LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年8月号

本音で語る保護者座談会

佼成学園中学校

男子校ならではの青春&“塾要らず”のサポート体制

体験と学問の両立に励むことを意味する「行学二道」を校訓とする同校。「学びの森」と呼ばれる明るいカフェのような自習室や、最新のICT教育の導入など充実した学習環境が整っています。「想像以上に良い学校です」とおっしゃる保護者の方に同校の魅力を語っていただきました。

今回のメンバー
清永惠子さん清永惠子さん
在学中は野球部に所属し、今年3月に卒業した男子と、兄と同じく野球部に所属する高1男子のお母さま。
永田成予さん永田成予さん
吹奏楽部に所属し、バスクラリネットを担当している高2男子と、剣道部に所属する中2男子のお母さま。
白岩伊里子さん白岩伊里子さん
野球部に所属する高1男子のお母さま。通学に1時間以上かかるそうですが「楽しそうに通っています」とのこと。
先生も一緒に“熱くなる”体育祭や文化祭で絆が強まる

――お子さんが入学されたきっかけを教えてください

清永
野球をやっていた長男が、野球が強くて勉強にも力を入れている学校だということを何かで知り、校訓の“行学二道”に惹かれて、小6の秋に行きたいと言い出しました。次男はお兄ちゃんが楽しそうに学校へ通っていたので、自分も入りたいと思ったようです。

白岩さん
うちの長男も小1から野球をやっていて、野球を続けながら勉強もしっかりできるところを探していました。それから、制服は絶対に詰襟の学校がいいという本人の希望もあったので、この学校を選びました。

永田さん
知人から評判を聞いて、文化祭を見学しました。雰囲気が良く、アットホームな感じで、長男もそこが気に入ったようです。吹奏楽部に入部して楽しそうな姿を見ていた次男も行きたいと言い出しました。

――実際に通われて、お子さんの様子はいかがですか?

永田さん
毎日楽しそうに学校へ通っています。1年間、遅刻、欠席、早退がなかった生徒は皆勤賞がもらえるので、それを励みにしているようです。疲れている日もあるはずなのに、きちんと毎朝起きていますので、本当に楽しいんでしょうね。

清永さん
うちは昨年、次男が体育祭の応援団長で応援合戦に魂を入れ込んでました。クラスごとにどのような応援にするかを話し合い、放課後に練習をして、一生懸命に取り組んでいました、本番で喜びに満ちあふれている姿を見て、この学校に入れて良かったと心底思いました。

白岩さん
体育祭は縦割りでチームを作るので、3年生が1年生と2年生を指導して振付を覚えるんです。保護者も応援席で一緒に熱くなるんです。

永田さん
応援のダンスではアイドルの曲に合わせて、男の子がかわいい踊りをするのが本当に面白くて……(笑)。あの体育祭を見たらどんな学校なのかがわかるかもしれません。

清永さん
体育祭は応援合戦がメインだから、ぜひ見てほしいです。それに優勝チームが決まると、みんな男泣きしますからね。負けたチームは先生も一緒に悔し泣きするなど、本当に“男の世界”という感じです。

永田さん
文化祭の時も先生が一緒になって準備に関わってくださるなど、気持ちが熱いというか……。全員で行事を一生懸命やるので、文化祭などが終わった後も、長男はよくその時の出来事を話してくれます。

部活動がない日は合同自習相乗効果で成績もアップ!

清永さん
次男が入学する時に、二人も通わせるのはお金がかかるからと正直迷っていましたが、この学校にして正解でした。長男はコツコツ勉強するタイプですが、次男は公立に行っていたら、部活動ばかりしていたと思うんです。この学校は部活動をするなら勉強もがんばらないといけないので、相乗効果で本当に驚くほど成績が上がりました。

永田さん
野球部は図書室で勉強するんですよね? みんな真面目にやるから成績もいいし。

清永さん
テスト前や部活動が休みの日は、練習の代わりに“指定の場所で何時まで勉強する”ということが決まっています。赤点を取ると部活動の練習に参加できなくなってしまうので、一生懸命やるしかないんです。

永田さん
吹奏楽部も勉強の時間はあるみたいです。自習室にはチューターが常駐しているから塾に通う必要がありません。

清永さん
それに、先生方が本当に良く面倒を見てくださるのでありがたいです。

白岩さん
ええ、一人ひとりのことをよく見てくれていますよね。学校によっては「本人に任せている」という放任主義のところもありますが、男の子は女の子にくらべて子どもっぽいから、先生や仲間のフォローがあってこそ、楽しい学校生活が送れるのだと思います。中学の卒業式の後にクラスで一人一言ずつ、卒業への思いを話す場面があったのですが、こんなにしっかりしたことが言えるようになったのかと驚きました。本当に充実した3年間を過ごさせてもらったんだなと思いました。

――最後にこれから受験を考えている保護者の方に向けて、一言お願いします。

白岩さん
一度学校に来ていただいて、先生と生徒の関わり方を実際に目にしていただくのが一番だと思います。

永田さん
ぜひ受験してほしいです。いろいろな学校を調べたという親御さんからも、この学校にして良かったという声をお聞きしています。まずは、説明会や文化祭などで実際に学校を見ていただけたらと思います。

清永さん
私も本などの情報だけではなく、実際に学校を見学することをお勧めします。経済面で迷っている方には、私の経験上『公立に行って塾に通わせるつもりなら、絶対にこの学校のほうが良いですよ』と言いたいです。

文化祭では、生徒たちが模擬店を出店したり、合唱コンクールを開催したり。文化祭では、生徒たちが模擬店を出店したり、合唱コンクールを開催したり。
今年の文化祭は9月22日(土)・23(日)(予定)。10:00~15:00には個別相談も行われている。今年の文化祭は9月22日(土)・23(日)(予定)。10:00~15:00には個別相談も行われている。
応援合戦が盛り上がるという体育祭。色分けされたチームで対決する。応援合戦が盛り上がるという体育祭。色分けされたチームで対決する。

(この記事は『私立中高進学通信2018年8月号』に掲載しました。)

佼成学園中学校  

〒166-0012 東京都杉並区和田2-6-29
TEL:03-3381-7227

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】数多くの「問い」を発見するフィールド探究活動
【本音で語る保護者座談会】男子校ならではの青春&“塾要らず”のサポート体制
【目標にLock On!! 私の成長Story】「行学二道」の校訓を6年間実践貴重な体験を積み重ね、高い目標を達成
【中1の始め方】知る、考える、動く 少し大人になるオリエンテーション
【グローバル時代の学び方】2年目を迎えた「GLP」独自の学び アジア圏体験で国際人の自覚を養う
【校長が語る 思春期の伸ばし方】子どもの考えや気持ちを正確に聴くこと話すことで自ずと自立していく
【Students' ChatSpot】高校生になっても、「行学二道」でがんばります!
【目標にLock On!! 私の成長Story】独自の道徳教育で自尊感情を高め自己研鑽に励み、現役で東大へ
【グローバル時代の学び方】「実感、地球の手触り!」特別選抜でリーダーを育成
【熱中!部活動】行事や部活動を通して「行学二道」の心の教育/自主性を育み仲間を作る大切な時間
【Students' Chat Spot】21世紀型の能力「自ら考え、学び、行動する力」を育む
【中1の始め方】「中1ギャップ」を成長の糧に 互いの絆を強めるオリエンテーション
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】生徒の可能性を広げる 進化する未来型教育と変わらない温かく見守る目
【SCHOOL UPDATE】創立60周年記念事業 ICTで躍進 ワンランク上の進学校へ
【Students' Chat Spot】仏教の教えに基づいた校訓 行学二道(行動を伴う実践と学問への探究心)
【学びのプロセス】中学生用自習室 学びの森
【大学合格力強化計画】補習・講習が学力を支え先輩との交流がやる気を後押し
【部活レポート】強さの源は自主性とチームワーク 力を合わせて都大会優勝をめざす!
進学通信2018年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ