LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年7月号

注目のPICK UP TOPIC!

横浜富士見丘学園中学校

2019年度からの共学化を見据え
理数教育と英語教育をさらに充実させる

伝統を重んじながら新しい風を吹かせる
中3の1月に実施されるオーストラリア研修(10日間)は、ファームステイやドミトリーステイをしながら現地の学生と交流するなど、盛りだくさんのプログラム。他国を知り、他者を尊重する心が育まれます。

中3の1月に実施されるオーストラリア研修(10日間)は、
ファームステイやドミトリーステイをしながら現地の学生と交流するなど、
盛りだくさんのプログラム。他国を知り、他者を尊重する心が育まれます。

男子の理数特進クラスを設置、共学化がスタート

 進む少子化、AIの進歩、グローバル化の進展、大学入試改革と、社会と教育を取り巻く環境が大きく変容するなか、同校では、長い伝統によって育まれてきたゆるぎない理念を踏まえつつ、新しい時代に合わせた教育改革に取り組んでいます。今春から校長になられた駒嵜健先生に、具体的な取り組みの内容をお聞きしました。

 最も大きな変化は、2019年度から始まる共学化です。

「中1と高1から『理数特進クラス』を1クラス設けて男子を受け入れます。1クラス15~20人編成で、理数系に手厚いカリキュラムを組みます。1923年の創立以来、女子校として歩んできた本校にとって、共学化は大きな変革ですが、保護者の皆さんをはじめ、好意的に受け止めていただいています」

 共学化とはいえ、男女がそれぞれに異性を気にせず、勉強に集中できるように、別クラス制をとります。ただし、部活動や委員会活動、学校行事などは男女合同で行い、男女の違いを知ったうえで、互いを尊重し、理解することを図ります。

 同校では、以前から理数教育に力を入れています。東京理科大学との教育連携により、理系の分野別進路説明会や理系の学び講座、大学生とともに実験やディスカッションをするキャンパスツアーなどを実施し、生徒の理系への興味・関心に応えてきました。

「大学の教授や学生、ベンチャー企業の方などから講演を通して直接お話を聞くと、生徒は親近感を覚え、理系への興味を伸ばすようです。将来の仕事として具体的な夢を描けるようで、キャリア教育の一環にもなっています」

22世紀を創造する人材を育成したい

 同校では、グローバル化に対応できる人材を育成すべく、英語教育や海外研修にもきめ細かな対応をしています。

「今の時代、英語でのコミュニケーション力は必須です。そこで、ネイティブによる副担任制や希望制でのオンライン英会話などを取り入れています」

 また、セブ島(フィリピン)での英語研修、オーストラリア研修のほか、オーストラリア短期留学も実施しています。若い時期の異文化体験による刺激が、子どもたちを大きく成長させるのです。さらに、新しく入学する男子生徒には、アメリカ西海岸の大学やシリコンバレーなどを見学する研修が用意されています。

 理数教育にせよ英語教育にせよ、大規模な学校では、生徒一人ひとりに対するきめ細かな対応が難しくなりがちですが、少人数で生徒全員に寄り添えることが、同校の持ち味です。

「今の生徒の何割かは22世紀まで生きるでしょう。その子どもや孫たちは確実に22世紀を生きる世代です。本校は、22世紀を創造する人材を育てていきたいと思っています」

 100年先に思いを馳せる先生の言葉に、大きな期待が感じられます。

セブ島英語研修(14日間)は、毎年2月に行われます。
単に英語を学ぶだけでなく、英語でコミュニケーションを図るモチベーションを高めます。
また、実際にアジアの人たちと接するなかで、貧しさなども目の当たりにして、
将来、世界の人々の役に立ちたいという思いを抱く生徒もいるそうです。

ネイティブ副担任制をとっているので、日常的に英語でコミュニケーションをとる機会があります。ネイティブ副担任制をとっているので、日常的に英語でコミュニケーションをとる機会があります。
中1では、家庭科の授業の一部を英語で行います(イマ―ジョン授業)。料理をつくりながら、自然に英語になじんでいきます。中1では、家庭科の授業の一部を英語で行います(イマ―ジョン授業)。料理をつくりながら、自然に英語になじんでいきます。

「伝統を受け継ぎながら改革を!」
駒嵜校長先生

 駒嵜校長先生は、神奈川県内の私学では、最も若い校長先生の一人です。「現場の感覚を持ちつつ、より良い教育を」との考えから、校長に就任された今でも授業を担当されています。

「伝統ある本校の良さを受け継ぎながら新しくする。小規模であることを生かした教育を」と、その抱負を語ってくださいました。

(この記事は『私立中高進学通信2018年7月号』に掲載しました。)

横浜富士見丘学園中学校  

〒241-8502 神奈川県横浜市旭区中沢1-24-1
TEL:045-367-4380

進学通信掲載情報

【注目! News and Topics】男女別クラスによる共学化がスタートオンライン英会話が必修化
【未来を切り拓くグローバル教育】世界を身近に感じて自らつかむ未来像
【6年間の指導メソッド】男女別クラスによる共学化がスタート
【注目のPICK UP TOPIC!】2019年度からの共学化を見据え理数教育と英語教育をさらに充実させる
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】2019年度より共学化横浜富士見丘学園の未来ビジョンが始動!
【SCHOOL UPDATE】海外研修 活きた英語力を高める体験型の海外研修
【グローバル時代の学び方】体系的な授業と多彩な講座で活きた英語力を磨く
【グローバル時代の学び方】体験から学びとる異文化コミュニケーション
【大学合格力強化計画】未来を幸せに生き抜くために 部活と勉強を両立し、志望校合格へ
【SCHOOL UPDATE】地域社会に貢献する体験型授業
【カリキュラムを読み解く】社会変化に対応できるキャリア教育
【10年後のグローバル社会へのミッション】価値観が多様化する社会で必要となる自ら選択する力を育む
【学校生活ハイライト】6年にわたる多彩な取り組みで 豊かな心と学力を育み 自立し、自律した女性をめざす
【未来を生き抜く学力のつけかた】なぜ学ぶのかを理解させ社会でのスキルを学び選択肢に広がりを
【Students' Chat Spot】学習指導・人格形成・キャリア教育を三本柱としたプログラムを展開
【キャンパス歩き】大切な6年間の成長をやさしく見守る 美しくゆとりあるキャンパス
【めざせ 次代のグローバルリーダー】6カ年一貫の女子教育を軸に 社会の中心で活躍できる女性を育てる
進学通信2018年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ