LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年7月号

本音で語る保護者座談会

文京学院大学女子中学校

生徒一人ひとりを先生がきちんと見てくれている
その安心感と信頼はかけがえのないものです

「都心でこれだけ緑のある学校は珍しい」と皆さんが語る自慢の校庭をバックに。

「都心でこれだけ緑のある学校は珍しい」と皆さんが語る自慢の校庭をバックに。

自然の光が差し込み、明るい雰囲気の校舎。
校内に入ると、生徒たちの元気なあいさつが印象的です。
今回は、この春から4年次生(高校生)となったお子さんをもつ保護者の方3名に集まっていただき、
同校を選んだ理由と中学3年間を見守ってきた感想を、語っていただきました。

今回のメンバー
池田圭子さん池田圭子さん
4年次生の長女がスポーツサイエンスコースに在学中。
サッカー部で汗を流す毎日。
瀧﨑良子さん瀧﨑良子さん
4年次生の長女がグローバルスタディーズコースに在学中。
部活動は卓球部。ご自身も同校の卒業生。
山田浩美さん山田浩美さん
4年次生の三女がアドバンストサイエンスコースに在学中。
部活動はテニス部。長女も同校の卒業生。
選んだ理由は三者三様“楽しい3年間”の予感は共通

――まず、この学校を選んだ理由について教えてください。

池田さん
うちの娘は、小1からサッカーをしていたので、中学に入ってからもサッカーが続けられる環境を小5の頃から探していました。いくつかの学校を見学したのですが、娘が「絶対にこの学校がいい!」と言ったので、わりと早い時期に決めていました。

瀧﨑さん
よほど気に入ったのね。

池田さん
サッカー部の先輩の気配りとやさしさ、先生のご指導が良かったみたい。

山田さん
今、三姉妹の末っ子が通っています。長女もこの学校の卒業生で、お姉ちゃんが楽しそうに通っていたのをずっと見ていたようです。文化祭にも来たことがあり、親しみもあったというのが進学の決め手になりました。

瀧﨑さん
私はこの学校の卒業で、高校3年間を過ごしました。とても楽しかったので、娘が生まれた時から通わせたいって思っていました。

池田さん
姉妹で、というのもいいですけど、親子二代続けて同じ学校に通うというのも素敵ですね。

親子で安心できる先生の細やかな心配り

――中2から3つのコースの探究活動に入りますが、コースを選ぶ際は、迷いませんでしたか?

山田さん
中1のときはコースに関係なく、同じようなカリキュラムで、コースの特徴ある学びをいろいろ体験させてくれるじゃない?
 中1のときに、2回くらいコース希望調査を提出する機会があって、うちの子は「アドバンストサイエンスコースがいい」と言いだして、コース選択を決めました。

瀧﨑さん
4年次に進級するときも、また希望を聞いてもらえるんですよね。

山田さん
4年次でアドバンストサイエンスからグローバルスタディーズコースに変わった人、結構いましたよね。うちの娘がさびしがっていました。

池田さん
私も親としては、英語をはじめ、文系科目に力を入れてほしくて、グローバルスタディーズコースに変更してもらうことも考えましたが、そのままスポーツサイエンスコースで将来の目標に向かうことを決めました。

瀧﨑さん
グローバルスタディーズコースで、サッカー部の子もいますよね。

池田さん
そうなんですけど、部活動と国際塾の両立は可能なのですが、サッカー部を休みたくないという気持ちの方が強く結局変更しないことにしました。

――この学校の良いところは、どんなところだと思いますか?

瀧﨑さん
先生方が、生徒一人ひとりを大切にしてくれている感じがします。

池田さん
部活動や学校生活全般を常に気にかけてくださって、心配りが素晴らしいんですよね。

山田さん
あと、どの生徒もきちんとあいさつができる。勉強はもちろんですけど、生活面の指導もしっかりとしてくださるので、親としてはそういうところもありがたいです。

池田さん
入学したばかりの頃は、正直に言って不安もありました。でも、部活動の先輩は厳しいですが、陰湿ないじめのようなことはまったくないので、良かったなと思いました。

瀧﨑さん
私が感激したのは「毎日の記録」という日々の取り組みで、娘が書き込んだノートに担任の先生がコメントを書いてくださって……。

山田さん
そう、すごいですよね。クラス30人分を毎日って。しかも朝提出したら帰りには戻ってくる。いつ書いているのだろうって思いました。

瀧﨑さん
娘が反抗期のときに、私がそのノートに悩みを書いたら、ていねいに返事をくださって、しばらく私と先生のノートになっていました(笑)。

山田さん
そういう先生の細かな心配りがあるから、安心して娘を預けられると思えるんですよね。

池田さん
娘が中学を卒業するときに「ここに入って良かった。ありがとう」って言ったんですよ。うれしかったな。

瀧﨑さん
いい話ですね。うちの娘にも言ってほしい!

山田さん
きっと思ってますよ。言わないだけで。

瀧﨑さん
顔を見ればわかりますけどね(笑)。

クラスが違ったので、じっくり話すのは初めてという3人ですが、そうは思えないほど会話が弾みました。クラスが違ったので、じっくり話すのは初めてという3人ですが、そうは思えないほど会話が弾みました。
独自のゼミ形式の課外授業「国際塾」。授業の補習を行う場ではなく、グローバル社会において通用する英語の能力を身につけることを目的として、自分に合ったさまざまなレベルの授業が展開されています。独自のゼミ形式の課外授業「国際塾」。授業の補習を行う場ではなく、グローバル社会において通用する英語の能力を身につけることを目的として、自分に合ったさまざまなレベルの授業が展開されています。

(この記事は『私立中高進学通信2018年7月号』に掲載しました。)

文京学院大学女子中学校  

〒113-8667 東京都文京区本駒込6-18-3
TEL:03-3946-5301

進学通信掲載情報

【グローバル特集 授業[コース]】高大連携で取り組む『アジア研究』ワークショップ
【学校生活ハイライト】自主性を重んじる創作ダンスで学び取る協働と創造
【私学の校外学習・学外交流】「自立と共生」の実現へのステップとなる都電の旅 中1校外学習〜都電荒川線の旅〜
【行ってきました!学校説明会レポート】生徒主体で行われた「学校説明祭」部活動体験や制服試着も!!
【本音で語る保護者座談会】生徒一人ひとりを先生がきちんと見てくれているその安心感と信頼はかけがえのないものです
【目標にLock On!! 私の成長Story】中学も高校も生徒会長として悩んだからこそまた壁があっても乗り越えていけると思う
【みんな大好き キャンパス食堂】中学3年間は「給食」を実施 健康な心身を育む伝統の食育
【校長が語る 思春期の伸ばし方】教師は常に生徒に寄り添いながら6年間を共に学ぶという姿勢を貫く
【中1の始め方】創立の理念を受け継ぐ伝統教育が21世紀を生き抜く力を育む
【私学の光輝】文女祭
【グローバル時代の学び方】理系テーマから世界を考える
【SCHOOL UPDATE】SSラボ 教えることが学びになる小学生向け実験教室
【Students' Chat Spot】1年生の3人が希望するコースの授業内容や学校の魅力を紹介
【キャンパスのVISION】生徒が主役!アクティブに学び、考え 感動、発見をわかち合う
【授業発見伝】理数実験 探究心あふれる女性サイエンティストを育成
【On Going! 進歩する私学の注目情報】「好き」を「得意」に!キャリアを見据えた3つのコースを新設
【部活レポート】吹奏楽部/バスケットボール部
進学通信2018年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ