LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年6月号

Students' Chat Spot

東京家政学院中学校

少人数だから先生との距離が近い
気軽に相談できます!

生徒の意見を反映させた制服は、みんなのお気に入りです!

生徒の意見を反映させた制服は、みんなのお気に入りです!

がんばってきた自分、がんばっている自分だけが創り出せるアイデンティティーを確立し、自らの手で未来を切り拓く女性の育成をめざして「ライフキャリア教育」に力を入れている同校。今回は、中学生徒会の2年生と3年生に、学校生活を語っていただきました。

M.Y.さん(中3)M.Y.さん
(中3)

中学生徒会議長/中学校生活は、楽しいことも大変なこともあったけど、先生やみんなに助けられて成長できました。

R.K.さん(中3)R.K.さん
(中3)

中学生徒会書記/最高学年になり、今まで以上にほかの人にとって役に立つことができたらいいなと思います。

H.S.さん(中3)H.S.さん
(中3)

中学生徒会会計長/部活動は音楽部で、ファーストバイオリンをやっています。生徒会との両立は大変ですが、責任感を持ってやっていきたいです。

S.N.さん(中2)S.N.さん
(中2)

中学生徒会会計/生徒会の先輩たちがかっこいいと思って入りました。後輩ができるので、先輩としてがんばりたいと思います。

K.O.さん(中2)K.O.さん
(中2)

中学生徒会会計/2年生になり部活動も勉強も大変ですが、後輩からあこがれの先輩と思われるようにがんばりたいです。

R.M.さん(中2)R.M.さん
(中2)

中学生徒会書記/生徒会に入ったのは、先生に勧められたことがきっかけですが、自分を変えるチャンスだと思っています。

――生徒会はまだ始まったばかりだそうですね。

シルバーに赤いラインがスタイリッシュな校門。さすが、都会にある学校という雰囲気です。シルバーに赤いラインがスタイリッシュな校門。さすが、都会にある学校という雰囲気です。

Yさん
そうなんです。2月にある「如月祭」という行事の前に役員選挙が行われて、会長と副会長が選ばれます。その後、執行部のメンバーが決まるんです。

Sさん
如月祭は、中学だけの文化祭のようなもので、舞台発表がメインです。部活や、校内の有志団体を募集して発表します。

Kさん
高校生と一緒に行う三大行事「体育祭」「文化祭」「合唱祭」は実行委員会もあるのですが、如月祭は中学生徒会だけで準備をするから、群を抜いて大変だと思いました。

――文化祭より大変なんですね。

Kさん
生徒会は文化祭で毎年「わたあめ」を作るので、その屋台の準備や後片付けがあります。ほかにクラスの展示にも取り組まなければいけないし、クラブ活動もやらなければいけないので大変です。

Sさん
やらなければいけないことがたくさんあって、文化祭の期間は時間のやりくりが大変ですけど、後夜祭まで全部終わった後は、達成感があります。

Yさん
文化祭も大変だったけど、如月祭は選挙後で、頼りにしていた上級生がいなかったから、とくに大変だと感じたのかもしれません。

――2年生のみなさんは、今の話を聞いてどう思いますか?

Nさん
そんな先輩たちを見ていてカッコイイと思ったから生徒会に入ったんです。

Oさん
私も、そう思いました。自分にできるのかわからないけど、やってみたいなと思って。

Mさん
先生に勧められたということもありますが、私も先輩たちのように自分を変えたくて生徒会に入りました。

Kさん
後輩にそう思ってもらえるのだったらうれしいですね。それに、自分たちがやっているから、この行事が成り立ってるんだなとやりがいを感じます。

文化祭文化祭
如月祭如月祭
文化祭もやることがたくさんあったけど、達成感があったよ!2月の如月祭の準備は大変だったよね。

文化祭もやることがたくさんあったけど、達成感があったよ!
2月の如月祭の準備は大変だったよね。

――「ライフキャリア教育」について、具体的にどんなことをしているのか教えてもらえますか?

Nさん
中1の3月に「私のヒーロー・ヒロイン」というテーマで、自分の好きな人や目標としている人を調べて、生徒と保護者の前で発表しました。

Mさん
1月から準備を始めたのですが、まとめるのが難しかったです。

Oさん
生徒や先生だけでなく保護者の方々もいたので、すごく緊張したよね。先輩たちはどんなことをしたんですか?

Kさん
中2は、地域の商店などで仕事体験と取材をして、ポスターを作る「ポスタビ」をしました。

Yさん
その前にはマナー講習をしたり、大学生の話を聞いたりと、いろいろなプログラムがあって、11月からポスタビの準備に入ったんです。

Sさん
私はケーキ屋さんに行きました。ケーキ屋さんって、甘いものを作って販売しているだけかと思っていたんですが、パティシエの方がいろいろと工夫していることがわかりました。仕事って甘くないんだなと感じました。

Kさん
私が行ったのは動物病院でした。その動物病院の先生は、動物殺処分ゼロのサポートをしたり、症状が重い子猫を家に連れて帰って介護したりしていました。とてもハードな仕事の中で、自分の体調も管理しながら行わなければいけないので、本当に大変そうだなと思いました。

Yさん
私は花屋さんに行きました。二人とはまた違って、行く前に質問を準備したんですけど、お店の方になかなか答えてもらえなくて……。でも「お客さんの笑顔を見るとがんばれる」と話してくださったので、そこから広げていきました。ポスターを作るには取材内容が少なかったので大変でしたが、それが形になった時はうれしかったです。

Kさん
仕事をしている現場を初めて体験できたというのは、大きかったよね。

Sさん
まだ、将来のことは具体的に決められないけど、働くってこういうことなんだとわかって良かったと思います。

ライフキャリア教育で、いろんな人のお話が聞けるのはいいよね。ライフキャリア教育で、いろんな人のお話が聞けるのはいいよね。
今年は、職場体験ができるんだよね。楽しみ♪今年は、職場体験ができるんだよね。楽しみ♪
将来のことをいろいろ考えることができました。将来のことをいろいろ考えることができました。
体育祭体育祭
合唱祭合唱祭
合唱祭は、クラスみんなで歌うのが楽しかったよ。体育祭は女子校とは思えないくらい盛り上がったよね!

合唱祭は、クラスみんなで歌うのが楽しかったよ。
体育祭は女子校とは思えないくらい盛り上がったよね!

――人気のある先生っていますか?

緑一面のきれいな校庭では、テニス部が練習中です!緑一面のきれいな校庭では、テニス部が練習中です!

Yさん
ユニークなのは鷹谷恵子先生。

Sさん
そうそう! 

Yさん
鷹谷先生は、どんなに忙しくても「いつでも相談にのるよ」とやさしく接してくれます。

Kさん
個性的な先生が多い学校です。だから相談する時も、決まった先生だけではなく、いろいろな先生から意見が聞けるので、そこがいいところだと思います。

――ほかに学校の良いところは?

Yさん
「あづま会」という同窓会があるんですけど、歴史がある学校なので、先輩たちの学校への思いが深いんです。やっぱり『来て良かった』と思う卒業生がたくさんいらっしゃるんだなと感じます。

Kさん
この学校で長く教えられている先生も多く、いろいろな生徒を見てきているので、的確なアドバイスをしてもらえます。

Sさん
先輩がやさしく接してくれるし、先生方もやさしいから、新入生もすぐに慣れると思います。

Yさん
あとは、あいさつかな? 

Nさん
家政学院は「ごきげんよう」ってあいさつするんですけど、最初はなかなか言えなかったです。

Oさん
私も。今は普通に言えるけど。

Mさん
毎日の積み重ねで、言えるようになったよね。

Kさん
私、近所の人にも「ごきげんよう」と言いそうになったことがある(笑)。

全員
あるある!

Kさん
慣れると「ごきげんよう」ってあいさつし合うの、気分がいいよね!

生徒会を盛り上げていこうね。2年生ががんばるんだよ!いえ、先輩について行きます(笑)。

生徒会を盛り上げていこうね。2年生ががんばるんだよ!
いえ、先輩について行きます(笑)。

(この記事は『私立中高進学通信2018年6月号』に掲載しました。)

東京家政学院中学校  

〒102-8341 東京都千代田区三番町22
TEL:03-3262-2255

進学通信掲載情報

【Students' Chat Spot】少人数だから先生との距離が近い 気軽に相談できます!
【注目のPick up TOPIC!】シンガポールへの修学旅行で実現するグローバル女子教育とキャリア教育
【その先に備えるキャリア教育】結実 興味を深め、人間性を育みながら女性のライフプランを考える
【熱中!部活動】【料理部/ソフトテニス部】みんなで一つの目標に向かう喜びを知る
【子どもの自立を促す教育】商店を自分たちで取材 新しい環境でも物怖じしないコミュニケーション力を培う
【目標にLock On!! 私の成長Story】医療とは別の立場で患者をサポートしたい 夢に向かって次の一歩へ
【熱中!部活動】目標と役割を意識した練習で人間的な成長をも促す/部活動を通して学び身につける「社会的な役割意識」と「生きる力」
【未来を生き抜く学力のつけかた】eポートフォリオを活用したICT教育で主体性を育成
【中1の始め方】学ぶ意欲を高めるタブレットの新しい使い方
【学校生活ハイライト】すべてを自分たちの手で!自立した女性を育成する学校行事
【学びのプロセス】生徒の自尊心を育むeポートフォリオ
【母校にエール!OGOB interview】『ごきげんよう』のあいさつとともに大切に育てられた中高6年間
【その先に備える キャリア教育】中学からのキャリア教育で6年間の学びも充実
【制服Collection】創立75周年生徒の投票で決定!今までの伝統を残す清楚で上品な新制服
進学通信2018年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ