LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年8月号

SCHOOL UPDATE

女子聖学院中学校

オーストラリア ターム留学・1年留学
異文化を肌で感じて英語を使いこなす“表現者”へ

留学先のフェアホルム校の生徒と。

留学先のフェアホルム校の生徒と。

ホストファミリーの子どもたちと一緒にお父さんの誕生日サプライズ。ホストファミリーの子どもたちと一緒にお父さんの誕生日サプライズ。

 同校の英語教育の目標は、「英語で表現する力」の育成です。“聞く・話す・読む・書く”の4技能を養う「教科教育」と、グローバルな視野・認識と発信力を育てる「国際理解教育」の両輪を軸に指導しています。

「国際社会で自分を表現するには、英語力だけでなく、物怖じせずに自分の気持ちや考えを伝える力が求められます」
(国際教育委員会委員長/滝澤佳代子先生)

 世界に目を向けさせ、意欲を喚起させようと同校は、さまざまな海外プログラムを実施しています。なかでもオーストラリアへのターム留学・1年留学は、ホームステイ先での日常生活と、同世代との学校生活を一度に体験できます(今年度よりアメリカへのターム留学も実施)。海外の人々の感性に触れ、文化を知り、世界への関心を高めるために、非常に効果的なプログラムです。

「オーストラリアの授業ではみんな積極的。最初はついていけなかったけれど、発言できるようになった」

「いろいろな人と積極的に関わるようになった。帰国後も現地でできた友人とSNSで交流している」

「すべてを鵜呑みにせず、自分の頭で考えて意見を言えるようになった」(以上、高1生)

「難民の子どもたちの勉強をお手伝いするボランティアに参加し、辛い境遇にあっても学ぼうとする姿勢に感動した。自分も頑張ろうと思った」

「ホームステイ先で家族同然に接してもらい、ときには実の娘のように真剣に叱ってくれて、たくさんの思い出ができた」(以上、高2生)

 生徒たちは口々に、留学で成長した自身について語ってくれました。

 留学による効果は、大学受験にも表れています。留学を機に精神的に成長し、努力して英語の学力が向上した生徒は、難関大学に合格するなど実績を残しています。昨年度は留学経験者の中から、国立大学の合格者も出ました。今後の試みとして、留学先でのプログラムに課題解決型学習(PBL=Project-Based Learning)を導入する予定です。

※本文中の学年は、留学時のものです。

海外だから体験できる、アサーティブ(※)なコミュニケーション
留学経験者の中から、国立大学や難関大学への合格者も
然豊かなオーストラリアで、アウトドアスポーツを存分に楽しみました。然豊かなオーストラリアで、アウトドアスポーツを存分に楽しみました。
留学先のフェアホルム校が100周年を迎え、記念に現地校生徒と留学生が一緒に人文字をつくりました。同校は文武両道の名門校です。留学先のフェアホルム校が100周年を迎え、記念に現地校生徒と留学生が一緒に人文字をつくりました。同校は文武両道の名門校です。
登校最終日にエバンス校長先生と記念の1枚。現地を視察し、厳選して留学先に選んだフェアホルム校は、先生も生徒も明るく親切。登校最終日にエバンス校長先生と記念の1枚。現地を視察し、厳選して留学先に選んだフェアホルム校は、先生も生徒も明るく親切。
理科見学(フィールドトリップ)でゴールドコーストへ。海外でのびのびと経験を重ねた日々は、生徒の視野を大きく広げます。理科見学(フィールドトリップ)でゴールドコーストへ。海外でのびのびと経験を重ねた日々は、生徒の視野を大きく広げます。
留学中にお世話になったバディと、登校最終日に記念撮影。留学中にお世話になったバディと、登校最終日に記念撮影。
貴重な経験を共有して、強い絆で結ばれた留学経験者たち。貴重な経験を共有して、強い絆で結ばれた留学経験者たち。

(※)アサーティブ:相手を尊重しながら自己主張する対等なコミュニケーションスキルのこと。

(この記事は『私立中高進学通信2018年8月号』に掲載しました。)

女子聖学院中学校  

〒114-8574 東京都北区中里3-12-2
TEL:03-3917-2277

進学通信掲載情報

【SCHOOL UPDATE】オーストラリア ターム留学・1年留学 異文化を肌で感じて英語を使いこなす“表現者”へ
【私たち、僕たちが大好きな先生】語学力の向上とともに人間として大切なことを考えてもらうための「心を育てる英語教育」を
【学校生活ハイライト】声を掛け合い、呼吸を合わせ 仲間として心が通い合う
【思春期の伸ばし方】自分らしくやっていける実感が自立の基盤となります
【熱中!部活動】【演劇部/チアリーディング部】豊かな人間性を育む『演技』への取り組み
【グローバル時代の学び方】英語で「心を伝える」スピーチコンテスト
【The Voice 新校長インタビュー】学び続ける姿勢を培い自分の基軸を持つ人物を育てる
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】家庭と学校が手を携えて生徒たちの食生活を支える
【大学合格力強化計画】細やかな学習支援プログラムで志望大学合格へと導く
【校長が語る 思春期の伸ばし方】子どもに対する信頼は待つことで築かれます
【キャンパス歩き】自己と他者を深く理解し共に国際社会の平和に貢献する力
【注目のPICK UP TOPIC!】入試問題から新たな女子聖を知る「学ぼうとする力」を求める学校からのメッセージ
【The Voice 新校長インタビュー】自分のことばに責任を持ち 表現し、伝えられる人物を育てます
進学通信2018年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ