LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年8月号

SCHOOL UPDATE

東京家政大学附属女子中学校

さらに未来を見据えた教育へ
高い志を持ったしなやかでたくましい女性を育てたい

アドミッションスタッフの生徒と語り合う篠澤校長先生。同スタッフは学校説明会などのお手伝いを目的に、中高生の有志により結成されました。現在、約80名が属しています。

アドミッションスタッフの生徒と語り合う篠澤校長先生。
同スタッフは学校説明会などのお手伝いを目的に、中高生の有志により結成されました。
現在、約80名が属しています。

「充実した6年間の中で、自分で人生を決め、自ら一生学び続けることのできるアクティブラーナーを育てていくことが目標です」(篠澤校長先生)「充実した6年間の中で、自分で人生を決め、自ら一生学び続けることのできるアクティブラーナーを育てていくことが目標です」(篠澤校長先生)

 この春、校長に就任した篠澤文雄先生は次のように話します。

「私は生徒たちに『中高時代に2番目に好きなことをがんばりましょう』と話しています。1番好きなものと合わせて、得意な分野が2つでき、豊かな発想が生まれるからです。人生で壁に直面したとき、さまざまな角度から解決策を見出すこともできます。また、『勉強、部活動、行事の“三兎”を追いましょう』とも話しています。高い志を持って挑戦し続ける、しなやかで、たくましい女性を育てたいのです」

 明治14(1881)年の創立以来、同校は建学の精神「自主自律」のもと、豊かな品性を備え、自立した女性を輩出してきました。そして、これからのグローバル社会に貢献できる女性を育てるために、2019年度から「3ステージ制」を導入。生徒の成長に合わせて6学年を3つのステージに分け、高2から文理分けの編成とします。さらに、特進クラスである「E CLASS」も中1から新設。英語の4技能を磨きながら、難関大学をめざすクラスです。

「難関大学には、自分の可能性を信じてチャレンジする志の高い学生が集まっています。本校の生徒にもこうした環境の中で学んでもらいたいという思いがあります」

 一方「i CLASS」は、内部推薦で併設の東京家政大学をめざす生徒のためのクラスです。東京家政大学は、管理栄養士の国家試験合格率99%とトップクラス。看護師、助産師、社会福祉士などの国家資格でも高い合格率を誇ります。

「本校は東京家政大学と同じ敷地内にあります。生徒は緑豊かなキャンパスで、明るく元気にのびのびと育っています。9月にはこの大学で『第1回フェスタTOKYO』が開催されます。生徒が組織するアドミッションスタッフがさまざまな企画を用意してお待ちしています」

勉強も部活動も行事もがんばる生徒を育てる
仲間たちと学び合い、高め合いながら成長する6年間
チアダンスで全国大会優勝の実績を持つ、高校ドリルチーム部。今年3月の全国大会では2位に輝きました。チアダンスで全国大会優勝の実績を持つ、高校ドリルチーム部。今年3月の全国大会では2位に輝きました。
中高ブラスバンド部の定期演奏会の模様。定期演奏会は毎年5月に板橋区立文化会館で開催され、今年で44回目を迎えます。入場は無料です。中高ブラスバンド部の定期演奏会の模様。定期演奏会は毎年5月に板橋区立文化会館で開催され、今年で44回目を迎えます。入場は無料です。
中学のミニ学校説明会では、アドミッションスタッフによる個別相談コーナーを設けています。この個別相談で語る中学生の姿に憧れ、同校に入学を決めた生徒もいるそうです。中学のミニ学校説明会では、アドミッションスタッフによる個別相談コーナーを設けています。この個別相談で語る中学生の姿に憧れ、同校に入学を決めた生徒もいるそうです。
同校のキャリア教育「ヴァンサンカン・プラン」について、受験生にプレゼンテーションするアドミッションスタッフたち。彼女たちは「私立女子中学校フェスタ」などでも活躍中です。同校のキャリア教育「ヴァンサンカン・プラン」について、受験生にプレゼンテーションするアドミッションスタッフたち。彼女たちは「私立女子中学校フェスタ」などでも活躍中です。
「カナダホームステイプログラム」(写真)のほか、セブ島やオーストラリアへの海外研修を希望者に向けて実施。生徒は異文化に触れながら、視野と可能性を広げていきます。「カナダホームステイプログラム」(写真)のほか、セブ島やオーストラリアへの海外研修を希望者に向けて実施。生徒は異文化に触れながら、視野と可能性を広げていきます。
ランチルームで食事をする生徒たち。中学は完全給食制です。毎日の献立は専属の栄養教諭が作成。受験生や保護者に向けたスクールランチ試食会も開かれています。ランチルームで食事をする生徒たち。中学は完全給食制です。毎日の献立は専属の栄養教諭が作成。受験生や保護者に向けたスクールランチ試食会も開かれています。

(この記事は『私立中高進学通信2018年8月号』に掲載しました。)

東京家政大学附属女子中学校  

〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
TEL:03-3961-2447

進学通信掲載情報

【学校生活ハイライト】命の大切さを学び、心を育む『家政ビオトープ』の活動
【SCHOOL UPDATE】さらに未来を見据えた教育へ 高い志を持ったしなやかでたくましい女性を育てたい
【SCHOOL UPDATE】英語で学ぶ4つの講座 楽しみながら異文化を学ぶ
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】協同学習とKaseiセミナーで主体性と思考力を養う
【The Voice 校長インタビュー】挑戦する勇気や自分で判断する「たくましさ」を育てたい
【その先に備えるキャリア教育】25歳 成長段階に合わせて組まれた螺旋的な教育プログラム
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】躍進i教育』がスタート!「生徒一人ひとりが主役」となり「競争ではなく共創」する力を身につける
【制服物語】伝統校の気品を保ちながらより美しく、そして女性らしく
【自立と自律】建学の精神「自主自律」に基づき多様化する社会に対応できる女性を育成
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】中学3年間のスクールランチで食の大切さと知識がしっかり身につく
【未来を生き抜く学力のつけかた】仲間と学び、高め合い自主自律のもと未来を拓くしなやかな女性を育てる
【その先に備える キャリア教育】25歳の理想の自分をめざす『ヴァンサンカン・プラン』
【校長が語る 思春期の伸ばし方】「自主自律」の精神のもと 自ら学ぶ意欲と力を育てる
【キャンパス歩き】安心して過ごせる恵まれた環境で未来を拓くしなやかな女性を育てる
進学通信2018年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ