッシュキャンプを皮切りに、さまざまなプログラムで英語をしっかり学ぶことの必要性を実感してもらい、中3の修学旅行で完成させるという流れで考えています」

 語学の習得だけではなく、異文化に触れて、コミュニケーションする体験が何よりも大事だと話す今橋先生。段階を経て身につけていく英語力と国際的な感覚は、しっかりと生徒たちに根付いています。

中1・中2・高1
中高6年間で3度体験!
2泊3日、英語だけを話すイングリッシュキャンプ
ネイティブ講師との交流を通して国際感覚と英語の瞬発力を鍛える!ネイティブ講師との交流を通して国際感覚と英語の瞬発力を鍛える!

 入学直後の英語研修を実施している学校は数多くありますが、同校では、中2、高1でも実施しています。2泊3日でネイティブ講師とオールイングリッシュで交流する「イングリッシュキャンプ」を体験し、英語でのコミュニケーション力を養います。

 学年が上がるにつれ、より高度な内容を学べるようなカリキュラムが組まれています。高校でのイングリッシュキャンプでは、かなり高度なディスカッションなどもできるようになるそうです。継続的なプログラムが高い英語力を育んでいます。

中1~高2
貴重なマンツーマンレッスンの機会
中1の夏から参加可能!セブ島英語研修
「中1からネイティブのマンツーマンレッスンを受けられる」と保護者にも人気「中1からネイティブのマンツーマンレッスンを受けられる」と保護者にも人気

 夏休みに8日間の日程で行われるセブ島英語研修。中1から参加でき、今年度は34名が参加。その約半数が中1生でした。

 ネイティブ講師とのマンツーマンレッスンを受けて、確実に英語力を伸ばすことができる研修です。現地校との交流も行われます。研修では必ず男性の先生、女性の先生が引率。さらに現地スタッフも手厚くフォローするなど、バックアップも万全です。

中3
現地校との文化交流やホームステイを体験
3年間で培った語学力を試せるカナダ修学旅行

 同校が海外プログラムで重視しているものは「体験」。7日間の修学旅行では、町の市場やスーパーで買い物をしたり、自分たちで食事を注文したりと、現地の生活に触れる場面を大事にしています。

「カナダでは、一般的に個人宅でもホテルでも、タンクに水を貯めて使っています。だから、1人がシャワーでお湯を使いすぎると、ほかの人が使えなくなってしまう。先進国であっても異なる環境や文化を体験することで、生徒たちは大きな刺激を受け、世界で起きる出来事に興味を持つようになります」

 と話す広報部長の井出秀己先生。現地校との交流では、グループごとに日本の良さを伝える取り組みを行いました。折り紙や手製のカルタによる交流など、生徒それぞれが工夫したプレゼンテーションは現地校生に好評だったそうです。

現地校の生徒たちに英語を駆使して折り紙を教えます現地校の生徒たちに英語を駆使して折り紙を教えます
ホストファミリーとの交流ちゃんと英語が通じる喜び!ホストファミリーとの交流
ちゃんと英語が通じる喜び!
消防署や市庁舎、観光局を訪問カナダの政治や歴史に触れる貴重な体験消防署や市庁舎、観光局を訪問カナダの政治や歴史に触れる貴重な体験
高1・高2
15日間でアメリカ地方都市を体験
異文化体験や交流が盛りだくさんのオレゴンサマープログラム
異文化を体験することで視野が広がりグローバルな視点が育ちます異文化を体験することで視野が広がりグローバルな視点が育ちます

 夏休みに行われる15日間のプログラムです。オレゴン州ポートランドに滞在し、国際感覚を磨きます。ネイティブ講師によるレッスンのほか、施設訪問、ホームステイ体験、アウトドア体験など、豊富なプログラムを盛りこんだ内容です。アメリカの地方都市の豊かな生活を体験します。

(この記事は『私立中高進学通信2018年9月号』に掲載しました。)

東洋大学京北中学校  

〒112-8607 東京都文京区白山2-36-5
TEL:03-3816-6211

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】“哲学”を中高6年間で学びすべての教科の基礎とする
【中1の始め方】国際人を育成するため早期から英語に触れる
【熱中!部活動】礼儀・自主性・思いやりを育み 人としても大きく成長
【未来を切り拓くグローバル教育】異文化に触れ英語力を試す中3のカナダ修学旅行
【私学だからできるオリジナル教育】小説の執筆を通して生き方を考える時間
【6年間の指導メソッド】人間性の向上『より良く生きる』がテーマ
【グローバル時代の学び方】3つの柱を掲げた独自の国際教育
【Students' Chat Spot】「哲学教育(生き方教育)」「国際教育」「キャリア教育」の柱のもと、本当の教養を身につけた国際人を育成
【その先に備える キャリア教育】哲学 哲学的に生きる生徒たちは主体的にキャリアを考える
【キャンパスのビジョン】陽光の入る開放的な図書室が探究心と学習意欲を高めてくれる
【Students' Chat Spot】「哲学教育(生き方教育)」「国際教育」「キャリア教育」の柱のもと 本当の教養を身につけた国際人を育成
【10年後のグローバル社会へのミッション】めざすは哲学を持って生きる 本当の教養を身につけた国際人
【キャンパスのVISION】広々とした新校舎でおおらかに成長し「より良く生きる」
【その先に備える キャリア教育】自分の哲学を持って生きる本当の国際人の育成
【The Voice 新校長インタビュー】満を持して、いよいよ東洋大学京北がスタートする
【私学しゅん報】HERE!新たなスタート 新校舎&共学化
【On Going! 進歩する私学の注目情報】大学との連携を強めより深い教養を学ぶ 共学校の誕生!
進学通信2018年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ