Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年4・5月合併号

みんな大好き キャンパス食堂

桜丘中学校

縦割りの「ハウス制」を実施
学年を越えた交流で責任感と協調性が育つ

『ハウス制給食Day』の日は、中1から中3の学年混合編成による「ハウス制」で給食をいただきます。

『ハウス制給食Day』の日は、中1から中3の学年混合編成による「ハウス制」で給食をいただきます。

中3のハウス長がテキパキと役割分担を指示します。中3のハウス長がテキパキと役割分担を指示します。

校外研修や遠足、そして給食の時間にも先輩が後輩をリードし、共に活動する「ハウス制」を取り入れています。
異学年交流を通して、思いやりや協調性、リーダーシップを育みます。

『ハウス制給食Day』を開始
「いただきます!」。集団の中でのルールを身につけることを大切にしています。「いただきます!」。集団の中でのルールを身につけることを大切にしています。

 校訓「勤労と創造」 のもと、「自立した個人の育成」を教育目標に掲げ、人格形成のための教育を重視する同校。2017年度から、中1~中3を同じ人数で縦割りした学年混合班編成による「ハウス制」を取り入れています。修学旅行で訪れるオーストラリアの姉妹校が同様の活動をしていたことをヒントに始まりました。

「ハウス制のメリットは、部活動以外で他学年と交流できることです。人間関係が広がるだけでなく、上級生は“先輩”であることを自覚し、下級生には上級生をサポートする気持ちが生まれます。最近では生徒同士で問題解決をするようになり、生徒の責任感が育っていると感じます」(枝村啓先生)

 月に数回、ハウス制のメンバーで給食を食べる『ハウス制給食Day』も始まりました。

「さまざまな食材を使って作られる給食は、好き嫌いに偏らず、バランスよく食べられます。給食を通して、ハウスの絆を強め、食への感謝やマナーを身につけてほしいですね」

準備から配膳まで異学年の仲間と協力気配りを養うチームワーク作業

 進んで「手伝おうか?」と、配膳に手を貸す生徒や、手分けして飲み物を配ることが当たり前に行われている給食準備。異学年班だからこそ、上級生はリーダーシップを発揮し、下級生は先輩のサポートを意識して準備にあたります。

「自分が最上級生になったときに、『こんな先輩になりたい』と思う上級生に出会えました」と、配膳などを手伝ってくれるやさしい先輩の背中を見て、中1の生徒が教えてくれました。周りをよく見て行動するようになった生徒が多いといいます。

給食は教室で食べます。給食を運んだり机を並べたり、全員で協力しながら準備。給食は教室で食べます。給食を運んだり机を並べたり、全員で協力しながら準備。
中学生は週3回の給食と、それ以外の日はお弁当持参。高校生はお弁当ですが、カフェテリアの利用も可能です。中学生は週3回の給食と、それ以外の日はお弁当持参。高校生はお弁当ですが、カフェテリアの利用も可能です。
みんな大好き!週3回の給食日
1月の献立表の例
  1. ごはん、スタミナ焼き、餃子フライ、味噌汁
  2. バターロール、クリームシチュー、メンチカツ、ゼリー
  3. 丼、春巻き、中華和え
  4. ピザトースト、蓮根肉詰めフライ、コンソメスープ、デザート

 給食の日は週に3回。「今日のメニューは何?」という会話が交わされ、とくに生徒に人気のカレーライスやハヤシライス、中華丼の日は、おかわりの行列ができるほど。献立表には食材に含まれる栄養素まで細かく記載され、栄養バランスを意識できるように工夫されています。

給食のメニュー表は月1回配られます。この日のメニューは、ごはんと豚汁、白身魚のカレー粉焼き、和風マカロニサラダ。

給食のメニュー表は月1回配られます。
この日のメニューは、ごはんと豚汁、白身魚のカレー粉焼き、和風マカロニサラダ。

おかわりは自由話が弾む楽しい時間

「先輩や後輩と気軽に話せる楽しい時間です」(中2)と、『ハウス制給食Day』は生徒からも好評です。ときにはテレビ番組やゲーム、人気の先生など学年間の“ギャップ”について話が弾むそう。そんな時間もあっという間、すぐにお皿は空になり、おかわりを求めて席を立つ生徒も。片付けも手際よく、最後まで協力し合いながら行います。

「生徒同士がそれぞれ意識し合うことで、周りへの配慮を学んでいるのではないでしょうか」(枝村先生)

責任をもって後片付けまで生徒が行います。

食べ盛りとあって、お鍋を傾け、最後まで残さずに食べ切っていました。
食べ盛りとあって、お鍋を傾け、最後まで残さずに食べ切っていました。

食べ盛りとあって、お鍋を傾け、最後まで残さずに食べ切っていました。

(この記事は『私立中高進学通信2018年4・5月合併号』に掲載しました。)

桜丘中学校  

〒114-8554 東京都北区滝野川1-51-12
TEL:03-3910-6161

進学通信掲載情報

【行ってきました!学校説明会レポート】いつもと同じ普段通りの授業を楽しく体験!
【目標にLock On!! 私の成長Story】生徒の多様性に合う指導で「誰もが本気でがんばる」学校に
【行ってきました!学校説明会レポート】生徒の素顔があふれる説明会 先輩との「ハウス制給食」も体験
【未来を切り拓くグローバル教育】海外研修で磨く確かな英語力
【The Voice 校長インタビュー】時代に求められる力を導き深めていく場所でありたい
【みんな大好き キャンパス食堂】縦割りの「ハウス制」を実施 学年を越えた交流で責任感と協調性が育つ
【私たち、僕たちが大好きな先生】少林寺拳法も体育祭も“頭で勝つ”。考え、話し合うことの大切さを生徒に教えたい
【目標にLock On!! 私の成長Story】部活動、イベント、学習に全力投球の6年間 先輩・仲間・先生みんなが助けてくれた
【グローバル時代の学び方】世界を考える『CLクラス』未来のリーダーを育成
【こどもの自立を促す教育】仲間や先生との関係を大切に自ら学び、発信する力を持つ自立した個人を育てる
【中学入試のポイント】入試と多彩な取り組みで時代の変化に対応
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生たちに励まされながら世界を広げることができた6年間
【グローバル時代の学び方】英語力と積極的な姿勢を磨くCLクラス
【10年後のグローバル社会へのミッション】「ICT教育」をベースに視野を広げ グローバル社会を生き抜く力を育む
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】最後まであきらめない 入学試験は勝負の時 解答用紙にチャレンジした痕跡を
【未来を生き抜く学力のつけかた】新入生全員がiPadを使って1年半 学校生活に不可欠なサポートツールとして定着
【熱中!部活動】地道な努力とチームワークで全国大会に出場!バトントワリング部/ダンス部
【部活レポート】硬式テニス部/吹奏楽部
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】中学1年生に地道に学ぶ大切さを教えリーダーシップを備えた国際感覚のある生徒へと導く
【私学の情報リテラシー】全教科でICT機器を積極的に活用 リテラシーと情報活用力を養う
進学通信2018年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ