LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年6月号

SCHOOL UPDATE

横浜翠陵中学校

国際社会で活躍する
グローバルリーダーを育成

翠陵グローバルプロジェクト 学年末発表会

ディベートを通じて、グローバルな視点や発信力を培う
中2生のディベートの様子。「クローン技術の開発」をテーマに肯定派 と否定派に分かれて繰り広げられるディベートは、見応えがあります。

中2生のディベートの様子。「クローン技術の開発」をテーマに肯定派と
否定派に分かれて繰り広げられるディベートは、見応えがあります。

 国際社会で活躍するグローバルリーダーの育成をめざす同校のモットーは「Think&Challenge!」。2016年から中高6カ年一貫の「グローバルチャレンジクラス」を開設。「英語力」×「人間力」に重点を置いた教育のもと、独自のプログラム「翠陵グローバルプロジェクト(SGP)」を導入し、課題解決型学習を通じてグローバルな視点を掘り下げ、発信力を育むきめ細かな指導を行っています。

「中学3年間は『どんなものがあれば、世界はハッピーになれるか?』をテーマに、総合学習の時間を使って世界のさまざまな問題についての調べ学習や校外学習などを行っています。自ずと世界に関心を持ち、多角的に物事を捉えられるようになっていく生徒たちの姿が見られます」(入試広報部長/庄大介先生)

「SGP」の1年間の取り組みの成果を発表する場が学年末発表会です。

 中1生は、1人1カ国ずつ担当国を決めて、その国にある「Goodなモノ」を調査研究。iPadを使って発表する『ポスターセッション』に挑戦しました。

「最初はプレゼンが苦手だった生徒も、調べたデータを自分の言葉に置き換えて、自信を持って堂々と発表しています。1年間、さまざまなプログラムに挑戦してきたことも、生徒たちの糧になっています」(中1主任/翠茂樹先生)

 中2生は「世界の第一外国語を英語に統一すべきである」などのグローバルなテーマを題材に、肯定派と否定派のチームに分かれて議論を行う『Global Debate』や、世界各国が抱える問題から発想を得て「世界がハッピーになるために必要なモノ」を考案してプレゼンする『Mono-Marketing』に取り組みました。

「生徒たちは各課題について考え抜くだけでなく、どういう演出で伝えていくのかという表現方法も主体的に考えます。とことん考え抜くことで思考力が深まり、表現力の面でも成長を感じています」(中2担任/伊海真美先生)

「世界をハッピーにするためのモノ」を心を込めて発表

SGPはICT講座とも連動。iPadで自ら作成した資料を活用しながら、堂々と発表する生徒たちの姿が印象的でした。

「Mono-Marketing」の発表を行う女子生徒チーム。地雷が世界で 最も多く埋まっているエジプトの問題に着目し、無人で地雷を爆発させる装置を考案しました。「Mono-Marketing」の発表を行う女子生徒チーム。地雷が世界で最も多く埋まっているエジプトの問題に着目し、無人で地雷を爆発させる装置を考案しました。
中1生のポスターセッションでは、来場者からの予期せぬ質問にもiPadを駆使して答えるなど、アドリブ力も磨きます。中1生のポスターセッションでは、来場者からの予期せぬ質問にもiPadを駆使して答えるなど、アドリブ力も磨きます。
ディベートの勝敗は、校長先生や姉妹校・横浜創英の先生、保護者や中1生の代表者が判定します。ディベートの勝敗は、校長先生や姉妹校・横浜創英の先生、保護者や中1生の代表者が判定します。
最優秀プレゼンに選ばれ、校長先生に表彰された生徒たち。最優秀プレゼンに選ばれ、校長先生に表彰された生徒たち。
「ポスターセッションに取り組んだことで、苦手だった社会科に興味を持つようになりました」と話すK.Yさん(中1)。「ポスターセッションに取り組んだことで、苦手だった社会科に興味を持つようになりました」と話すK.Yさん(中1)。
「モンゴル人の健康寿命が長い理由に興味を持ち、モンゴル人がよく飲んでいる『馬乳酒』について調べました」とK.Kさん(中1)。「モンゴル人の健康寿命が長い理由に興味を持ち、モンゴル人がよく飲んでいる『馬乳酒』について調べました」とK.Kさん(中1)。

(この記事は『私立中高進学通信2018年6月号』に掲載しました。)

横浜翠陵中学校  

〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1
TEL:045-921-0301

進学通信掲載情報

【私学の英語最前線】英語4技能を伸ばす オリジナルの英語教育
【SCHOOL UPDATE】国際社会で活躍するグローバルリーダーを育成 翠陵グローバルプロジェクト 学年末発表会
【学校生活ハイライト】未来のグローバルリーダーへ 基礎を大切にする英語学習に手応え
【6年間の指導メソッド】英語力×人間力でグローバルな力を育成
【中1の始め方】ともに成長できる学年づくりに向けた始めの一歩
【SCHOOL UPDATE】理系プロジェクト『サイエンスラボ』 「理科って楽しい!」を引き出すための実験教室
【グローバル時代の学び方】実践を積み重ね鍛えられ伸びる英語力
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】キーワードは”英語力×人間力” 中高6カ年一貫『グローバルチャレンジクラス』
【学校生活ハイライト】合い言葉はThink & Challenge! 先輩・後輩が絆を結び自主性を高める体育祭 笑顔と感動が明日を育む
【目標にLock On!! 私の成長Story】「THINK & CHALLENGE!」の精神で難関大学合格も夢も叶える
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】中高6カ年一貫 グローバルチャレンジクラスを新設
【学びのプロセス】クラス単位で学習室を活用 勉強習慣づくり
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】自らと向き合い、振り返る活動を6年後に向けて積み上げていく
【キャンパス歩き】モットーは“THINK&CHALLENGE!” 広く美しいキャンパスで育まれる確かな学力と豊かな感受性
【遊べる・役立つ・夢中になれる 学習のすすめ】厚紙と虫眼鏡でカメラを作ろう
進学通信2018年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ