LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年9月号

未来を切り拓くグローバル教育

関東学院中学校

使うことで伸びる英語力授業に“実践”の場を提供

外部講師の授業とオンライン英会話で強力支援
1クラスを3つに分けて、少人数で行うベルリッツの授業。英語力とコミュニケーション力を育成します。

1クラスを3つに分けて、少人数で行うベルリッツの授業。英語力とコミュニケーション力を育成します。

学んだ英語を実践的に使うベルリッツの授業

 横浜バプテスト神学校をルーツに持ち、『人になれ、奉仕せよ』を建学の精神とする同校。「キリスト教の教えを受け、グローバル教育では、他者との関わりにおいて相手を理解することを大切にしています」

 と英語科主任の宮前州吾先生は言います。

 2020年度の大学入試改革に向け、2014年から授業改革を行い、スピーキングや楽しく取り組めるアクティビティを多く取り入れてきました。改革の成果は、生徒たちの英語への取り組みに表れ、英語で話すことに抵抗感がなくなり、海外研修に高い興味や意欲を持つようになったのです。

 さらなる英語力の向上をめざして、今年度より、中1から高2までの全員を対象に、週に2時間ある総合の時間を使って、英会話スクール・ベルリッツの講師陣による授業を始めました。さまざまな工夫で生徒たちを導くオールイングリッシュの授業は、英語を使ったコミュニケーションを数多く経験する場となっています。

「通常の英語の授業を、単語や文法とコミュニケーションの “トレーニング”と位置づけるなら、ベルリッツの授業は英語をアウトプットする“実践”の場です。講師の出身国は、英米だけでなく、中米やアジア、アフリカなど実に多彩です。さまざまな国の文化的背景を持つ人々に触れることで、相手の文化を受容し、リスペクトする姿勢を身につけてほしいと考えています」

 さらに、高1生を対象に、朝のホームルームを活用したオンライン英会話も新たにスタートしました。1対1の25分間のレッスンで、英検の問題を教材に、音読をしたり、設問に答えたりして英語力を高めます。

「ヘッドセットとマイクを使うので、発音や間違いを指摘されても周りの人にはわかりません。理解が足りないところは、英会話の先生がテキストチャットで補ってくれます」

海外だけでなく国内でも国際感覚を磨く取り組みを

 同校では国際理解教育の一環として、複数の海外研修を実施していますが、国内でも英語力を高め、国際感覚を身につける機会を提供しています。

 例えば、中学の研修旅行で京都・奈良・大阪を訪れた際は、出会った外国人にインタビューを実施、その内容を英文でまとめて、英語の授業で発表する取り組みを行っています。このほか、ニュージーランドや台湾からの短期留学生の受け入れや、中学生向けの英語イベント「イングリッシュシャワー」や「アクティブイングリッシュ」など、バラエティに富んだ機会を提供しています。

「バランス良く英語の4技能を伸ばしつつ、国際理解を深め、相手の意見や文化を受け入れる受信力を高めることをめざしています。これこそが、グローバルな社会を生き抜く力だと考えているからです」

Action Report File001
楽しみながら英語の瞬発力を養う
ベルリッツの講師による中1・中3の授業

 英会話スクール、ベルリッツのネイティブ講師陣による授業は、中1から高2の全員を対象に行われます。45名のクラスを3つのグループに分け、各グループに1名ずつ講師がつきます。すべての授業でオールイングリッシュが徹底されており、生徒同士が日本語で話していると、「No Japanese」と注意されることもあります。

 中1の授業では、発音やヒアリングの練習として伝言ゲームが行われていました。講師が生徒に英単語を耳打ちし、それを順番に伝えていきます。伝言が成功することもあれば、聞き間違えたまま伝わってしまうことも。講師の発音を必死に真似して伝え、間違えた場合は繰り返し復習するため、語彙が生徒たちにしっかりと定着します。

 中3の授業では、折り紙の折り方を英語で説明する練習をしていました。「crease」(折り目をつける)など、折り方の説明に必要な単語を最初に学び、それから実際に折りながら説明の手順を学びます。その後、2人が組になって、英語で折り方を説明する練習をしました。折り紙は外国の人に非常に喜ばれるということもあり、折り方の説明ができれば、海外でのコミュニケーションの一助となります。

英単語を耳にささやく伝言ゲームはたして正しい英単語が伝えられるか!?生徒は2列に並び、最後尾の生徒に講師が英単語を耳打ち。順に耳打ちして伝えて、先頭の生徒がホワイトボードに聞き取った単語を書きます。「一列に並ぶ」「順に伝える」などの講師からの指示も、もちろんすべて英語です。英単語を耳にささやく伝言ゲームはたして正しい英単語が伝えられるか!?
生徒は2列に並び、最後尾の生徒に講師が英単語を耳打ち。順に耳打ちして伝えて、先頭の生徒がホワイトボードに聞き取った単語を書きます。「一列に並ぶ」「順に伝える」などの講師からの指示も、もちろんすべて英語です。
講師の指導で楽しく!折り紙の折り方を英語で伝えるためのレッスン講師は折り紙を折る動作を見せながら、英語での言い回しを伝授。日常的に使う、実践的な英語表現を学ぶことができます。少人数なので、講師の手厚いフォローが受けられます。講師の指導で楽しく!折り紙の折り方を英語で伝えるためのレッスン
講師は折り紙を折る動作を見せながら、英語での言い回しを伝授。日常的に使う、実践的な英語表現を学ぶことができます。少人数なので、講師の手厚いフォローが受けられます。
Action Report File002
教材は英検各級の二次試験問題
朝のホームルームを利用するオンライン英会話

 フィリピンの英会話学校とオンラインで結び、マンツーマンのレッスンを行うオンライン英会話。高1を対象に、礼拝のない月・水・木・土の朝のホームルームの時間に、パソコン教室に移動して行います。教材は英検の二次試験問題で、これから受検する級か、すでに持っている級のいずれかを生徒が選びます。

 先生の指示に従って音読をしたり、テキストの内容についての質問に答えたりして、リスニング、スピーキング、リーディングの力を高めます。発音の細かなところや読み間違いをていねいに指導してくれるのは、マンツーマンレッスンならでは。先生の笑顔に、生徒もリラックスした様子でレッスンを受けています。

「マンツーマンだからこそ英語のレッスンの密度が高まり、コミュニケーション力が養われるのだと思います。英検対策としてはもちろん、将来の夢を意識しはじめる高1生に対して英語学習へのモチベーションを上げる効果は絶大です」(宮前先生)

先生の明るい反応に思わず笑みがこぼれます 学びたい英検の級数を選択してレッスンがスタート。先生の明るい反応に思わず笑みがこぼれます
学びたい英検の級数を選択してレッスンがスタート。
英検のスピーキングテストをベースにレッスン 画面上に選択した英検級数の二次試験問題のテキストが表示され、これを使ってレッスンが進みます。英検のスピーキングテストをベースにレッスン
画面上に選択した英検級数の二次試験問題のテキストが表示され、これを使ってレッスンが進みます。

(この記事は『私立中高進学通信2018年9月号』に掲載しました。)

関東学院中学校  

〒232-0002 神奈川県横浜市南区三春台4
TEL:045-231-1001

進学通信掲載情報

【SCHOOL UPDATE】クリスマスツリー点灯式 キリスト教の「奉仕の精神」で共生社会に貢献する人間性を育む
【本音で語る保護者座談会】生徒一人ひとりに向き合いやりたいことを尊重する手厚いサポート
【未来を切り拓くグローバル教育】使うことで伸びる英語力授業に“実践”の場を提供
【目標にLock On!! 私の成長Story】まずはやりたい気持ちを発信そうすれば道は自ずと拓ける!
【その先に備える キャリア教育】同窓 次代を担う人間性豊かな人材を「同窓」で結ばれた絆が支える
【熱中!部活動】【ダンス部/バドミントン部】生徒の自主性を原動力に伝統を創り、受け継ぐ
【SCHOOL UPDATE】部活動を通した社会貢献 音楽を通して地域や社会に貢献
【グローバル時代の学び方】グローバル社会に触れ気づきを得る海外研修
【The Voice 校長インタビュー】学外にも活躍の場を広げ 21世紀を生き抜く調整力を育む
【Students' Chat Spot】キリスト教精神のもと「人になれ 奉仕せよ」の校訓を掲げ 他人との関わりを大切にした教育
【大学合格力強化計画】基礎学力定着のための地道な努力と体験型学習で着実に伸びる合格実績
【学校生活ハイライト】徹底したマンツーマンの英語研修で豊かな国際感覚を身につける
【大学合格力強化計画】着実な伸びを示す大学合格実績 起点は2008年導入の新カリキュラム
【Students' Chat Spot】ユニークな行事が盛りだくさん 関東学院の魅力
【部活レポート】マーチングバンド部発祥の伝統校 華やかな演奏で観客をわかせます!
進学通信2018年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ